最近のトラックバック

カテゴリー

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

「チョウゲンボウ」は鼠がお好き!

「盛岡のチョウゲンボウ」を観察して気がついた事なのだが、快晴の日って「ネズミ類の捕食」が多いような気がします。曇りとか小雨の時は、「小鳥類(おもにスズメ)」が多く、ネズミはまれでした。「天気と餌」は関係があるのか、たまたまだったのかと・・・、新たな疑問に「観察意欲」が倍増してきました。

猛禽類のミサゴは、「水面の光の乱反射をおさえる目」があるらしいと言うことは、広く知れわたってますが、チョウゲンボウにも「晴天時にネズミ類を見分ける能力」があるような、そんな気がしてきました。

713blog1a

▲ 2011年5月17日 「チョウゲンボウ♂」です。

雄は、小鳥とかネズミ類を巣内に運び入れるのですが、給餌することはなく、すべて雌が「餌の管理」をしてました。餌の運び入れの間隔が短ければ、雌は、雄から餌を直ぐ横取りして、別な場所(貯食行動)に隠しに行きます。

雌の給餌行動は、やく1時間に1回なのですが、餌が捕れない時は、「巣内の産座からネズミ類を取りだす」か、でなければ「貯食の隠し場所」から餌を運び入れてました。雛は孵化して3週目なのですが、5月17日に、1番子が初めて、ネズミ類を一人で食べましたね~。(親が巣から離れた時)2番子はチャレンジしたが食べれず、3番子、4番子は、「最初から諦めて、行動も起こさなかった」です。1番子が食べている時は、2、3、4番子は巣の隅で、じっと待ってました。本能的に、親がいない時には、「兄弟の秩序」をまもらなければ、「兄弟殺し」の憂き目にあうのでしょうか。

713blog1b

▲ 2011年5月17日 「チョウゲンボウ♀」です。

育雛(いくすう)中ですが、雌も巣をひんぱんに離れて(長い時は45分も離れる)餌を捕るようになりました。ただ、給餌があるので、1時間に1回は戻ってきます。

713blog1c

▲ 2011年5月17日 「チョウゲンボウ♀」です。

孵化2週目までは、あまり鳴くことはなかった雌ですが(交尾を催促する時だけ鳴いて、雄を誘ってました)、孵化3週目になったら、ひんぱんに鳴くようになりました。巣内でも鳴くのですが、雛も親にあわせて鳴くまねをしても、声はでませんでした。それと・・・、小鳥類は、別な場所で羽をむしってましたが、5月17日に、初めて巣内で「小鳥の羽」をむしりました。雛4羽は、だまってその様子を見てました。以前は「われ先に口を大きく開けて」餌をせがむ行動でした。

「ブラインド設置」のお陰で、「知らなかったチョウゲンボウの生態」を、べっこだけ見ることができるようになり、地主さんには感謝、感謝」です。

チョウゲンボウが育雛(いくすう)中に交尾する?

私は「プロの野鳥研究者」ではないが、根が夢中になるタイプなので、「チョウゲンボウの生態」を少しばかり知りたいと「3日連続ブラインド内からの観察」に挑戦してみた。論文発表とか野鳥研究者なら「ビデオカメラの設置」で、24時間「育雛を観察記録」できるのでしょうが、個人での観察となると、「ブラインド内から双眼鏡」で見ることしかできません。でも、ビデオカメラと違って、「場の空気を感じる」とか「360度見ることが出来る」メリットもあるので、「チョウゲンボウが育雛(いくすう)中に交尾」する生態と言うか、行動を観察することができました。

※ チョウゲンボウが巣探しの段階(3月中旬)から観察していたのですが(200M離れた公道の車内から)、抱卵中はチョウゲンボウが神経質になるんじゃないかとの思いと、地主さんの生活の事も考え(4月後半は農作業準備段階で忙しい)、「私有地の立ち入り許可のお願い」は遠慮してました。今でも、普通の生活時間(8:00~17:00)に合わせて観察してます。(地主さんは何時でもいいよと言ってくれましたが、「社会常識」として、市街地ではそう言うわけにはいきません。)

地主さんは、「肩書きで行動しない」私を信用してくれたみたいです。「野鳥の会」とか「野鳥研究者」とか言わないで、普通の「一般市民」の行動がよかったみたいです。最初から「名刺」をだして、偉そうなことを言う人なら、「絶対許可」しなかったと。実名をなのり、きちんと「挨拶」をし、「鳥の話はあまりしないで、お天気とか農家の話」からの切りだしが、好印象だったと。「接客」とか「営業」の話は、もっとも得意としていることなので、相手に合わせて「お話をする」ことが、万事上手くいきました。

712blog01sil

▲ 2011年5月15日 「チョウゲンボウ♀」です。巣内にいる時は、ほとんど鳴くことはないのですが、「キィキィキィ、キィ、キィ~♪」と鳴きながらホバリングして、コンクリート構造物の上に止まりました。

712blog02sil

▲ 2011年5月15日 「チョウゲンボウが交尾」しました。この日は3回の交尾を観察することができました(場所は3回とも違う場所で、巣内では行いませんでした。雛が4羽もいる住宅事情もあるんでしょう(笑)。

育雛(いくすう)中に、猛禽類が交尾すると言う場面を見た事がないので、一瞬、「2回も繁殖をするので、その為の行動か」とも考えましたが・・・・、そんな事は考えられないんですよね。少しばかり(盆前まで)継続観察の必要がありますね。「巣立ち」すれば、観察は終了するつもりでしたが、「盛岡のチョウゲンボウ」は、私に休みを与えてくれません。

一応、「何時何分に、なんの餌を運び入れた」とかの記録はしてますが、そんな事には興味がなく、知らなかった生態(育雛中に交尾する)を見ることの方が10倍嬉しいですね。それと、「盛岡のチョウゲンボウ」は優秀なのか、3ヶ所の「貯食場所」を確保していて、♀が巣から飛び立ち餌が捕れない場あいは「貯食場所」から、餌を巣内に運び入れてましたね~。(目安として、1時間おきに餌を与えてました)

ビデオカメラの記録なら、「餌の運び入れ」しか記録できませんが、360度見れる「ブラインド内の観察者の目」が、「チョウゲンボウの貯食行動」もしっかり見ることができました。個人ではやってるので、これ以上の観察はできませんが・・・、ブラインドがあるので、今日も「ぺっこだけ(昼休み時間)」見にいいグが~。

北限のサシバ(雫石町)

GWも終り、週末前と言うことで「タラボ(たらの芽)取りの指令!」が出ました。まってましたとばかりにフィールドに出たのはいいのですが・・・、やはり自然と「杉の木の天辺」に猛禽類が止まっていれば、なんだろうと双眼鏡で見てしまいます。胸のシマシマ模様に、直ぐに「サシバ」とわかりました。今日はなき声は聞けなかったのですが、あと1ヶ月もすれば「ピックィ~♪」と聞こえるので、双眼鏡で見なくても、「サシバ」とわかります。

709blog01sil

▲ 2011年5月11日 「サシバ(雫石町)」です。早い年なら、4月上旬には「初認」できるのですが、今年は「異常気象(寒くて、寒くてたまりません)」なのか、中々見ることができませんでした。まあ、でも、今日は「シマヘビ」と「アオダイショウ」を見たので、「サシバ」も大喜びでしょうね。雫石郷では、まだ「代かき」も進んでいないし、「田植え」をしている田んぼはまだありません。カエルがわんさか出てくるまでは、蛇でしのいでもらうしかありませんね。

709blog02sil

▲ 何も考えず、「パチリと1枚」撮りました。飛翔写真は、シャッターを切るだけですので一番楽で~す。

709blog03sil

▲ 定番写真ですね。「サシバ」はよく電線に止まっているので、「ノスリでなければサシバ。サシバでなければノスリ」で~す。考えてみれば「北限のサシバ(雫石町)」(太平洋側)とは20年の付き合いですか~。

1週間ぶりに、2番目のチョウゲンボウの巣に。

1週間ぶりに「2番目のチョウゲンボウの巣」に出かけてきました。♂は餌取りに専念してますが、♀も巣から離れる時間が長く(多分、天敵のカラスが入り込めない狭い空間を利用している為か。頭がいいです。)、雛は見えなくても、確実に「抱卵」は終わったと判断しました。

今までは、チョウゲンボウを見る機会があっても「ただチョウゲンか~」とテンションが下がりっぱなしでしたが、3ヶ所も見つかれば、おのずと観察意欲もわいてきますね~。でも・・・、「サシバとチョウゲンボウ」ならチョウゲンボウですが、「ハチクマとチョウゲンボウ」なら、迷うこよなく「ハチクマ」を取りま~す。

708blog01sil

708blog02sil

▲ 2011年5月10日 「チョウゲンボウ」です。業界用語で言えば、一見「PCのボックス桁」にみえますが、「RC(鉄筋コンクリート)の箱桁」です。PC桁と違って、ピアノ線が入っていないので、ほとんどが太い鉄筋の桁ですね~。重くて、重くて、今だったらRC桁は作ることはないんじゃないですか。

708blog03sil

▲ フクロウではありません。チョウゲンボウです。

708blog04sil

▲ ホバリング(空中停止)してました。と言うことで、撮影しやすかったです。

708blog05sil

▲ ほとんどが曇り空だったのですが、1箇所だけ、雲の切れ目があり、そこに飛んでこないかと「念力」を送ったら、運良く来てくれました。

3ヶ所目のチョウゲンボウの営巣場所、見っけ!

今日、偶然にも「3ヶ所目のチョウゲンボウの営巣場所」を見つけた。私は、俗に言う「猛禽屋さん」ではないが、猛禽類には瞬時に反応してしまいます。一瞬の判断で(時間にして1秒以内)、頭の中で整理しながら、もしやと思えば、車を止め、双眼鏡で観察する癖がついてます。

チョウゲンボウは・・・。「ラーメン高架橋」と「ラーメン高架橋」の間の「単T桁」の中に消えていきましたね~。食堂で食べるラーメンの呼び名ではありませんよ~。橋の構造には、「アーチ橋」とか「トラス橋」とかは一般人の人でも聞いたことがあるかも知れませんが、「ラーメン橋」は耐震性にすぐれて、安くつくれるのが特徴です。道路橋でも鉄道橋でも、高速道路の上を横断する橋にでも、見ることができます。(業界人と言うことがバレバレですね)

707blog01sil

▲ 2011年5月9日 「チョウゲンボウのホバリング」です。

普通に考えれば、ホバリングをよくするタカと言えば、「ノスリ」か「チュウヒ」か「チョウゲンボウ」になりますよね~。と言うことで、「単T桁」から出てきたタカは「チョウゲンボウ」と直ぐわかりました。

707blog02sil

▲ 2011年5月9日 「チョウゲンボウ」です。長くホバリングをしてましたが、疲れたのか電線で一休みしてました。

707blog03sil

▲ 2011年5月9日 「チョウゲンボウ」がネズミをゲット!しました。ホバリングをしていた周辺の水田で、ゆいつ水が入っていなくて、乾いた水田があったので(ノスリが毎日のように電線に止まってる場所)予想しながら待ってました。

チョウゲンボウの狩りの仕方を、よく観察していたら、乾いた水田をホビングしながら走りまわり、(たぶんネズミを追い出しながら)追い詰めてジャンプしてキャッチしました。ノスリは電線から飛び降りる感じですが、走りまわるチョウゲンボウには、思わず笑ってしまいました。

707blog04sil

▲ 2011年5月9日 「チョウゲンボウ」です。餌をゲットし、巣に戻るチョウゲンボウです。チョウゲンボウのテリトリーは半径2キロ(学術論文から)と言われてますが、盛岡近郊のチョウゲンボウの巣も、2キロ間隔ですから、論文に近い数値です。

今シーズンの春は、毎年「里山のサシバ」を追いかけてましたが、急遽「チョウゲンボウ」にシフトします。1990年に東北新幹線第二北上橋梁/青いトラス鉄橋の穴の中でした。(北上市)に営巣した「チョウゲンボウ」を見ましたが、それ以来の「チョウゲンボウの営巣観察」ですから20年ぶりですか~。(この時も、自分ひとりの力で見つけました)まあ、チョウゲンボウは毎年のように見てはいましたが、「営巣場所」となると、中々簡単に見つけられるようで、見つけられないですね。今年は「チョウゲンボウの観察」を楽しみたいで~す。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ