最近のトラックバック

カテゴリー

« オカヨシガモのエクリプス羽 | トップページ | とことん「シノリガモ」を撮る! »

御所湖に「ミツユビカモメ」

今日は、朝一番から御所湖の「ガンカモ調査」に出かけてきました。結氷率は30%なので、例年以上のカモ類を期待しましたが、昨年の半分ほどの数でしたね。(ハクチョウの餌禁止で、ハクチョウとオナガガモが激減です)幸か不幸か、本来の野鳥のあり方に戻りました。ハクチョウもカモ類も、警戒心が2倍も3倍も強いですね。

※ 「イーハトーブ 岩手の野鳥通信」のHPに飛んでもらえれば、「ガンカモ調査」の詳しい詳細をUP!しております。

421blog01  ■ 2010年1月9日 御所湖(雫石町)

 「餌付禁止」の看板効果か、餌場にはハクチョウ類、オナガガモは1羽もいませんでした。ハクチョウの鳴き声が聞こえたので、探しだしたら、オオハクチョウ1羽、コハクチョウ2羽の3羽が泳いでました。たぶん、仲間と逸れて、春に立ち寄るハクチョウを待たなければ、シベリアに帰れないでしょうね。

421blog02  ■ 2010年1月9日 御所湖(雫石町)

 丸円の中に、カモメAd冬羽2羽、ミツユビカモメAd2羽の4羽のカモメ類がおります。50ミリでの撮影ですので、肉眼で見れば、だいたいこんな感じですか。

421blog03  ■ 2010年1月9日 御所湖(雫石町)

 「1000ミリ相当の望遠レンズ」で撮影しました。距離的には100Mほどですかね~。普通は撮影距離があるので、見て(観察して)終りなのですが、「足の赤いミツユビカモメ」を期待し、(何時間待とうとも、足の色だけは確認すると決めてました)、飛んでくれるのを今か今かと1時間ばかり待ちました。だいたい北上川河口から200キロは内陸に入っている場所(御所湖)なので、単純に「ミツユビカモメ」とは思いたくなく、「足の赤いのを期待したんですけど、そうは問屋はおろしません。

421blog04  ■ 2010年1月9日 御所湖(雫石町)

 御所湖は周囲に道路があるので、「ガンカモ調査」でも、ほとんど車から降りないで、観察してます。窓にスコープを取り付けてるので、遠くのカモ類でも「一目瞭然」でわかります。60倍でも見えるので「流石はライカ社のスコープ」と言うことですね~。

« オカヨシガモのエクリプス羽 | トップページ | とことん「シノリガモ」を撮る! »

【野鳥】 ミツユビカモメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御所湖に「ミツユビカモメ」:

« オカヨシガモのエクリプス羽 | トップページ | とことん「シノリガモ」を撮る! »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ