最近のトラックバック

カテゴリー

« 見前水田に入った黒いクサシギ | トップページ | 4年前の9月1日の見前水田には・・・「8月夏羽のオオハシシギ」 »

毎年のように見前水田に入るヒバリシギ

「黄色い足のトウネンは要注意!」と言う格言があるように、小型オバシギの仲間は注意しなければなりません。まずは写真を見てもらうのが・・・。

1120blog01sil

▲ 2012年8月28日 ヒバリシギ(左)とトウネン(右) 見前水田(盛岡市)

遠目にはみんな同じトウネンに見えますが・・・、ヒバリシギは足が黄色のと、背中のV字が鮮明なので、トウネンと違うと言うことがわかります。(背中のV字が鮮明なトウネンは、ヨーロッパトウネンの事があるので、要注意です)

シギチ観察は「あ~でもない。こうでもない」と言って見るのが楽しいので、直ぐ、「左はヒバリシギです」なんて言ってしまうと、興ざめしてしまいますよね。

1120blog03sil

1120blog04sil

1120blog05sil

▲  2009年?

識別用に撮影してみました。背中のV字が鮮明に見えるのがわかりますよね。トウネンのように「ぼやけた背中のV字模様」は、「アメリカヒバリシギ」と疑ってみてもいいと思います。

« 見前水田に入った黒いクサシギ | トップページ | 4年前の9月1日の見前水田には・・・「8月夏羽のオオハシシギ」 »

【野鳥】 ヒバリシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎年のように見前水田に入るヒバリシギ:

« 見前水田に入った黒いクサシギ | トップページ | 4年前の9月1日の見前水田には・・・「8月夏羽のオオハシシギ」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ