最近のトラックバック

カテゴリー

« 秋田のタンチョウ(その3) | トップページ | 秋田のタンチョウ(その4) »

白マル4羽

ミヤマガラスの群がいたので、車を止め、数をかぞえていたら「キョン!キョン!キョン!」と聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。もしやと思い双眼鏡でみたら「白マル4羽」と「黒マル3羽」の7羽のコクマルガラスが入っておりました。

10月中旬に「花巻市の水田」に、800±のミヤマガラスが入りましたが、白マルは混ざっていなかったので、まったく別の群が大陸から渡ってきたと思われます。300の群に7羽のコクマルガラスですから、(200に1羽のコクマルと思っているので)数が多いと言ってもいいのかな?

盛岡近郊での白マルの観察記録は、過去10年間で5回目ですから、「普通種の仲間入り」に入ってしまいましたね。(ミヤマガラスは毎年見れる。暖冬なら越冬します)でも、同じファインダーに入れるとなると・・・、「4羽のそろい踏み」は初めて撮影できました。

179blog01 ◆2008年11月30日

« 秋田のタンチョウ(その3) | トップページ | 秋田のタンチョウ(その4) »

【野鳥】 コクマルガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白マル4羽:

« 秋田のタンチョウ(その3) | トップページ | 秋田のタンチョウ(その4) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ