最近のトラックバック

カテゴリー

« 11羽のなでしこジャパン!! | トップページ | 「人と自然と生態学」市民講座 »

繁殖が終われば本来の姿に・・・。

アネハヅルを探しに矢巾水田付近の新幹線沿いを走行していたら、構造物に小型猛禽が止まっていた。ジズ(パッと見)で「チョウゲンボウ」と言うことはわかっているのだが、「撮影しようか、しまいか」迷っていた。が・・・、アネハヅル撮影用に助手席にカメラを置いていたので、撮り飽きているはずの「チョウゲンボウ」をつい撮影する気分に。

猛禽類は目がいいので、「間あい」を間違えてしまうと、車を停止した瞬間に飛び立たれてしまいます。一度は通り過ぎて「個体の神経質度の按配」を確認し、Uタウンをして50Mの距離を取ってエンジンを切ったのだが・・・、繁殖期が終われば本来の猛禽の姿に戻ってました。直ぐに飛びたたれました。

繁殖が終わっても、「巣立ち雛」がいる頃ならば「50Mの間あい」ならOKだったんだけどな~。

758blog01

758blog02

758blog03

758blog04

« 11羽のなでしこジャパン!! | トップページ | 「人と自然と生態学」市民講座 »

【野鳥】 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
私は鳥のことはわかりませんが、4枚目の写真は動感があって迫力ある写真ですね。

ジョーカーさん、今晩は。

>4枚目の写真は動感があって迫力ある写真ですね。

私も「4枚目」が一番好きで~す。
今はデジタルカメラなので、途中でISO感度を自由に変えられるので、「自分の意図した通りに」納得して撮影できます。

シャッタースピードは60分の1で、「翼のブレ感を意識」して撮ったんですよ~。

コメントありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁殖が終われば本来の姿に・・・。:

« 11羽のなでしこジャパン!! | トップページ | 「人と自然と生態学」市民講座 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ