最近のトラックバック

カテゴリー

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

北上川のホオジロガモ

昨日(24日)は、大正橋(北上川・花巻市)下流で「ハクガン」を捜していたのですが、残念ながら見ることはできませんでした。あまりにも退屈だったもんんで、何気なく大正橋のたもとのコンクリート斜路を見ていたら、普通の車が河川敷にどんどん入っていくではありませんか。(3台ほどのセダンタイプ)「何をするんだろう?」と注意してみてたら、車から「お犬様(散歩するのに車でくるんですから、本当にお犬様です)」が降りてきて、なんと、愛犬との散歩でした。

川岸近くまで車が入れるのを双眼鏡で確認し、カモ類の動きも注意深く見ていました。「お犬様」が嫌いなのか、淡水系のコガモ、カルガモはすぐさま飛び立ち、オナガガモは対岸に非難していたのですが、なんと潜水系のホオジロガモは我かんせず、逃げ出すこともなく、川の中心あたりで、さかんに潜水行動をしてたんです。

直感的に「お犬様」の車がいなくなれば、「ホオジロガモは撮れる」と判断し、河川敷に道路も出来ていたので、私も河川敷に降りることにしました。橋の真下は、「ヨシの茶色」「橋の塗装(うす緑)色」「ゴミのブルーシートの色」と、水面がにぎやかで、あとはホオジロガモが寄ってくれるのを「車内で昼寝をして待つだけ」と決込みました。

248blog01  ◆ 2009年2月24日 花巻市

 曇天だったので、ホオジロガモの一番の魅力の「純白」がつぶれなかったので、天候に感謝です。

248blog02  ◆ 2009年2月24日 花巻市

 このポーズは、ホオジロガモの「定番写真」ですよね。カモの仲間のディスプレイは、どのカモも魅力のある被写体になってくれます。個人的なこだわりですが、他のカモ(コガモ、カルガモ、オナガガモ)を画面に入れないで撮ることに喜びを感じます。ハクチョウの給餌場ではまず不可能に近いので、大正橋のような所が一番撮影しやすいです。

248blog03  ◆ 2009年2月24日 花巻市

 パタパタ(羽ばたき)も、カモ類では「定番写真」ですよね。まずが定番写真(基本)を撮れてからの応用と思っているので、飽きるほど「ホオジロガモ」は撮ってますが、今冬シーズン、まだ「ホオジロガモ」を撮ってなかったので、基本に忠実に、まずはでっかく撮ってみました。

なぜか相性が悪い「ハクガン」

花巻空港東側の水田に「ハクガン」が飛来しているとの情報をいただいたのですが、なぜか「ハクガン」はとても相性が悪い鳥なんです。過去に「ハクガン情報」をいただいて、見れたためしが1度もないんです。案の定、ジンクスは生きていて、見事「空振」でした。

20年位前は「珍鳥ハクガン」だったので、「瓢湖(新潟県)にハクガン」と言われれば、高速を飛ばして出かけての「空振」で、その後は「弘前のハクガン」「伊豆沼のハクガン」「小友沼のハクガン」「福島潟のハクガン」「八郎潟のハクガン」と、ことごとく空振で、今回の「花巻のハクガン」で7連敗です。もう、ここまでくると、「ハクガン情報の連敗記録に挑戦」したくなってきました。

ただ、情報なしでの「偶然の出会いのハクガン」は、けっこうあちこちで見れているので、セイタカシギのように「昔、珍鳥。今はただの鳥」になったのかも?ちなみに「廻堰(青森県鶴田町)」、「八郎潟」、「伊豆沼」で見れてます。

247bloh02_3  ◆ 2009年2月24日 大正橋下流(花巻市)

 ハクチョウが塒に使用しているので、「ハクガンが必ずいる」との思いで、夜明けから2時間ほど捜しましたが「空振」でした。

247blog01  ◆ 2009年2月24日 花巻空港インター付近(花巻市)

 「花巻空港東側水田」と聞いていたので、大正橋~空港東側を午前中探しまわったのですが、何処にも見当たらず、最近「お城に夢中」なので、「花巻城跡」でも見ようかと市内に向ったら、空港インター付近の水田に300+のオオハク、コハクがいました。(肝心のハクガンは見れず)そうそう、花巻農業高校付近の水田にはアメコの小群(10+)がいました。田んぼ2枚奥だったので、観察だけにしました。

247blog03  ◆ フィルム時代の画像なので、正しい年月日は「元画像」をひっぱりだざないとわかりません。たぶん2000年頃だったかな。八郎潟です。

2000年以降は、あちこちで毎年「ハクガン」は観察されてますよね。「亜種オオヒシクイ」の観察のついでにハクガンを見てきました。

1種で(ワシカモメ)で10倍楽しむ

20日の「ドカ雪(我が家で45㎝)」に、すっかりペースが乱れてしまいました。急遽仕事を休み、一日雪かきをしなければならない羽目に・・・、なんだかんだと今日まで引きずってしまいました。実は19日は久慈市に仕事で出かけ、いつものように早めに仕事を終え、少しばかり洋野町で遊んできました。その時に撮影した「ワシカモメの写真」を改めて、今日、写真整理する事ができました。

245blog01  ◆ 2009年2月19日 洋野町

 まだ、「カモメ屋さん」と言うほど見ていないので、大きいことは言えませんが、カモメの仲間は、年齢と冬羽、夏羽とあるので、1種で10倍は楽しめます。

 写真は、成鳥冬羽(中間羽と言った方がいいのかな)と茶色いのが問題で、「第1回冬羽」か「第2回冬羽」で迷ってしまいました。嘴が全部黒ではなく、基部がピンクがかっているので、「第2回冬羽」かな~。(肩羽がちょっとしか灰色がででませんが)。さらに奥のは「第4回冬羽」です。写真的には夏羽に見えるかもしれませんが、実際のフィールドでは、頭部が黒ずんでいるので(光線で白く見える)冬羽です。

カモメは「あ~だ、こ~だ」と悩みながら見ることに喜びを感じますね~。

245blog02  ◆ 2009年2月19日 洋野町

 「成鳥夏羽」は間違いようがないので好きです。ワシカモメは50+ほどいましたが、完全な成鳥夏羽は、まだ2羽しかいませんでした。あと1ヶ月後が楽しみですが、数が少なくなるので(繁殖地に帰る)夏羽根を取るタイミングをいつにするか悩みます。

7羽のトモエガモ(大正橋・花巻市)

今日、夕方4時直ぎに「大正橋(花巻市)」に出かけてきました。2月15日に出かけた時はトモエガモは抜けたので期待しませんでしたが、なんと対岸に7羽の小群(♂1、♀タイプ4、Jタイプ2)が飛来してました。もうガンカモ類が移動しているので、淡水の河川が好きな「コスズガモ」を大いに期待しての大正橋だったのですが・・・。(宮城県北上川河口に今シーズン、コスズガモが飛来している)してなんですが、、かすかな「出会い」にかけてみました。結果はいつものように「空振」でしたが、フィールドに出ないことには始まらないので、しょうがないですね。

244blog01  ◆ 2009年2月18日 花巻市

 つねに、7羽の群で行動してました。大正橋下流を全部見ましたが、トモエの♂は1羽だけでした。(カモの数が少ないので、簡単に捜しだせました)

244blog02  ◆ 2009年2月18日 花巻市

 ♀タイプです。今日は、観察している岸の方だったので、カメラのファインダーごしでも、はっきりと見れたので、大満足でした。

244blog03  ◆ 2009年2月18日 花巻市

 頬(ほお)の白色線が不鮮明なので「幼羽か?」と思っているのですが・・・、今日は時間がないので、後日しっかりと調べてみたいと思います。極東のカモですので、東アジアのBWが解明(野外識別のポイントを捜し出す)するのが努めです。

ミヤマガラス1000羽

まだ「北帰行」には早いと思いますが、矢巾水田に「ミヤマガラス1000羽」が集まってました。積雪量が例年の半分以下と言うこともあると思います。

235blog01 ◆ 2009年2月7日 矢巾町

矢巾水田のシンボル的存在の「矢巾ライスセンター」付近にミヤマガラスが集まってました。積雪量も10㎝位でしょうか。カラスやハクチョウ類が沢山、矢巾水田周辺に集まってます。

235blog02 ◆ 2009年2月7日 矢巾町

「白マル、黒マル」が混ざってないかと、隅から隅まで何回も双眼鏡で見ましたが、目には飛び込んできませんでした。

235blog03_2 ◆ 2009年2月7日 矢巾町

野鳥は、カラスでも「雪上」の方が映えますね。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ