最近のトラックバック

カテゴリー

« 「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。 | トップページ | とことんハチクマを見る。(冠羽編) »

とことんハチクマを見る。(虹彩編)

猛禽類の虹彩は「黄色」が多いので、ハチクマ♀の黄色の虹彩は、猛禽ぽくて違和感を感じません。が。ハチクマ♂は黄色ではなく、黒かオレンジ色なんです。まあ、ほとんどのハチクマ♂は黒っぽいのですが、中には「オレンジ色」もあり、♀と間違いそうになる時もありますね~。(その時は尾羽を見れば、一目瞭然で♂とわかります。尾に黒くて太い黒帯が2本ある)

先ずは、写真をご覧あれ。(2006年~2009年に撮影したものです)

359blog01a  ◆ 「ハチクマ♂」です。

 虹彩が黒ではないので、一見♀のように感じますが、♂のなかには「オレンジ色の虹彩」もあります。(流石に黄色は見たことがありません)

359blog02b  ◆ 「ハチクマ♀」です。

 虹彩がオレンジっぽくて、♂と間違いそうにもなりますが、尾羽をみると、太い黒帯がないので、♀と識別できます。

359blog01b  ◆ 「ハチクマ♂」です。

 一番目の元画像です。尾羽に太い2本の黒帯があることがわかります。

359blog02a  ◆ 「ハチクマ♀」です。

 二番目の元画像です。尾羽には太い黒帯がありません。先端に細い黒帯があるだけです。

 飛翔している時には、尾羽の黒帯の太さが直ぐ目に入るので、ハチクマの♂、♀の識別のキーポイントになりますね。

« 「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。 | トップページ | とことんハチクマを見る。(冠羽編) »

【野鳥】 ハチクマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とことんハチクマを見る。(虹彩編):

« 「野鳥調査(アオバト)」に出かけてきました。 | トップページ | とことんハチクマを見る。(冠羽編) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ