最近のトラックバック

カテゴリー

« 「シロカモメ」を楽しむ | トップページ | 「マガモ」を撮ってみました。 »

「ワシカモメ」の識別を楽しむ

何年もコクガン狙いで種市海岸に出かけているが、もうひとつの楽しみは「ワシカモメ」が普通に見られる(50+は越冬してます)ので、飽きるほど年齢別に識別用の撮影が出来ることです。ワシカモメで北海道に出かけたことはないので大きい事は言えませんが、本州では間違いなく種市海岸が一番見やすいポイントだと思います。

「カモメ識別ハンドブック/文一総合出版」(通称、氏原カモメ図鑑)によれば、【第4回冬羽】◆成鳥に似るが、嘴には黒班があり、赤班は不明瞭。とあります。が・・・、私の観察によれば、「下嘴先端にはっきりした赤班と不明瞭な黒班がある」と感じてます。まあ私はカモメ研究者ではないので、フィールドで見た事だけを書いておきますので、後は、見た人が参考にしてくれればいいです。責任はもちませんよ~。(笑)

265blog01  ▲ 2009年3月3日 種市海岸

 写真で見ればには頭部が白ですが、班がうっすらとあります。純白ではないので、冬羽でいいと思います。下嘴の赤班ははっきりしてますし、黒班はぼやけてますよね。

265blog02  ▲ 2009年3月3日 種市海岸

 上の写真と同じ個体です。図鑑には書いてませんが、「第4回冬羽」は、尾羽には「羽軸が白く、灰色の帯」があります。成鳥冬羽か4回冬羽かで迷う時は、尾羽に注目するようにしてますね。

265blog03  ▲ 2009年3月1日 種市海岸

 「ワシの成鳥夏羽」です。下嘴に明瞭な赤班があり、黒班はあるかないかわからない位小さいです。(完全に黒班がない個体が多い)頭部は純白です。

265blog04  ▲ 2009年3月1日 種市海岸

 上の写真と同じ個体です。尾羽は帯がなく純白です。と言うこよで、正真正銘の成鳥夏羽と言うことで・・・。

今の時期は「第4回冬羽→成鳥夏羽に換羽中」の個体が(1番目の写真の個体か?)多いですね。

« 「シロカモメ」を楽しむ | トップページ | 「マガモ」を撮ってみました。 »

【野鳥】 ワシカモメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ワシカモメ」の識別を楽しむ:

« 「シロカモメ」を楽しむ | トップページ | 「マガモ」を撮ってみました。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ