最近のトラックバック

カテゴリー

« 何となく「イヌワシ」が見たいと・・・。 | トップページ | 真冬ながら、岩手沿岸でも見れるミユビシギ »

2014年の「盛岡のチョウゲンボウ」の初認になりました。

今日は「盛岡のチョウゲンボウ」の初認になりました。昨年は1月中旬(15日前後だったと思う)に現れたので、注意深く(通勤ルート上なので)見るよう心がけてました。運転しながらでも、どんな猛禽類でも「わりと目に入り」ま~す。

1292blog00_2

▲ 2014年1月8日 「チョウゲンボウ♂」です。 (盛岡市)

しばらくパーチ(止まって)したままでしたが、近くに(50Mほど)ハシボソガラスがきたら「追い出し行動」をしてました。これから♀が飛来するまで(2月下旬ごろかな)、巣を守るために気が抜けない日々が「盛岡のチョウゲンボウ」にはまってますね。

1292blog01_3

▲ 2013年3月14日 「カラスの襲来に威嚇する盛岡のチョウゲンボウ」です。

「野鳥写真的」にはパッとしませんが、生態観察している私としては(観察派)このような写真が「傑作写真」になります。

1292blog02_2

▲ 2013年3月14日 「チョウゲンボウの番(つがい)」です。

このすき間が「盛岡のチョウゲンボウ」の繁殖率の高さのキーポイントです。よく貯食するのですが、カラスが餌があることがわかって飛来しても、このすき間にカラスは入る事ができません。また「巣立ち雛」が危険を感じた時(中型猛禽のハヤブサ、オオタカが飛来した時)に逃げ込みます。

1292blog03_2

▲ 2013年3月14日 「盛岡のチョウゲンボウの初交尾」

初交尾が気になったので、3月1日過ぎから注意深く見てました。観察派の私は、こんな「生態写真」が好きなんで~す。

1290blog02_2

1290blog03_2 

ブログに「鉄道写真」を貼ってから、訪問者数が3倍に増えた(毎日の平均が200人、野鳥の時は70人前後でした)ので、「チョウゲンボウの記事」にはまったく関係ないですが、できるだけ「野鳥と鉄道」の一石二鳥でいこうかな???

« 何となく「イヌワシ」が見たいと・・・。 | トップページ | 真冬ながら、岩手沿岸でも見れるミユビシギ »

【野鳥】 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の「盛岡のチョウゲンボウ」の初認になりました。:

« 何となく「イヌワシ」が見たいと・・・。 | トップページ | 真冬ながら、岩手沿岸でも見れるミユビシギ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ