最近のトラックバック

カテゴリー

« 小岩井農場で「ノビタキ♂」 | トップページ | とことんハチクマを見る。(虹彩編) »

「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。

今シーズン5回目の「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。繁殖エリアの調査ですので「撮影なし」と言うことで、姿と声(声だけですが凄く頼りになります)です。岩手エリアは3ヶ所ですが、飛ぶ姿と声だけは聞くことができました。あとは「いわてRDB鳥類調査」とは関係ないですが、隣県の秋田エリア2ヶ所にも、個人的に20年も継続調査をしている関係で、見てきました。こちらも2ヶ所とも繁殖してました。

328blog1  ◆ 林道に路上駐車するのですが、森林内に入る時に、ハンドルの前に置いてます。特に「春子谷地湿原」などは、山菜採りも釣り人もこないエリアですので、ものすご~く威力を発揮します。(蝶の捕獲と間違われない)

328blog4  ◆ 調査の途中(雫石町高倉山周辺)には、こんな景色にも出会うので、「心が洗われる」と言うか、ラッキーです。

328blog3  ◆ 路上駐車する時は、こんな感じの所にするのですが、山菜採りも、釣り人もこない林道では、「岩手県の腕章」を置いているだけで、心理的に「いたずらはされないだろう」と言う安心感はあります。なんせ、車より高価な撮影器材一式を車内に置いて林内に入っていくもんで。

328blog03  ▲ 2008年7月 岩手県エリア

 「アオバト♂」ですが、写真で見ると簡単にわかりますが、実際フィールドでは、声だけがたよりで、それがなければ簡単には見つけることができません。

この場所も20年間継続観察しています。「森林性アオバトを20年も継続調査」しているのは、たぶん日本では私だけではないでしょうかね~。(フィールド管理の賜物ですか)

« 小岩井農場で「ノビタキ♂」 | トップページ | とことんハチクマを見る。(虹彩編) »

【野鳥】 アオバト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。:

« 小岩井農場で「ノビタキ♂」 | トップページ | とことんハチクマを見る。(虹彩編) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ