最近のトラックバック

カテゴリー

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

「クロガモ」を生態写真として撮って見ました

内陸の河川にはまず入る事がない「クロガモ」なのですが、北三陸に行けば普通に見ることができます。20年位前の話ですが、関東に探鳥にでかけた時に「クロガモ、シノリガモ、コクガンは、石を投げると当る位普通にいますね~」と言ったらびっくりされました。

小さな漁港が沢山ある北三陸では、必ずと言っていいほど「クロガモ、シノリガモ、コクガン」が漁港内に入って餌を捕ってます。と言うことで・・・、10M以内での撮影が出来るのも「北三陸の魅力」ですね~。

1295blog03

1295blog00

1295blog01

1295blog02 

▲ 2014年1月11日 「クロガモ♂」です。 種市海岸(洋野町)

「潜水→餌(貝類が多い)を捕食→移動→ 水面上で餌を強引に飲み込む」がクロガモの捕食行動です。観察派なので、「生態写真」を意識しての撮影になります。と言うか、もう「時間をたっぷり使う芸術写真は撮れない」だよね~。そもそも「野鳥写真」を撮るのも久ぶりでした。

1295blog06

1295blog04_2

1295blog05

▲ 2014年1月11日 「クロガモ♂」です。 種市海岸(洋野町)あえず

今の私は「何も考えず図鑑的な写真」を撮る事しかできないな~。考えるのが面倒くさいと言うか、「見る(観察)だけで満足」する「正統派バードウォッチヤー」に大変身しました~。

希望としては・・・「1年に1種は無理としても、4年に1種は増やしたいな~」と・・・。自宅からの日帰り探鳥では、カモメ類か海鳥を丹念に見て「ライファー」をゲットするしかないですよね~。

真冬ながら、岩手沿岸でも見れるミユビシギ

3連休の初日は通いなれた北三陸沿岸に出かけた。岩手県内で「珍海ガモ・珍カモメ」を期待するなら、北海道に一番近い「久慈市、洋野町」周辺になります。出来れば「アラキン」とか「ゾウゲカモメ」などを見れれば最高なんですが・・・、そう簡単に行くわけないことを承知ですが・・・、冬シーズン10回は出かけたいんですよね~。(アラキンは北海道、青森、宮城の太平洋沿岸で見てるが、まだ岩手で私は見たことがありません)

コクガンのいる種市海岸に到着したら、チョロチョロ動くシギがいたので双眼鏡で見たら「ミユビシギ冬羽」でした。シギチ屋の私としては、「記録写真」を撮影しなければならない使命感みたいなものがあるので、「久しぶりに600ミリ」を取り出しました。最近は「記録写真が撮れればいい」と決めているので、10分もあればお釣りがきま~す。

1293blog01aa

1293blog02aa

1293blog03aa

1293blog04aa

▲ 2014年1月11日  「ミユビシギ」     種市海岸(洋野町)

もっと撮りようがあったかも知れないが、面倒くさいので「パッパと記録写真」を撮っておしまいにしました。個人的には同じ種市海岸で過去に(2006年1月)作品としての「ミユビシギを撮影」してたので、どうでもいいかな~と言う思いでした。他の野鳥写真でも「もう撮りつくした思いが強く」、もっぱら「観察中心」になってます。ライファーの鳥には「まだ情熱がある」ので、野鳥観察のモチベーションになってま~す。

1293blog05aa

1293blog06aa

1293blog07aa

1293blog10aa

▲ 2006年1月 作品としての「ミユビシギ」です。 種市海岸(洋野町)

普通種「ミユビシギ」ですが、行動を観察し、止まる岩礁の前でじっくり待って撮影しました。せわしないミユビシギなので、(一秒も止まっていない)シャッターを切りそこわないように「最初の1枚」に全神経を集中しました。私は露出に神経を使うので連写はしません。オートブラケットで「1秒に3枚の撮影」で~す。(銀塩フィルム時代の癖ですか)

 

2014年の「盛岡のチョウゲンボウ」の初認になりました。

今日は「盛岡のチョウゲンボウ」の初認になりました。昨年は1月中旬(15日前後だったと思う)に現れたので、注意深く(通勤ルート上なので)見るよう心がけてました。運転しながらでも、どんな猛禽類でも「わりと目に入り」ま~す。

1292blog00_2

▲ 2014年1月8日 「チョウゲンボウ♂」です。 (盛岡市)

しばらくパーチ(止まって)したままでしたが、近くに(50Mほど)ハシボソガラスがきたら「追い出し行動」をしてました。これから♀が飛来するまで(2月下旬ごろかな)、巣を守るために気が抜けない日々が「盛岡のチョウゲンボウ」にはまってますね。

1292blog01_3

▲ 2013年3月14日 「カラスの襲来に威嚇する盛岡のチョウゲンボウ」です。

「野鳥写真的」にはパッとしませんが、生態観察している私としては(観察派)このような写真が「傑作写真」になります。

1292blog02_2

▲ 2013年3月14日 「チョウゲンボウの番(つがい)」です。

このすき間が「盛岡のチョウゲンボウ」の繁殖率の高さのキーポイントです。よく貯食するのですが、カラスが餌があることがわかって飛来しても、このすき間にカラスは入る事ができません。また「巣立ち雛」が危険を感じた時(中型猛禽のハヤブサ、オオタカが飛来した時)に逃げ込みます。

1292blog03_2

▲ 2013年3月14日 「盛岡のチョウゲンボウの初交尾」

初交尾が気になったので、3月1日過ぎから注意深く見てました。観察派の私は、こんな「生態写真」が好きなんで~す。

1290blog02_2

1290blog03_2 

ブログに「鉄道写真」を貼ってから、訪問者数が3倍に増えた(毎日の平均が200人、野鳥の時は70人前後でした)ので、「チョウゲンボウの記事」にはまったく関係ないですが、できるだけ「野鳥と鉄道」の一石二鳥でいこうかな???

何となく「イヌワシ」が見たいと・・・。

今朝は朝飯前に「E6こまち」を撮り、朝食後「なんとなくイヌワシが見たい」衝動が・・・。イヌワシの営巣地付近は携帯電話が通じないので、そそくさと段取りをつけて(仕事の打ち合わせをすませ)出かけてきました。

1291blog01

▲ 2014年1月7日 「E6スーパーこまち」号です。

自宅の窓から「朝焼けの按配」を見て、朝食前に出かけてきました。絵コンテ通りの撮影ができたので満足です。鉄道写真は「誰が撮っても同じ」 ですが、1年を通してこの場所では他の「鉄な人」に会うことはなかったですね~。365日毎日でも通えるのだが・・・(自宅から5分以内)飽きがこないように何か考えなければなりません。

1291blog02_2

▲ 2014年1月7日 たぶん「イヌワシの営巣地」(北上高地)

猛禽類の営巣場所は「人に聞かない、教えない」をモットーにしている(親しい鳥友にも聞いた事は一度もないです)私です。この巣は自力で24年前に探し出しました。ただ私は「猛禽屋さん」ではないので、毎年継続して観察する事はないです。

正月が過ぎたので「きっとワシ研の道(足跡)」があるもんと期待して出かけたのですが、ま白な雪原には「ウサギの足跡」しかありませんでした。足跡が無いと言うことは、年末年始は誰も観察に来てない(営巣しないと判断したのでしょう)と言うことです。

自分自身の目で「今シーズンもこの場所でのイヌワシの営巣は無しか~」と判断しました。ら・・・。

1291blog04

1291blog04b

▲ 2014年1月7日 たぶん「イヌワシ」(北上高地) ※下の画像はトリミングしてみました。 

営巣場所から1000M離れて撮影しました。(もっと近くで撮ろうと思えば撮れるのですが、ブラインドを用意してないので止めました)巣材の運び込みも、ディスプレイフライトもなかったので、たぶん「繁殖」はしないでしょうね。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ