最近のトラックバック

カテゴリー

« ハチクマを見ようと出かけたら、「猛禽銀座」になってました。 | トップページ | 「環境変化」が、突然ハチクマが見れなくなることも・・・。 »

週末は「ハチクマ三昧」と・・・。

「盛岡のチョウゲンボウ」も終り、週末は「ハチクマ三昧」と行きたいところですが・・・。2012年の雫石のハチクマは、観察ポイントが激減し、「定番ポイント」でしか見ることができません。渡ってくる数が、5分の1(20%)になりました。もう、林道をあちこち歩きまわらなくてもいいので、ガソリン代が助かると言うことになりますが・・・(同じ町内でも100キロは軽く走ってました)残念ですね。

2009年をピークに、年々数が減っているのは、越冬地や途中の休憩地に問題があるのかな?。台湾では1000羽単位で、年々「ハチクマが留鳥化」しているらしい(文献から)ですね。

1095blog01sil

1095blog02sil

1095blog03sil 

▲ 2012年6月30日 「ハチクマ♀」です。

背景の色を見てもらえばわかるのですが、1時間近くパーチ(止まる)してました。光線の強弱によってバックの色に違いが出てきました。あまり飛ばないので、途中から「動画撮影」とか、縦にしたり、横にしたりして撮影しながら遊んでました。撮影距離は200Mはあるので、ノーブラ撮影(林をバックに迷彩服だけで撮影しました)です。

1095blog04sil

1095blog05sil

▲ 2012年7月1日 「ハチクマ♂」です。

ハチクマが近寄ってきて、毎度のことですが、私のことが気になるのか、「横睨みして」飛び去っていきました。ハチクマとは長い付き合いなので、勝手に認知されていると思ってます。

ハチクマは4時間、5時間待つのは当たり前の世界なので、「たいくつとの勝負」になります。営巣地以外はブラインドに入らないので、撮影すると「さっさと家に帰ります(自宅まで5分)」

« ハチクマを見ようと出かけたら、「猛禽銀座」になってました。 | トップページ | 「環境変化」が、突然ハチクマが見れなくなることも・・・。 »

【野鳥】 ハチクマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末は「ハチクマ三昧」と・・・。:

« ハチクマを見ようと出かけたら、「猛禽銀座」になってました。 | トップページ | 「環境変化」が、突然ハチクマが見れなくなることも・・・。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ