最近のトラックバック

カテゴリー

« 貴婦人コアオアシシギ | トップページ | ジズで「オオハシ」期待で「アメリカ」 »

たかがエリマキ、されどエリマキ

内陸部に住んでいるので、気軽にシギチ観察するとなれば、「休耕田の淡水系シギチ」にどうしてもなってしまいます。そのなかでもエリマキシギは思い入れが強いので、「一にエリマキ、二にエリマキ」となってしまいますね~。最近シギチにのめりこんだ人は、いつでも見れるエリマキに夢中になっているのが理解できないでしょう。が、しか~し、10年前は「珍鳥扱い」だったです。その名残で、何年たっても、エリマキ、エリマキと一人騒いでます。

106blog01 今日も懲りずに「エリマキ・ポケット」に行ってきました。午後から、ちょっとだけ太陽が出て、そうしたら、稲の中からエリマキも出てきてくれました。

106blog02 猫の目天気で、直ぐに空模様が悪くなりました。こう言う時は、以外と近くまで寄ってきてくれます。

106blog03 ジャンプしながら、水あびをしてました。

106blog04 急に飛び出す時は、上空に猛禽類が飛来した時です。

エリマキシギの写真は何枚撮っても飽きがきません。「エリマキ屋さん」と言うことですかね~。

« 貴婦人コアオアシシギ | トップページ | ジズで「オオハシ」期待で「アメリカ」 »

【野鳥】 エリマキシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかがエリマキ、されどエリマキ:

« 貴婦人コアオアシシギ | トップページ | ジズで「オオハシ」期待で「アメリカ」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ