最近のトラックバック

カテゴリー

« 「ソリハシシギ幼羽」の写真を整理していたら、冬羽も・・・。 | トップページ | 貴婦人コアオアシシギが見前水田に。 »

盛岡近郊のシギチ事情

毎年8月中旬から1ヶ月間は「淡水系シギチ観察」に明け暮れていたのですが・・・、ここ3年くらいから「さっぱりシギチが見れない」状態になってます。通勤途中に朝に夕に「見前水田」にはチェックを入れていちのですが・・・、「空ぶり」ばかりですね~。

最近の傾向として、「水張り休耕田」が少なくなり、転作作物の「大豆」や「そば」が植えてあるので、どうしようもありません。

今日は昼休みを利用して、盛岡~花巻間の「水張り休耕田」をチェックしましたが、「ケリ4羽」だけと・・・、さんざんたる結果に終りました。3年ほど前までは30~50羽は集団のケリが見れたのに、このままだと「レッドデータAランクにまっしぐら」ですね。盛岡近郊で繁殖しているシギチの仲間(イソシギ、イカルチドリ、コチドリ、ケリ)が見れなくなることも、現実になりそうです。

1113blog01sil

▲ 2012年8月23日 「ケリ(成鳥)」です。

ケリは観察だけで、ほとんど撮ることはなかったのですが・・・、こんな時代が来るとは。

1113blog03sil

▲ 2012年8月23日 「ケリ(成鳥)」です。

1113blog05sil

▲ 2012年8月23日 「ケリ(幼羽)」です。

虹彩(こうさい)が暗色で、赤くありません。足もくすんだ黄色で、成鳥のように真黄色ではないです。

ケリは夏羽、冬羽の違いがないので、「成鳥」と「幼羽」を覚えればOKなのが嬉しいですね。シギチ屋としては、夏羽、冬羽があるほうが面白いと言えば面白い。なんと言っても春の「夏羽のシギチの羽色は芸術品」ですよね。個人的には「サルハマシギの完全夏羽」が好きで~す。

 

« 「ソリハシシギ幼羽」の写真を整理していたら、冬羽も・・・。 | トップページ | 貴婦人コアオアシシギが見前水田に。 »

【野鳥】 ケリ」カテゴリの記事

コメント

やはり地球温暖化の影響があるのでしょうか?

ジョーカーさん、今晩は。

>やはり地球温暖化の影響があるのでしょうか?

温暖化と言うより、「水張り休耕田の激減」が大きいと思います。餌が捕れなくなると言うことは、死活もんだいですもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡近郊のシギチ事情:

« 「ソリハシシギ幼羽」の写真を整理していたら、冬羽も・・・。 | トップページ | 貴婦人コアオアシシギが見前水田に。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ