最近のトラックバック

カテゴリー

« 身近な猛禽、サシバ | トップページ | 7月はハチクマ本番 »

NHK盛岡のTVニュースでサシバの営巣が

たまたま「NHK盛岡のローカルニュース」を見ていたら、「岩手の里山でサシバが営巣」の取材映像が流れていました。最近の傾向と言うか、野鳥の会の指針としては、「営巣場所(巣とか親子の様子)の写真は受け付けない」と言うことになっているので、真面目な会員の私は、撮影しない、してもHPにはUP!しないことにしています。まあ、「報道の自由」があるでしょうから、どんな映像が流れても文句は言いませんが・・・。ひとつ気になることがあったので、あえてブログに書いてみまました。

放送では、サシバ研究者が4年前からの研究で、「岩手県内陸の紫波町以南に繁殖」と紹介してました。一般の人は「紫波町以南」だろうが、「二戸以南」だろうがどうでもいい事なのでしょうが、少しばかり「サシバ観察者の端くれ」としては大きな問題で、「岩手県紫波町が太平洋側の北限」と言う誤解がしょうじかねません。

個人的な観察記録ですが、20年前から継続して雫石町で「サシバ観察」をしているので、「北限は雫石町」と言うことをアピールさせていただきます。私はけっして「猛禽類の営巣」を公開しないので(猛禽類の繁殖の事を思えば一番いいと思っているからで、営巣場所は人に聞かない、教えないがモットーです)新聞、テレビとは無縁です。20年も雫石町でサシバが観察出切るのも、静かに一人で観察しているからだと思ってます。

昨日に続き、「北限のサシバ」の画像を何枚か貼っときま~す。

それと~、余計な話しですが、テレビ映像では、口に指を指して「刺し歯(さしば)」とか言って面白おかしく紹介してましたが、サシバ好きの私としては違和感がありましたね~。英名では「グレイフェイス・バザード」(灰色の顔したノスリ)ですが、サシバの語源は、「獲物をねらって真っ直ぐ飛ぶもの」の意味で、鎌倉時代から使われていたそうです。ここからは、私の推測ですが、「真っ直ぐ飛ぶサシバの尾羽が、弓矢に重宝された」のではないかと思いました。そう言うことで、「サシバ」は、武士にとっては「トビ」とか「ノスリ」ではない、尊敬の野鳥だったのでしょう。いっぱひとからげで「〇〇タカ」と呼ばれてないんですもん。

514blog01

514blog02

514blog03

« 身近な猛禽、サシバ | トップページ | 7月はハチクマ本番 »

【野鳥】 サシバ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
自然保護の観点から言ってもNHKの報道は問題ありだと私は思います。四ッ家さんの云うとおりだとおもいます。自然保護とは別ですが、山菜のありかとかキノコのありかなんて親子でも教えないのに。

ジョーカーさん、今晩は。

>自然保護の観点から言ってもNHKの報道は問題ありだと

決してNHKが悪いのではなく、新聞、テレビをはじめ、マスコミ関係者は「サシバの情報」を持ち合わせてないわけで、「売り込み」をしている人がいるのではないでしょうか。
インターネットなんか比べ物にならない位
「影響力&発信力」はあります。
諸刃の剣なので、良く考えて行動しなければなりません。

サシバの繁殖場所は「花巻市東和」と漠然とした表現でした。ほとんどの視聴者は、場所なんかには興味もなく、1週間もすれば「すべて忘れてしまう」のではないでしょうか。紙媒体と大きく違うところです。

ただ私は記憶力がいいので、「古民家の後ろの杉の木(高さ20M位)にサシバ」の画像が流れていたので、間違いなく来春出かければ「繁殖場所」は特定できるかと思います。(実際は雫石のサシバが忙しいので、花巻には行かないでしょう。)蛇の道はヘビと言うか、20年もサシバを見ているので、かまりっこ(匂い)でわかりま~す。(笑)

昨日放送したのは、「素人野鳥カメラマン対策」で、巣立ちを確認できたから放送したのだと理解してます。テレビに流れたからと言って出かけても、たぶん「空振り」でしょう。

おはようございます。
そういうことですか~
また勉強しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK盛岡のTVニュースでサシバの営巣が:

« 身近な猛禽、サシバ | トップページ | 7月はハチクマ本番 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ