最近のトラックバック

カテゴリー

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

200系を撮り、E6こまちを撮り、〆は本業の「チョウゲンボウ」を撮る!

「鳥鉄(とりてつ)宣言」をしている行きがかり上、休日は「野鳥と鉄道」の行動パターンです。昨日は「国鉄新幹線車両の引退」にともない、イーハトーブの大地(岩手の大地)を「ありがとう!200系」が最後の引退感謝走行をしてくれました。

「200系新幹線」を花巻市で撮影し、高速を飛ばして盛岡インター付近で「E6スーパーこまち」を撮り、15分後には「チョウゲンボウ撮影」となりました。チョウゲンボウの営巣に取っては抱卵前で、一番神経質な時期なので「完全ブラインド」に入りながらの撮影になります。最初の1年目を無事巣立ちしてくれたので、(今年は3年目です)「営巣放棄」は絶対ないと信じての観察になります。

1186blog01

▲ 2013年3月23日 「200系新幹線」 東北新幹線・高松トンネル南口(花巻市)

この場所は35年前に「私が仕事に携わった」ので、飽きるほど通ってました。盛岡~一ノ関間は、ほとんどの工区で仕事したので、「私の汗が染み込んでいる」んですよ~。

この日も20~30人前後の「撮鉄さん」が集まってきてました。ベストポジションは1ヶ所しかないので、皆さん私の後ろに並ぶ(珍鳥のお祭りと一緒)と言う、いつものスタイルです。野鳥で培ってきているので、光線や構図を考える事が瞬時にできるのが「鉄撮り初心者」ながら、「ただの素人さん」ではない証明で~す。(この日のこの場所の仕切屋さん)

関東に珍鳥が出れば、「1本100万の600ミリ大砲が200~300台並ぶ」現場を踏んでるので、20~30人の鉄撮りは「かわいい」もんです。

1186blog02 

東北新幹線を320キロ走行する「E6とE5の連結」も撮れました。

1186blog04

「E6スーパーこまち」が単独走行してました。(時刻表にはない時間帯です)私は、トンネルを出る時の「衝撃音」で、「もしかしたら検束電車」かと期待してカメラをかまえました。たぶん、運転士の訓練走行だったのでしょう。E6の足まわりも汚れぱなしです。

1186blog05

「E6スーパーこまち」 田沢湖線での撮影です。(大釜駅~小岩井駅)

この場所は他の鉄ちゃんと会った事がありません。ほとんどの人は岩手山、秋田駒の見える「七つ森ストレート(雫石町)」に集中するので、静かに撮影したい人はいいですよ~。

1186blog06 1186blog07

▲ 2013年3月23日 「チョウゲンボウ♂」 (盛岡市)

ホバリング(空中停止)の写真ではありません。カラスに対しての攻撃での1コマです。私に取っては、こう言う写真の方が「傑作」なんです。

1186blog10

交尾は毎日ですが、私の観察によると「疑似交尾」と「交尾」とありますね~。なぜわかると言うと「♀が声を出す」とか、写真で見れば「しゅん膜を閉じる」とかですね。9割は♂からの誘いですが、たまに♀も声を出して誘うこともあります。場所はあちこちで、決まった場所はないです。ただ昨年の観察では、「抱卵の当日だけが巣の中で交尾」しました。その後、抱卵、育雛中でもほぼ毎日のように交尾はしますが、巣の中でする事はありません。(卵があるので当然ですよね)

「八郎潟」は鳥も鉄もホットだぜ!

3月16日からの「JRのダイヤ改正」にともない、羽越本線、奥羽本線を走る「485系」を撮っておかねばと・・・。それに「日本中のガンカモ類が全部終結」しているんじゃないかと思うほどの数に圧倒されました。当然、カモ類の移動にともない「大型海ワシ」も沢山見る事ができました。

そう言えば、「オオワシの撮影中」に、60代のご婦人が車から降りてきて、(持ってる道具でだいたいの野鳥レベルはわかります)「あの鳥の名前を教えてくださ~い」と・・・。ハクチョウとガンはわかるらしいが・・・、(コハクとオオハクの違いも、マガンとヒシクイの違いもわからなかった)氷上の大きな鳥が気になったみたいでした。

あまりコアな説明をしても嫌われるだけなので、初心者用に「オオワシですよ~」とか、翼に白い模様がないのが「オジロワシです」と簡単な説明をしました。あとは「ガンはマガンと言います」。そして「白鳥よりこぶりで、ガンににている白いのがハクガンですよ~」と。こんなやりとりが30分位続いたでしょうか。

まず岩手では「探鳥会でないフィールドで、ご婦人に声をかけられる事」はまずないので、少々びっくりしました。

今日見たおもな野鳥は

■ 八郎潟

マガン多数、 ヒシクイ多数、 シジュウカラガン50±、 ハクガン10±、 ミヤマガラス300+、 オオワシ5羽、 オジロワシ6羽、 ハクチョウ類は多数、 オナガガモの大群  

1183blog01

▲ 2013年3月12日 485系3000番台(特急つがる4号) 八郎潟~鯉川(奥羽本線)

奥羽本線は撮影は、この八郎潟~鯉川間が大好きです。

1183blog02

1183blog03

▲ 2013年3月12日 「オオワシ」  秋田県大潟村

久しぶりのオオワシを撮った気がする。氷上に止まっていたので(100M位か)逃げる様子もなかったので撮影しました。飛翔は、オナガガモの大群に水面すれすれに飛びたち、驚かすことなく近寄っていきました。魚狙いだったのだろうか。

 

ウミアイサ観察と、、、ついでに三陸鉄道

「鳥」か「鉄」か、どっちがどっちと言うわけではないが、昨日は大船渡市に出かけてきました。三陸の海は「ウミアイサは普通種」なので珍しくもなんともないが、春の渡りに、「運がよければ大群(2000±)の遭遇」があるので、出かけるようにしてます。

それと、、、「鉄ファン」としては、クゥェート政府に感謝しなければならないのですが、岩手県に100億円の義援金が送られました。「三陸鉄道の復興と車両購入」にそのお金が使われ、2013年4月3日に一部開通します。(JR東日本は鉄道を廃止し、バス運行でお茶を濁そうとしてますね)まあ、お金は自由に使っていい義援金なので、「岩手県知事」が三陸鉄道の復興に使うと決めてくれた事には感謝、感謝です。

1182blog01sil

1182blog02sil

1182blog03sil

▲ 2013年3月7日 「ウミアイサ」

岩手県では普通種のウミアイサです。三陸海岸なら何処に行っても見ることも、撮影することもできま~す。私も、ゲップがでる位写しているので、本気で撮影することはありません。と言うことで、「図鑑写真」のように、でっかく撮ってみました。

1182blog04sil

1182blog05sil

▲ 2013年3月7日 盛駅構内の車庫前(大船渡市)

クウェート政府からのピカピカの支援車両です。4月3日に大船渡~吉浜間を部分開業するので、沿線をロケハンしてきました。鉄道の撮影ポイントは、いつも自分の目で確かめてから撮影するのが流儀です。

1182blog06sil

▲ 2013年3月7日 盛駅のJRバス(大船渡市)

大船渡線(一関駅~盛駅)は、一関駅~気仙沼駅は列車が運行してますが、気仙沼駅~盛駅はバスでの代替運行です。JR東日本は、なんだかんだと理由をつけて、「廃線」を狙っているのでしょうね。

震災以前は、三陸海岸沿いに八戸~仙台間「1本のレール」でつながってました。それが三陸鉄道は2015年には全線開通予定で、JR東日本はバス運行なので、分断されてしまいますね。

空を見たらチョウゲンボウとE6系こまち

今日は確定申告の為、盛岡駅南口のアイーナ7Fに出かけてきた。申告も無事終了、気分よく外に出たら・・・、上を見たらチョウゲンボウとE6系スーパーこまち号が目に入ってきた。あわてて、駐車場に戻り、コンデジと400ズームレンズを取り出し(盛岡駅構内を600ミリの大砲を持ち歩く勇気はありません)駆け足で階段をかけのぼりました。

チョウゲンボウ♀は、今シーズン初めての観察です。まだ単独行動で、付近に雄は見当たりません。野鳥の論文で読んだ事があるが、都市部に営巣するチョウゲンボウの餌の9割は「小鳥」なそうです。過去の観察では、盛岡のチョウゲンボウはネズミの仲間が6割でした。ただ、まだ積雪が20cmほどあり、地表が見えるまでは「小鳥中心の捕獲」になるでしょう。

1181blog01sil

▲ 2013年3月6日 「チョウゲンボウ♀」 盛岡市

「鳥鉄(とりてつ)」の名前通り、鉄を見ても野鳥が気になり、野鳥を見てもやっぱ鉄も気になります。

2月上旬には「チョウゲンボウ♂」を撮影しているが、今日「チョウゲンボウ♀」を見たので、今シーズンも間違いなく繁殖してくれるでしょう。昨年(2012年)は、同時に2番、さらに1キロ離れた場所で1番の合計3番見ている(同じ日に)ので、今シーズンは5番を期待してます。

予想として、3月20日前後に巣に入り、25日には抱卵するんじゃないかな。

1181blog02sil

▲ 2013年3月6日 「チョウゲンボウ♀」 盛岡市

♀が自分で小鳥をハンティング(捕獲)しました。と言うことは、まだ番(つがい)形成されてません。♀は交尾をすると、自分で餌を捕ることはしなくなります。昨年は6羽の雛を育てた個体が例外的に、巣立ち1週間前から、♀もハンティングに加わり、何度か餌を取り、直接与えてました。

1181blog03sil

1181blog04sil

▲ 2013年3月6日 「E6系スーパーこまち」 盛岡駅構内

3月16日からのデビュウに備え、盛岡駅構内に2編成の「E6系スーパーこまち」が入線してました。「E5系はやぶさ」との連結の練習でしょうね。

1181blog05sil

1181blog06sil

▲ 2013年3月6日 「E5系とE6系の連結」 盛岡駅構内

3月16日以降は、毎日見れるわけですが・・・、10日も早く見れて、ラッキーでした。時刻表にも、情報があるわけでもないので、偶然の遭遇と言うか、「とても運がいい(ラッキー)」一日でした。

日曜日は鳥鉄三昧の一日でした。

3日は羽越本線に「583系寝台臨時列車」が走ると言うので、「秋田のクロヅル」も期待しつつ出かけてきました。時間的にベストポジションには間に合わないので、西目駅付近で「583系」を撮影し、前回撮影した「クロヅル」の場所に出かけたら、1羽で採餌をしてました。まったく同じ水田だったので、よほどこの場所がお気に入りなんでしょう。3日は出たり入ったりしながら(鉄道の撮影ポイントをあちこち変えながら撮影するので)15時位までいましたが、「クロツル狙いのカメラマン&BW」とは、誰一人会うことはなかったです。もはや「クロヅルは飽きられた」のでしょうか。

たぶん、1年間に羽越本線を走る「583系」は3度ほどしかないでしょうから、(後は3月10日と17日ですが、臨時列車なので時刻表には載ってません)来週も出かける予定ですが、「秋田のクロヅル」はたくましく採餌しているか?(春を感じて飛び去っているかも知れません)上空を北帰行するヒシクイやマガンの群れに、鳴き声を出しながらクロヅルは反応してました。

由利本荘インター付近の南側の水田一帯だけが雪が解け、「マガンの群れ(300+)」「ヒシクイの群れ(100+)」「ハクチョウの群れ(100+)」「たぶんミヤマガラスの群れ(500+)」が採餌してましたね~。高速を運転中での観察でしたが、帰りに由利高原鉄道の撮影時に、ちょこっとだけ双眼鏡で見てみたら、マガンとヒシクイの群れでした。ただ、車で水田に入ったのですが、150Mまが警戒距離でした。八郎潟や伊豆沼より、警戒心が強かったです。

1180blog01

▲ 2013年3月3日 583系国鉄色(西目~仁賀保)羽越本線

団体臨時募集でなければ運転しないので、年に何回も撮影できません。ただ、「秋田車両センター所属」なので、毎年廃車になるまでは、何回かは期待できる鴨(かも)

1180blog02

1180blog03

1180blog04

▲ 2013年3月3日 「クロヅル」

撮鉄の間に何度も訪れましたが「一日この水田から移動する」事はなかったですね~。写真は同じ構図になるだけだし、「鉄道に記録メデアを使う(ハイビジョンで一眼動画撮影)」ので、クロヅルは3カット30枚で止めました。

1180blog05 

▲ 2013年3月3日 583系(新潟色)特急いなほ(上浜~小砂川)羽越本線

羽越本線の撮影場所ではここが一番好きです。海上にはよく探鳥に出かけた「飛島(酒田市)」が見えるのですが、広角レンズなので、画像を拡大しなければ見えません。海は「冬の日本海」らしく、波が高くて写真的には良かったのですが・・・、飛島の人たちはフェリーが欠航で大変でしょう。

1180blog06

▲ 2013年3月3日 583系特急いなほ(金浦~象潟)羽越本線

「陸の松島」の旧象潟町です。なんとか「陸の松島と583系」を入れて撮るイメージだったのですが・・・、なかなか思うように行きません。

高校時代には「陸の松島」を見たくて、電車を乗り継いで来た事があります。学割をもらいに「通学定期以外は駄目だ!」と言われたが、校長先生にねじ込んで「学割を発行」してもらいました。(お話のわかるいい校長先生でした)

※バイト中心の勤労高校生だったので、親からのお金ではありませんよ~。

1180blog07

▲ 2013年3月3日 羽越本線

ED機関車も撮ります。言ってみれば「レール上の物はなんでもOK」です。実は「乗り物」は何でも好きな男の子なんですね。その中でも「ゼロ戦からF4ファントム時代」までの戦闘機は夢中になってました。(プラモ作り)

1180blog08

▲ 2013年3月3日 由利高原鉄道

なんと言うか、「由利高原鉄道のランピング車両」は・・・、「1枚撮ればいいかな~」といつも思ってしまいます。ただ春に「残雪の鳥海山」を見れば、違った気持ちになるかもしれません。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ