最近のトラックバック

カテゴリー

« 高橋美佐子さんに捧げる野鳥写真 | トップページ | 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化15日め) »

2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化10日め)

チョウゲンボウの雛の羽数が気になっていたので、孵化10日めの区切日に見てきた。(個人的には羽数が多ければ多いほど嬉しい)

1218blog00

▲ 2013年6月1日

「2羽で変わらずか~」と思っていたら・・・、なんか給餌の行動を良く観察すると、産座の中にも雛がいるんじゃないかと・・・。

1218blog01

▲ 2013年6月1日

画像は3羽ですが、産座の中にも餌を持って頭を入れる行動からして、「3羽以上」であることは間違いないと思います。となれば4~6羽の間と言うことが考えられます。孵化15日めなら雛も大きくなるので、正確な羽数がわかるかと・・・ 。

1218blog02

▲ 2013年6月1日

午前9時から午後4時まで7時間観察したが、雄が巣に餌を持ち込んだのは1回だけでした。給餌回数は6回でした。ネズミ4回、スズメ1回、小鳥セキレイSP1回です。内訳は貯食場所から雌が2回運び、雄からの巣で1回、別の場所での受け取り2回、雌が自分でハンティング(スズメ)した餌でした。

孵化10日目での「雌がハンティングに参加する行動」には少々驚きました。育雛中はほとんど雄が責任持って餌運びするのが普通です。

1218blog03

▲ 2013年6月1日

カラスの鳴き声がすれば、すかさず雛を隠します。

1218blog04

▲ 2013年6月1日

雛を産座の中に押し込めて、「カラスを威嚇するため」のスクランブルです。

1218blog05

▲ 2013年6月1日

巣に戻っても、直ぐには産座に座りません。1分ほど様子を伺ってからです。巣に入る「進入ルート」も微妙に変えます。

« 高橋美佐子さんに捧げる野鳥写真 | トップページ | 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化15日め) »

【野鳥】 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化10日め):

« 高橋美佐子さんに捧げる野鳥写真 | トップページ | 2013年盛岡のチョウゲンボウ (孵化15日め) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ