最近のトラックバック

カテゴリー

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ブログのカテゴリーに「フクロウ」がなかった。

昨日、何気なく「フクロウ」の写真を貼り付けたのだが、このブログのカテゴリーに「フクロウ」がありませんでした。ブログには、何種類も貼り付けているわけではないので、機会あるごとにカテゴリーに追加をしたいと思います。

現在手持ちの「野鳥写真」は、記録写真程度の画像を加えるなら350種ほどは撮影しているでしょうか。(正確な数は、フィルムもあるので面倒くさいです。すべてをデジタルにスキャンすると決めたのですが、案の定、三日坊主で終りました。

1003blog01sil

▲ 昨日貼り付けた、同じ個体です。道路脇で座ってまっていたら、勝手に近よってくれたんですね。野鳥との間合いを知ってるので、追いかけすぎて「飛ばす」と言うことはまずないで~す。

1003blog03sil

1003blog04sil

1003blog09sil

1003blog05sil

1003blog06sil

1003blog07sil

1003blog08sil

▲ この個体を撮影した当時、どこで聞きつけてきたのか、自称プロカメラマンが昼からスロロボ2灯たいて、バチバチ撮影してました。あきらかに幼鳥は嫌がっていたので、「ストロボたくな!」と小さな声で注意しました。

「俺はプロカメラマンだ!」と大きな声で私を威嚇したので、その後はどうなっいたかは想像のお任せしますが、「北上川に突き落とされなくてよかっね」と言うことです。どうも私は「柔和な顔」をしているので、初対面の人にはなめられぱなしで~す。が「売られたケンカは三度の飯より大好き」と・・・。

「さっきの態度はどうした!小便ちびっているぞ!」と笑ってやりました。

自分から人と争うことは100%ありませんよ~。元来「平和主義者」で~す。ご安心ください。(笑)

「一年の計は元旦にあり」と・・・

「一年の計は元旦にあり」と言うことで、今朝は気合を入れて「秋田新幹線こまち号撮り」に出かけることにしました。「野鳥撮影はしばらく休養する」との思いで、600ミリの望遠レンズは置いたままで(鉄は標準レンズ1本でOKなので)です。

狙いは「赤渕駅~田沢湖駅」間の志戸前川渓流沿いの「雪煙こまち号の撮影」だったのですが、線路脇まで近かずけないので、「400ミリズームレンズ」も補助的に持つことに。

ふと空を見たらら(無意識に猛禽の気配を感じた)、大型猛禽類が飛翔してました。双眼鏡もないので、肉眼での観察ですが、稜線をなめるように飛翔しているのは「ヤマドリ狙いのクマタカ」の確率が高いので、400ミリで撮影、画像のシルエットを確認したら、「翼の後縁の形」が「まさしくクマタカ」(イヌワシは巾がせまい)でした。

「心は鉄撮り」にぶれているので、「クマタカが野鳥写真を休養するな!」との警告に出てきたのかも・・・。でも、「観察専門のBWが振り出し」だったので、しばらくは「重い600ミリ」は持ち歩かないで、「標準レンズと400ミリの手持ち撮影」でいきま~す。原点回帰と言うやつです。(フィールドノートにはUPしませんが、鉄撮りで、けっこう野鳥は色々見てます)

◆ 野鳥写真は「400ミリズームの手持ち撮影」ですので、「記録写真」です。

1000blog02sil

▲ 双眼鏡を持っていなかったので、「400ミリレンズ」で代用しました。小さなシルエットでしたが、「なんとなく大型猛禽の気配」を感じてました。

1000blog03sil

▲ はっきり「クマタカ」と認識しました。

1000blog04sil

▲ 「鉄撮り」に専念していたのですが、直ぐ近くの杉の木に止まりました。雪に埋もれて、「こまち号待ち」をしていたのですが、三脚も望遠レンズも持っていなかったので、「野鳥カメラマンの気配」が完全に消えていたのでしょう。でなければ「クマタカが近くの飛んで来る」と言うことは考えられません。(20年間野鳥撮影して、一度もありませんでした。大型猛禽類は営巣近くでブラインドに入って待つが常識です)

1000blog01sil

▲ 2012年は「鉄の画像」が、間違いなく多くなります。  

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ