最近のトラックバック

カテゴリー

« 繁殖期以外なのに・・・「ヤマドリか゜ほろ打ち」 | トップページ | アオバトを探せ! »

最近のヤマドリ事情

まったくの個人的な観察記録ですが、「ヤマドリ」は増えているように感じてます。10年前は、林道を走っていても「遭遇」することは少なかったのですが、ここ5年は、キジより多いとは言わないが普通に見れてます。シーズン通して、サシバだ~!ハチクマだ~!アオバトだ~!オオマシコだ~!と「雫石郷の里山、奥山」を20年近くも走り廻っている感覚の話ですが・・・。

要因は、天敵の大型猛禽類の減少とハンターの減少でしょうか。冬シーズンは「オレンジ色のベスト」を着用しなければ「オオマシコの撮影」は怖くて出来なかったのですが、最近は「ハンター」を見ることも少なくなりました。

■ ヤマドリの撮影は春先(3~6月)がほとんどでしたが、この前、繁殖期以外での「ヤマドリのほろ打ち」を見て、銀塩(ポジ)フィルムを引っ張りだして、スキャンしてみました。「毎日のフィルムスキャンが目標」でしたが、案の定「3日坊主」で・・・。なんか、きっかけがなければ「スキャン」しないんですよね。

797blog10

▲ 昔の林道は「砂利道」が普通でしたが、今はけっこう「アスファルト舗装」がされてますね~。この前も「渓流ぞいの舗装道路」で、アオバトが飛んだので一緒に走行しましたが、(2キロほどの直線区間)時速80キロのスピードで飛んでました。

797blog01

▲ 猟期の終了とともに、平気で広場に出てきます。上空に大型猛禽類が要れば「一発で終り」ですね。

797blog0001

▲ 誰のしざわか?大型猛禽類なら獲物を捨てるわけがないし・・・、ハンターが車の音に(オラの)驚いて取りにこなったのかな~。(♀は捕ってはいけない事になっているはず)

797blog02_2

797blog07

▲ 「ヤマドリの♀」です。雫石郷では「キジと同じ生息場所」にいるので、「尾の長さ」に注意すると言うか、直ぐ目がいきます。(ヤマドリなら撮る、キジならパス)

797blog03

▲ 「ヤマドリ♂」の魅力は、やっぱ尾羽根ですよね。

797blog05

797blog06

797blog09

▲ バックがうるさかったり、枝かぶりだったりと、普通は撮影しないのですが、「ヤマドリの♂」だから撮りました。 

« 繁殖期以外なのに・・・「ヤマドリか゜ほろ打ち」 | トップページ | アオバトを探せ! »

【野鳥】 ヤマドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のヤマドリ事情:

« 繁殖期以外なのに・・・「ヤマドリか゜ほろ打ち」 | トップページ | アオバトを探せ! »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ