最近のトラックバック

カテゴリー

« 年度別ライフリストを楽しむようになったら・・・、「キジバト」でも撮影 | トップページ | 2014年・「盛岡のチョウゲンボウ」抱卵開始 »

「チョウゲンボウ観察」の楽しみは、捕食した小鳥の識別かな?

抱卵前のチョウゲンボウ雄は、せっせせっせと雌に餌を運びます。3月中旬頃までは小鳥が多く、4月になると小鳥と鼠類が半分半分になりますね。5月の育雛期は、小鳥2割、鼠が8割となり、食欲旺盛な雛を巣立ちさせるために、チョウゲンボウ雄は休む暇がありません。

雌はよほどのことがない限りハンティングはしないで、もっぱらカラス対策の「巣の防衛」に専念し、雄が朝から晩まで、「1時間に1回の間隔」で小鳥や鼠類を運び入れますね~。

1334blog05

▲ 2014年4月3日  チョウゲンボウ♂がカワラヒワ♂を捕食

抱卵前はハンティングしたままでの運び入れなので、「小鳥の識別」は楽でいいです。抱卵や育雛期は、ほとんどが「頭を食べ終わってから」の運び入れになるので、「小鳥の識別」は難儀するので、いつもカメラ画像を拡大してますね~。

« 年度別ライフリストを楽しむようになったら・・・、「キジバト」でも撮影 | トップページ | 2014年・「盛岡のチョウゲンボウ」抱卵開始 »

【野鳥】 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チョウゲンボウ観察」の楽しみは、捕食した小鳥の識別かな?:

« 年度別ライフリストを楽しむようになったら・・・、「キジバト」でも撮影 | トップページ | 2014年・「盛岡のチョウゲンボウ」抱卵開始 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ