最近のトラックバック

カテゴリー

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

高橋美佐子さんに捧げる野鳥写真

鳥友の高橋美佐子さん(81歳)の訃報のメールがあり、今日は一日ブルーです。

美佐子さんとは、バードウォチングの事が右も左もわからない「超初心者」の頃からのお付き合いだったので(私が30代、美佐子さんは50代)長いと言えば長い付き合いになります。ここ3年ばかりは、美佐子さんの体調不良で一緒の鳥見は出来なかったのですが、「いつまでたっても友人」でした。

美佐子さんとの思い出としては、「二度の北海道探鳥旅行(Oさんと3人で)」で、旅館のご主人に「親子でもないのに旅行できるなんて、素敵な関係ですね」とびっくりされました。

そうそう、「5月の連休の飛島」にも(5人組みで)一度でかけましたね。これもなつかしい思い出です。

美佐子さんは「私の野鳥写真」が好きで、個展もコンテストにも応募しな私が、美佐子さんの自宅に鳥友が集まって「野鳥写真のスライド大会&いもに会」をしたこともありましたね。その時の美佐子さんから「いい写真だぜ!」(冗談で男言葉を使ってた)とお褒めの言葉をいただいら写真を・・・。

「高橋美佐子さんに捧げる野鳥写真」を、美佐子さんをしのんで見てやってくださいませ。写真はスライドフィルム(銀塩フィルム)で撮影したのです。今のデジタルカメラのようなカリカリ感はないですが、「昔なつかしいフィルムの味」も楽しんで下さい。

1216blog01

▲ 「オオマシコ(♂)」

今でも美佐子さんの「マシコみたじぇ!」と言う言葉が・・・。(合掌)

1216blog02

▲ 「アオバト(♂)」

美佐子さんが大好きだったアオバト。追悼探鳥はアオバトしかないよね~。

1216blog03 

▲ 「メジロ」

メジロも好きでしたね。

1216blog04

▲ 「ビンズイ」

この写真も気に入ってくれましたね。

1216blog05

▲ 「フクロウ(親子)」

「オッホーの声聞いたじゃ!」と興奮して話す姿が・・・。(合掌)

******************************************************************

私が撮影した15~20年位前の野鳥写真です。銀塩フィルムなので、露出を失敗すると「真っ黒な写真」になると話には聞いていましたが、私は失敗した事は一度もありませんでした。

「オオマシコ」は、日本野鳥の会の機関紙(野鳥)にA4大開きで採用され、15000円だったか代金をいただきました。前の年に野鳥の会にカレンダーが入選し(この当時はプロアマオープンの応募でした。たしか40000円だったかな?)たので、「何でもいいから写真を1枚お願いします」とのお話だったので、快く貸し出しました。次の年から、応募規定が「アマチア限定」になったので、応募しませんでした。カレンダーからは卒業しましたね~。美佐子さんは、「自分の事のように喜んで」くれました。

   

2013年盛岡のチョウゲンボウ 孵化5日め

2013年の盛岡のチョウゲンボウは、抱卵15日目で抱くのを止め、中断約10日間後に再度抱卵しました。今日、めでたく「雛の画像」が撮れたので(孵化5日めです)写真をUP!しておきます。今の時代は、インターネット上などに「チォウゲンボウの繁殖記録」の画像も星の数ほど公開してますが・・・、ほとんどが雛の頭が見えた時に「初日」のしている画像があまりにも多いです。私は盛岡のチョウゲンボウとは「観察中心」に向き合っているので、観察データには責任を持ってます。ただ、論文等にデータを公開しないのは、緯度、経度などの情報が記載することにより、「野鳥カメラマン」が沢山あつまり、結局は「繁殖失敗」を恐れているので「論文発表」はいたしません。

1215blog01

1215blog02

▲ 2013年5月27日 チョウゲンボウ♀(左)と♂(右) 盛岡市

めったに撮れない画像なので貼っときますね。盛岡のチョウゲンボウの場合、育雛中に餌を運び入れるのは雄なのですが、丁度孵化5~7日のほんの数日間だけ、「雌が雛に給餌しやすいように、餌(ネズミ)を解体して運び入れます。その瞬間を撮影しましたが、雄がせっかく「ネズミの皮ハギ」をして、直ぐ雛が食べれるようにして持って来たのに、雌が「餌が産座に残っているからいらない」と断ったところです。

孵化が7日以降は、「餌をそのまま雌に渡す」だけで、巣の中で「雌が解体」して給餌します。

孵化20日以降は、雄、雌とも巣の中に餌を投げ入れるだけで、雛が自分で解体しながら食べるのがパターンですね。その時に「遅れて孵化した雛」は、1、2番子が餌を食べ終わるまで「巣の奥でじっと動かないで待ってます」。親がいないので、変に動きまわると、「兄弟に餌として見られる」からかも知れません。

1215blog03

1215blog04

▲ 2013年5月27日 チョウゲンボウ♀Adと雛2羽 盛岡市

今までは雛が小さすぎて、産座に埋もれて見ることは出来ませんでした。画像は2羽ですが、遅れて孵化した雛がいる可能性が大です。

だいたい「孵化5~7日」たたなければ(雛が大きくなるから)、「綿毛の雛」は写真に撮ることはできません。

後、10日もたてば「2013年の盛岡のチョウゲンボウの雛の数」がはっきりします。ちなみに2011年は4羽、2012年は6羽が巣立ちしました。

なぜか嫌われる「人工物に野鳥写真」だが・・・。

岩手県内陸部には、チョウゲンボウが繁殖できそうな「自然の崖」がありません。あったとしても、渓流の滝があるような山奥で、開けた農地を好む環境ではないので、まずチョウゲンボウは見ることはないです。

そんな中、2011年から「盛岡市内人口構造物にチョウゲンボウが営巣」するようになり、とても身近にチョウゲンボウを見る機会が増えました。が・・・、なんせ「人工物」なもんで、「野鳥写真的には嫌われぱなしです。

私としては、人工物だろうが樹木だろうが「生態の観察と撮影」を中心にしているので、きっちり撮影できればいい事にしてます。ほとんどの場あいが「観察中心のデータ収集」なので、見ることが第一です。

今の時代は、野鳥研究者の文献とかが沢山ありますが、「自分の目で見た事がすべて」との思いから(2011年は200時間、2012年は700時間、2013年は100時間+100時間位か)チョウゲンボウの繁殖生態を理解できました。

1214blog01

きっちり撮影しているのだが・・・、人工物だと「なぜか嫌われる」ですよね~。

1214blog02

1214blog03

1214blog04

1214blog05

1214blog06

1214blog07

▲ すべて2013年に撮影した「生態写真」です。正直、2012年に「チョウゲンボウを観察しずぎた」ので、今年は「観察する事が苦痛」です。一日3時間も見れば、「もう沢山」つう感じですね。

週末は「盛岡のチョウゲンボウ」を集中的に観察した。

2013年の「盛岡のチョウゲンボウ」は、4月上旬に抱卵したのだが、途中で抱卵中止すると言うハプニングがあり、「今年は失敗か~」と諦めてました。が・・・、2週間後に、また「再度抱卵開始する」と言うサプライズに、慎重の上にも慎重に「観察を継続」していました。今週末は、2日連続8時間の集中観察日にし、弁当&簡易トイレ持参でブラインドに入りました。

チョウゲンボウの抱卵中断で割りをくったのが、「4月下旬に第一陣で飛来するササゴイ」でした。ササゴイは「カラス対策にチョウゲンボウを利用し、チョウゲンボウの半径50M以内に巣を作る」のですが、(2012年は、第一陣は3羽巣立ち)、今年は思うように行かず、昨年の古巣は空でした。(2013年5月上旬にペアが入ったが、卵は産まなかった)

ハシブトガラスは、チョウゲンボウの60M前に巣を構えたのですが、「5月上旬までねばってたが撤退」しました。たぶん、この巣は(昨年もだったが)「第二陣のササゴイが営巣」するでしょう。(今日もササゴイが巣をのぞきに来てました)ササゴイはチョウゲンボウを上手く利用し(カラス対策に)、昨年は10日間のタイムラグをしながら、4巣のササゴイが14羽を巣立たせたので立派です。

1213blog01

▲ 2013年5月19日 「チョウゲンボウ♀」 盛岡市

私の予想では、あと3、4日で「孵化」すると思います。(抱卵28日間と計算して)

1213blog02

▲ 巣のまわり半径200M以内には4巣の「ハシボソガラスの巣」があるのですが、50M以内には絶対カラスを入れません。その中の1羽のカラスには、声を出して(他のカラスには声を出さない)200Mも300Mもひつこく追いかけまわします。チョウゲンボウは巣の事はすべて雌が主導権を握ってます。雄は「働き蜂」みたいなもんですね。

1213blog04 

1213blog05

▲ 雌がカラスを攻撃しに飛び立てば、すかさず雄が現れ、「抱卵」をします。雌の食事は10分ほどですので、雄の抱卵はだいたいそんな感じですね。

1213blog06

▲ 「1回目の抱卵」の時は5~20分ほど、雄、雌不在の時間帯がたびたびあったのですが、失敗後の「再抱卵」から、「必ず雌が巣に入ってから、雄が飛び出す」パターンになりました。さっするに、不在の時間帯に、「カラスにいたずら」されたのかも知れません。(カラスは10羽ほどの集団で巣に来てました。頭がいいです) 

同じシベリアオオハシシギでも、識別派が喜ぶ写真は・・・。

なんだかんだとやる事があって、「シベリアオオハシシギ」の写真をようやく整理する事ができました。撮影後、2週間は過ぎているので「賞味期限切れ」と言われそうですが、運よく撮影できて安心感と言うか満足感と言うか、中々整理出来ないでおりました。

私の場あいは「識別派」を自認しているので、第一の目的は「識別に役立つ写真が撮りたい」と言うのが第一目標で、「芸術性は二の次」にしてます。と言うことで、「真横から体全体を撮影する」ことが出来れば、「合格」(かなり自分の甘い採点ですが)としてます。

1207blog01

▲ 2013年4月29日 「シベリアオオハシシギ」  秋田県男鹿市

真横から体全体が撮影できれば「合格」と言うことにしてます。図鑑用の撮影をきっちり撮影できてからの延長上に「芸術写真」があると思っているので、基本に忠実に撮影しました。

1207blog03

▲ 2013年4月29日 「シベリアオオハシシギ」 秋田県男鹿市

オオハシシギやアメリカオオハシシギの違いに「翼下面が白い」があるので、羽ばたいたら「シャッターに反応する」ことだけに集中してました。(足の色をみれば一目両全なので、何も翼下面にこだわらなくてもいいのですが)

識別派にとっては、「こんな写真を撮りたい」と言うのが、つねに頭の隅にありますね。

1207blog04

1207blog05

1207blog06

▲ 2013年4月29日 「シベリアオオハシシギ&セイタカシギ」 秋田県男鹿市

たぶん、BWの人や一般の人には「シベリア&セイタカ」の方が支持されるでしょうね。普通に考えれば、セイタカシギの方が、見栄えがしますもんね。

 

御所湖で「B級キビタキ写真」を撮りました

御所湖と言えば水鳥ですが、良く注意してみれば、小鳥も、猛禽類も見る事ができます。春はやっぱ「キビタキ」「オオルリ」を見なければはじまりませんね。

1211blog01

1211blog02

1211blog03

1211blog04

1211blog05

▲ 2013年5月6~9日 「キビタキ♂」 御所湖(雫石町)

全部ぱっとしない「ねむたいキビタキ写真」ですが、撮る前から、「なんだキビタキか~」と思いながらの撮影なので、いい写真は撮れるはずがありません。「野鳥写真の腕が落ちる一方」とカミングアウトしたので、初心者の怖いもの知らずの「キビタキ写真」になってしまいました。

姿よし!声よし!名前よし!の代表選手「オオルリ」

和名は「オオルリ」、英名は「Blue-and-white Flycatcher (ブルー&ホワイト フライキャチャー)」です。どちらも雄の羽色からつけていると思います。和名は瑠璃色からの「オオリリ」で、英名は単純なヒタキの仲間に青白と言う冠をかぶせただけです。なんと和名の美しいことでしょうか。

英語が得意なBWは(私は英語はまったく駄目です)、名前から鳥の特徴が直ぐわかると聞いた事があります。和名は複雑な色模様を、単純な青ではなく、「瑠璃色」で表現しているので、日本人に生まれてよかったと思う瞬間ですね。

今年の連休は何もする事がなかったので、御所湖通いをしましたが、「ヒタキの仲間(フライキャチャー)」が沢山立ち寄ってくれました。行動をよく観察すると、みんな西から東に移動していたので、日本海側を北上してきて、国見峠を越えて太平洋側に移動するのでしょうか。(ハクチョウの国見峠越えは何度も見てます)

1208blog01

1208blog02

1208blog03

1208blog04

1208blog05

1208blog07

1208blog08

1208blog06

▲ 2013年5月6日~9日 「オオルリ♂」 御所湖(雫石町)

連休中は何枚も「オオルリ」を撮ったが、「瑠璃色」で撮りたいと思って(雲ひとつない快晴でなければ瑠璃色は出ない)チャンスをまっていた。(写真一番下)

渡ってきたばかりの初日は警戒心が薄く、距離間は近いですね。繁殖地でのオオリリは高い枝に止まって「美しい声でさえずる」のですが、それはそれで好きです。

 

「こぶしの花」に野鳥(シジュウカラ)

桜より10日位前に咲く「こぶし」の花をみて、やっと春が来たと実感します。が、今年は異常な遅咲きで、5月連休後半でした。御所湖の桜並木も、1、2分咲きで、もう葉っぱがでてしまい、「満開の桜」は見れないんじゃないでしょうか。

私が始めて買った野鳥写真集「シング!シング!バーズ!和田剛一著」(1991年出版・初版本を持ってます)を持ってます。私にとっては「野鳥写真のバイブル」みたいなもので、勉強はしましたが、同じような構図は撮らないように心に決めてました。

「こぶしの花に野鳥」がない事を確認していたので、いつかは機会があれば、撮りたいもんだと思ってました。

和田剛一氏の「普通の野鳥を最高の絵として切り取る」写真集は、20年たっても色あせる事がなく、他の野鳥写真家のついずいを許さないですね。まったく個人的な感覚ですが、20年たっても若手野鳥写真家が追い越した「野鳥写真集」を出版できないと言うのはなさけないですよね~。

1205blog00

▲ 2013年5月6日 シジュウカラ 御所湖(雫石町)

普通種シジュウカラを「こぶし 」とからめて撮ってみました。バックがこぶしでなければ、「バック処理ができない、俗に言ううるさい写真」で終わってしまいます。私が野鳥写真で気をつけていることは「光線の処理」と「バックの処理」です。このふたつを理解していないと、「ただ野鳥を撮っているだけ」の普通の写真になってしまいます。

最近の私の野鳥写真の腕が落ちてるのは、「時間をかけないで、でたとこ勝負で撮ってる」からなんですね~。

御所湖でマミチャ

個人的な理由で、「5月の連休の飛島詣で」が出来なくなってから3年目です。最近真面目に「鳥見(BW)」をしてなかったのだが、少しばかり御所湖の遊歩道を歩いてみた。丁度、ヒタキの仲間が沢山飛び回ってて、「まるで飛島」と言うほどの密度だったので、「プチ感激」してしまいました。

今年は春が2週間ほど遅く、御所湖の桜が連休中でも開花せず、つぼみだった事は一度もありませんでした。まあそのお陰で、こぶしの花が丁度タイミングよく満開になり、長年の夢だった「こぶしの花にオオルリ、キビタキをからめて撮る」事ができて、とてもラッキーでした。こんな遅咲きのこぶしの花はもう二度とないでしょうね。

綺麗どころ(オオルリ、キビタキ)の撮影中に、ブッシュの中を動きまわるツグミの仲間が目に入り、双眼鏡で見たら「じぇじぇ!マミチャだ~!」と。(正統派野鳥カメラマンなので、首に双眼鏡はつねにぶら下げてます)まさか春に、太平洋側の御所湖で、マミチャが見れるとは考えもしませんでした。

1209blog01

1209blog02

1209blog03

1209blog04

▲ 2013年5月6日 「マミチャジナイ♂」  御所湖(雫石町)

アカハラだったら撮らなかったが、一番最初に「白い眉班」が目に飛び込んできたので、撮ろうか撮るまいか迷いながら、結局は「記録写真として」撮りました。昔だったらブログに写真を公開する事はなかったが、最近は「野鳥写真の腕が落ちる一方」と公言しているので、何の恥じらいもなく「記録写真」を貼り付けました。

その一方では、「誰も撮れてない構図の野鳥写真」も頭の片隅にはあるので、「3年に1回位はホームランを打ちたい」ですね。

1208blog01

▲ 2013年5月6日 「オオルリ♂」 御所湖(雫石町)

「こぶしの花にオオルリ、キビタキを絡めて撮る」ことは永遠に無理と思っていたが、遅い春に助けられて撮ることができました。個人的には標高700M以上に咲く「たむしば(こぶしに似た白い花です)」でなければ、オオルリは無理と考えてました。標高700m以上の林道に乗り入れて「たむしばの花」で何度もチャレンジした事が・・・・。(ハチクマとかアオバトともからめてるので、オオルリ1本ではありませんが)

昔は珍鳥、今は普通種のセイタカシギ

「昔は珍鳥、今は普通種のセオタカシギ」と言うとご批判があるかも知れませんが・・・。まったく個人的な感覚ですのでご容赦を。1990年代頃は、ローカル紙にも「珍鳥セイタカシギ現れる」の見出しで掲載されたもんですが、(足が長く目立つので、一般人の方が新聞社に投稿するので)今は新聞社も取り上げないんじゃないかな~?どうなんでしょうか。(ローカル紙を取ってないのでよくわかりません)

1204blog07

▲ 2001年5月 この頃までは「珍鳥あつかい」されてたと思う。が私は「一度も新聞社に野鳥写真を投稿したことがない」ですよ~。と言うことで、私の野鳥写真は、HPかブログで見るだけで~す。今ははっきり言って「腕が落ちてる事を自覚」してます。この頃までは、フィルムでの撮影ですので、「じっくり、しっかり構図を考えて」気長に待ってて撮影してました。

1204blog00

▲ 2013年4月29日 秋田県男鹿市

今は普通種のセイタカですが、すらっとした(足が長い)姿と純白は、他のシギの仲間をよせつけない「華麗」さがありますよね。珍鳥だろうがなかろうが、「美しい野鳥が好き」と言う気持ちは変わりがないです。

1204blog01

1204blog03

1204blog04

▲ 2013年4月29日 秋田県男鹿市 

「珍鳥コシャクシギ」の情報もあったのですが、「普通種セイタカシギ優先」の撮影行動になりました。やはり「綺麗なものは綺麗」です。

1204blog05

1204blog06

▲ 2005年4月 岩手県花巻市

新聞社に投稿することもない「普通種セイタカシギ」です。他の野鳥と違って、シギの仲間は警戒心が薄いので、黙ってまっていれば直ぐ近くまで寄ってきてくれます。ブラインドも必要ありませんね。と言うことで、私には一番あってる野鳥なのかも知れません。

突然の電話に・・・、「一石3鳥で行こう」ぞ!

トリプル(3種)の「珍鳥情報」に朝が待ちきれず、午前5時起床、6時には家を出た。が・・・、仙岩トンネルを抜けたら、「突然、鉄(E6スーパーこまち)が撮りたくなり」、田沢湖を7時頃に通過する「E6こまち」の為に、30分寄り道してパチリと1枚。

今までのオラだったら、「S級珍鳥(スーパー珍鳥)」なら、真夜中に家を出て、現地で朝を迎えるパターンでした。しかし、「あまり気合が入っては空振りもある」ことも多々あったので、より道をして、「気合を薄める」事にしました。

個人的な珍鳥のカテゴリーは・・・

「S級珍鳥」→国内では二度と見る機会がない。(12時間以内に行動する)

「A級珍鳥」→5年に1回は見れるだろう。(3日以内に行動する)

「B急珍鳥」→見ようと思えば毎年何処かで見れる(7日以内に行動する)

よまあ、こんな感じですか。

今まで関東以北なら、「情報をいただいたら必ずフィールドには出かける事が最低限のマナー」として活動してます。いつもご馳走になってばかり(情報のもらいぱなし)は嫌なので、「S級珍鳥を自分でも出したい」とつねに頭の隅には入れてま~す。

1203blog01

▲ 2013年4月29日 「E6スーパーこまち」(仙北市田沢湖町)

自宅近郊以外では午前7時前に「E6スーパーこまち」 を撮影する機会がありません。そんなもんで、急に撮りたくなったので「30分のより道」をしました。

1203blog02

▲ 2013年4月29日 「シベリアオオハシシギ(煉瓦色の方)」(男鹿市)

だいたいの場所は聞いていたのだが・・・、車が一台もない。「あちゃ~空振りか」と一瞬頭をよぎったが、(てっとり早く珍鳥を見るには、大勢のカメラマンを捜す方が早い)仕方がないので自力で探し出す事にした。思惑がはずれたが、白いセイタカがちろちろ動きまわるので双眼鏡でのぞいたら・・・、「じぇ!(朝ドラあまちゃん風に)シベリアだ!」と。そうしたら、田んぼにトラクターが。「じぇじぇじぇ!飛ばれる!」と・・・。とりあえず「鉄のカメラで(35-350ズーム)記録写真」を撮りました。落ち着いてから、600ミリを取りだしたが・・・、「9時56分八郎潟駅を通過する臨時団体列車が気になり」気はそぞろでした。気がついたら私のまわりには5、6台の車が駐車してましたね~。

1203blog03

▲ 2013年4月29日 「583系(国鉄色)臨時団体列車」 (八郎潟町/奥羽本線)

シベリアオオハシシギを撮り始めたのが9時頃。八郎潟を横断するには40分は欲しい。タイムリミットは9時20分か~。と言うことで、少しオーバーしたが9時30分まで撮影し、「25分では八郎潟を横断できね~」と覚悟しつつ、チャレンジしました。通過30秒前に踏み切りを通過するのを手持ちで撮影できてラッキーでした。

1203blog04

▲ 2013年4月29日 「セイタカシギ」(男鹿市)

本来なら、「シベリアオオハシの後は、本命のコシャクシギ」と行きたい所だが、無謀にも八郎潟を横断し「鉄撮り」をしたので、撮影行動を大きく変え、「昔珍鳥、今は普通種のセイタカシギ」を撮る事にした。(1羽はだったら撮らないが、群れが入っていると言うことで)

1203blog05

▲ 2013年4月29日 「コシャクシギ」(男鹿市)

セイタカシギで2時間近くも遊んでいたので、「コシャクシギ」の教えてもらったポイントについたらが誰もいなかった。(情報の鮮度と質が高いので、ピンポイントで見ることができました)コシャクシギはフェンスに守られてたので、動物園での撮影気分だったが、「なんせコシャクですから」躊躇することなくパチリと1枚。

急に腹がなりだしたので(朝から何も食べてなかった)、「男鹿線の撮影ポイント探し」もかねて、コシャクポイントを離れました。まあ、「動物園での撮影」気分だったので、撮影意欲はゼロでした。

でも・・・「本命のコシャクシギと対抗のシベリアオオハシシギ」を見る事ができて、「いきなりライファー2種」をゲットできたので、「チョウ嬉しい一日」になりました。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ