最近のトラックバック

カテゴリー

« 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化26日め) | トップページ | 2013年・盛岡のチョウゲンボウ (孵化30日め) »

2013年・盛岡のチョウゲンボウ (孵化28日め)

毎度毎度おなじみの「盛岡のチョウゲンボウ」の話です。ほとんどの人は「飽きたじゃ~」と言うことで読んでもらえないと思いますが、ごくごく希な、「コアなと言うかディープな野鳥好きの皆様」を意識して書いています。(たぶん、文献等を探してもないと思う観察記録です)

2年連続の「6羽育雛中の盛岡のチョウゲンボウ」です。その中で「給餌の仕方」を興味深く見させてもらっているので、写真と共に何枚か貼り付けていきます。

1224blog01sil

▲ 2013年6月19日 

前日(孵化27日め)から、1番子がスズメを自分で解体して食べるようになりました。昨日は雌親が餌(スズメ)を持って巣に入ったのですが「給餌」する事なく、餌を置い巣を飛び立ちました。3時間弱巣に戻りませんでしたが、1番子が空腹に耐えかねて「巣にある餌(スズメ)を羽もむしらず、嘴でつついて食べはじめました」。他の2~6番子に餌をやる事はありませんでした。

1番子が食べ終わった10分後に、雌がネズミを雄からもらい巣に入りました。2~6番子に給餌したのですが、1番子には絶対給餌しませんでした。

今日は雄が巣に餌(スズメ)を持って入り、(雄が給餌する事はありません)直接1番子に餌(スズメ)を渡しました。(雄も雌も1~6番子を認識しています)

1224blog02sil

▲ 2013年6月19日

親がいなければ「巣内は1番子が中心」の行動になります。

1224blog04sil

▲ 2013年6月19日

餌(ネズミ)を持って巣に入った雌です。直ぐ給餌することなく、1分位時間を置いてからの給餌になりました。この1分の間に「給餌する順番を決める」のだと思われます。順番を気にしない時は直ぐ給餌をします。

1224blog052sil

▲ 2013年6月19日

今日から(孵化28日め)1番子に給餌することはありません。最初は2番子からはじめました。

1224blog053sil

▲ 2013年6月19日

2番子の次は3番子でした。

1224blog076sil

▲ 2013年6月19日

3番子の次は4番子に、そして最後に5と6番子に給餌した所です。1~4番子は離れて親の行動をじっと見てます。

1224blog08sil

▲ 2013年6月19日

どんな合図があるかわかりませんが、あるていど6番子が食べ終わったら、残りの餌を求めて雌親に群がりました。

■ 孵化28日めにして、1~3番子の綿毛が完全に取れました。1番子は自分で餌を食べれますが、2~6番子はまだ給餌が必要です。 このまま「1番子中心の育雛」で行き、6番子は巣立ちするのは、後2週間は必要かな???

« 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化26日め) | トップページ | 2013年・盛岡のチョウゲンボウ (孵化30日め) »

【野鳥】 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年・盛岡のチョウゲンボウ (孵化28日め):

« 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化26日め) | トップページ | 2013年・盛岡のチョウゲンボウ (孵化30日め) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ