最近のトラックバック

カテゴリー

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

急にハチクマを撮りたくなって・・・。

雫石にハチクマ撮影ポイントは4ヶ所ほどあるが、一番楽な(車を即席ブラインドにして、歩く必要がない所)場所に出かけて来た。今日も、自宅から200Mの所にクマが出たと防災放送されていたが(実は我が家の裏の畑には毎年クマが1回は来ます)、クマさんが怖いので、ここ2年歩きの場所には行かない事にしてます。

必ず撮れる保証がない「ハチクマ撮影」なので、半分は「昼寝タイム」なのですが・・・、今日は「ハチクマの鳴き声」が目覚ましになりました。(ほとんど鳴かないハチクマなのですが、別の猛禽がテリトリーに入ったのだと・・・。たぶんオオタカか)

1522blog03

1522blog04_3

▲ 2014年5月29日  ハチクマ♀  雫石町

コナラの木にパーチしてくれました。この場所はアカショウビン、サンコウチョウ、アオバト、サシバが止まってくれる所なのですが、ハチクマ以外は距離があるので、米粒ほどの大きさにしかならないから「いつもハチクマ一本」に狙いを定めてのブラインド設置になります。だいたい200M弱はあるのですが、他の鳥を大きく撮りたいと思って近寄れば、「ハチクマの撮影は無理」になるのであきらめてますね。ハチクマは警戒心が強く、ブラインドに身を隠さなければ撮影はできませんね~。

1522blog01

1522blog02_13

▲ ハチクマ♂

ハチクマは他の猛禽類と違って、「体色のバリエーション」が幅広いので、シギチ屋にとっては「面白く、夢中になれる猛禽」ですね。

1522blog06

1522blog07_35

ハチクマは警戒心が強いので、車のバックドアに「迷彩ネット」を下げて撮影してます。警戒距離は200M弱なので、この距離間さえたもっていれば、毎年毎年、「間違いなくハチクマ撮影」はできますね。

最初の出会い(1年目)をきっちり対応すればハチクマに限らず、ほとんどの野鳥はカメラ撮影を許してくれます。大きく撮りたいと「野鳥を追いかけまわす行為」は間違いなく1回きりで終わってしまうと思いま~す。(私は経験がないのでわかりませんが)

森林の中のアオバトを25年連続で撮影できていますし、ハチクマも今年で9年連続の撮影になりますかね~。







0勝22敗3引分けの「アオバト観察」

半径200M以内に「アオバトが繁殖」している事はわかっているのだが、どうしても営巣木を探し出せない時間が25年続いています。6月なると、「ブナ樹林帯は緑一色の海」になるので、5月中に探しだせなければまず無理な話になりますね~。(ブナは芽吹きから1週間で緑一色になります)

1520blog00

▲ 2014年5月20日 「アオバトの♂と♀」

まだ芽吹き前で観察しやすいので、「小枝を咥えて飛ぶ方向」を観察できればしめたもんなんですが・・・。25年続けていますが、5月にアオバトを撮影出来たのは3回だけですね。(0勝22敗3引き分け)

1520blog01

▲ 2014年5月20日 「アオバト♂」

ブナの芽吹きです。あと3日もたてば「ブナの新緑に隠れて」アオバトの営巣場所を探しだすことは不可能になります。

1520blog03_3

▲ 2010年5月18日 「アオバトの♂と♀」

ブナは芽吹いてなく、「アオバト探し」はとても楽でした。

1520blog04_2

▲ 2010年5月22日 「アオバト♂」

4日後ですが、もうこんなにブナは芽吹いてます。

1520blog05_2

▲ 2010年5月28日 「アオバト♂」

10日後ですが、ここまで緑が濃くなれば「アオバト営巣木探し」はまず無理です。

1520blog02_4

▲ 2006年5月31日だったかな? 「アオバト♂」

この年は3月下旬に大雪が降った年で、まだ残雪が残ってました。





今日の矢巾水田は「キアシシギ70±」だけでした。

今日で5日連続の「矢巾水田詣で」になりますが、キアシシギ70±だけでした。ムナグロは抜けた?かな。

■ 2014年5月13日 矢巾水田 16:00~

1 キアシシギ   70±

1514blog03_3

1514blog01_2

1514blog02_8

1514blog06

1514blog07

1514blog08

▲ 2014年5月13日 「キアシシギ」 (矢巾水田)

最近の私の鳥見は、写真10分、観察50分の「60分コース」なので、こんなもんでしょう。とくに「広角レンズでの環境写真」を意識してるので(芸術写真を狙ってるわけではありません。あくまでも記録としての環境写真です)撮影は速攻でパチリと1枚で~す。

1514blog09

1514blog10_2

▲ 2000年5月27日 「キアシシギ」 (種市海岸)

銀塩フィルム(RVP)で撮影しました。当時は「キアシシギ」は海岸に出かけなければ撮れなかったですね。この頃は、たっぷり時間をかけて「芸術写真」を撮ろうとがんばってました。が・・・、今は「年とともに腕が落ちてるのを実感」してるので、もはや「野鳥写真は撮れない」と言うか「野鳥の記録写真」で満足してま~す。私のピークは過ぎました。これが現実で~す。















カラーリングのついた「ムナグロ」発見!

今日で3日連続の「矢巾水田詣で」になります。種類は期待できないが、「ムナグロの大群」が入っているので、つられて珍シギが混ざっていないかとの期待を込めながらの「矢巾水田」になりました。

■ 2014年5月11日 「矢巾水田」 晴れ 12:00~13:00と15:30~

1 キアシシギ     11羽

2 トウネン(夏羽)   1羽

3 ムナグロ (200±と50±が入ってます) 250±

1513blog01

1513blog02

1513blog03

1513blog05

1513blog06

1513blog08_2

▲ 2014年5月11日 「ムナグロ」  (矢巾町)

1513blog21

▲ 2014年5月11日 「ムナグロ」 (矢巾町)

ムナグロの足の部分を「トリミング拡大」してみました。

右足のすねには「赤とオレンジのカラーリング」と「金属」がついてました。

左足のすねには「緑のカラーリングに接着している小物(GPSかな?)」と「金属」がついてました。

双眼鏡でムナグロの数をかぞえていたら、「オレンジのカラーリング」が目に飛び込んできました。ただ、一たん目をはなしたら、「保護色」なので、レンズに入れるのに少々苦労しました。












今日の「矢巾水田」にムナグロの群れ(200±)が入ってました

昨日にひき続き、今日も「矢巾水田」に出かけてきました。シギチは日替わりメニューで、「何が入るかわからない」のが魅力ですもんね~。

■ 2014年5月10日 矢巾水田8岩手県矢巾町) 曇 16:00~

1 キアシシギ     50±

2 ムナグロ     200±

1512blog01

1512blog04_4

1512blog03_3

▲ 2014年5月10日 「ムナグロ」 (矢巾町)

数から言えば、今日がピークでしょうか。撮影場所は「矢巾ライスセンターから500M南の水田」です。まだ水を入れたばかりで、ムナグロが保護色になってるので、注意しなければ「そばにいるのに見えない」かも知れません。

種類は「キアシシギ」と「ムナグロ」だけなのですが、群れなので「数的には満足」できましたね~。後は、「レンガ色のシギチ」が入ってくれれば、文句はありません。(サルハマ、オグロ、オオハシ、エリマキを期待)


 

今日の「矢巾水田」

春のシギチシーズンと言うことで、(今シーズン5回目)出かけてきたが、やっとムナグロとキアシシギを見ることが出来た。数は両手で足りる位の少数だったので、はっきり言って消化不良です。

「矢巾水田」は「岩手医大の新キャンパスと移転埋め立て」で、環境が激減したので、最近はまったく期待できないですね。10年位前だったら、「500±のムナグロ」や「200±のキアシシギ」などなどで、大群のシギチ観察を楽しむことができたのに・・・。

春のシギチで一番の思いでは「エリマキシギの完全な夏羽(2007年5月20日)」を見たことですか~。そうそう、その年は「オグロシギの完全な夏羽5羽の滞在(2007年5月8日)」もありましたね~。

■ 2014年5月9日 「矢巾水田」(岩手県矢巾町) 曇り 15:30~

1 キアシシギ  6羽

2 ムナグロ   3羽

1511blog01

1511blog02_2

1511blog03_8

1511blog04_18

▲ 2014年5月9日 「ムナグロ」3羽でした。 (矢巾水田)

矢巾水田をぐるっと一回りして見たが・・・、「ムナグロ3羽」に笑ってしまいました。はっきり言って内陸部の淡水系シギチは「盛岡近郊の水田」を嫌ってるんでしょうね。

まったく個人的な思いですが、関東に立ち寄るシギチは「200キロ単位の移動で北上するかな?」と思っていたのですが・・・・。(関東周辺→仙台周辺→盛岡周辺→三沢周辺→北海道)

もう盛岡近郊はパスされたかな???

1511blog05_2

▲ 2014年5月9日 「キアシシギ」6羽でした。 (矢巾町)

例年なら、「連休明け1カ月は、寄り道して、朝・夕の通勤ルート」にしてたんですが・・・。この数なので、「あと1週間で終わりにしようか」となりますね~。モチベーションが上がりません。




GWは「盛岡のチョウゲンボウ」を集中観察

例年GWは「飛島探鳥」だったが、2011年から「家庭の事情」で離島には行くことが出来なくなりました。(緊急の用事があっても直ぐ自宅に帰れないので)と言うことで、「SL銀河の鉄道写真」かと思ったが、なぜか「盛岡のチョウゲンボウの集中観察」がしたくなり、5月4日を除いて、「毎日チョウゲンボウ詣で」をしてました。

孵化目前で「チョウゲンボウ♂成鳥」が忽然と不明になり、「チョウゲンボウ♀成鳥」はどんな行動をするのか、とても興味がわいてきたので、「鉄道写真なんか撮ってられね~」と、本来の「鳥屋さん」に復帰です。

俗に言う「野鳥写真」は腕が落ちる一方なので、「野鳥の記録写真専門」に大変身をしました。もともと「一に観察、二に観察、三、四がなくて五に観察」が私のスタートなので、「初心に戻った」と言うことですね。

げっぷがでる位「チョウゲンボウの写真」を貼り付けてますが、今日はあまり見ることがないような写真をピックアップしてみます。

1509blog01

▲ 2014年5月6日 「チョウゲンボウ♀成鳥」 (盛岡市)

抱卵がはじまると雌の腹の毛が抜けて皮膚が見えるようになります。俗にいう「抱卵班(ほうらんはん)」です。

抱卵班を直接「卵」に触れることにより、熱が「卵」に伝えやすくなるそうですね。

今日は午後から強風だったので、風で尾羽がもちあがったので、「抱卵班」を見ることができました。双眼鏡で見ることはあったのですが、一瞬なので撮影ができなかったのですが、「強風のおかげ」で撮影する事ができました。

1509blog02

▲ 2014年5月6日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

最初(5月1日の交尾)に見た時は、「雌どうし、ありえね~話だ!!」と思いましたが、デジタルカメラのおかげで「画像を拡大」して納得しました。

私のチョウゲンボウの雌雄識別は、1に尾羽、2に頭部、3に肩、翼上面、4に腹の順序で見ていきますが、一番最初にに目がいくのは「尾羽」です。

この画像を見るまでは「チョウゲンボウの亜成鳥(満2歳以上で成鳥未満)」が交尾するなんて、考えもおよびませんでした。

1509blog04

▲ 2014年5月6日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

雌は抱卵中なのに♂若は「いきなり交尾」するので、雌は「卵を守る」為に必死です。

1509blog03_2

▲ 2014年5月6日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

一瞬「普通の交尾」に見えますが、「抱卵中に巣の中で交尾する事」事態が異常です。2011年~2013年の3シーズンで「巣の中での交尾」は2回だけでした。(3月中旬の抱卵前の巣探しの時期)

「育雛中は交尾する」事も何度かみましたが、「抱卵中」は交尾する事は最初の5日位です(巣の中ではなく外です)が、多くても1、2回なので、「抱卵中はほとんど交尾は見ない」です。が・・・・

♂若は「爆発的に交尾」を続けてます。

5月1日 9:00~15:00 交尾 1回  求愛給餌 ネズミ 4匹

5月2日 9:00~15:00 交尾 4回  求愛給餌 ネズミ 6匹

5月3日 9:00~15:00 交尾 6回  求愛給餌 ネズミ 7匹

5月5日 9:00~15:00 交尾 7回  求愛給餌 ネズミ 3匹

5月6日 9:00-15:00 交尾 3回  求愛給餌 ネズミ 1匹 スズメ2羽

1508blog01

1508blog02_4

1508blog03_2

1508blog04_6

1508blog05_2

1508blog06_4

1508blog07_5

1508blog08_20

1508blog09_13

▲ 2014年5月3日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

雌は「転卵」をしている時に、♂若が「いきなり背中に乗り交尾」をするのですが、雌は卵を守る本能が優先しする見たいですね。♂成鳥の時の交尾時間は5~10秒なのに、♂若は2~4秒ととても短いです。









 




2014年の「盛岡のチョウゲンボウ」はややこしい事になってます

2014年の「盛岡のチョウゲンボウ」は、孵化目前で「成鳥♂」が姿を見せなくなりました。(2014年4月28日AM9:30分以降)落鳥したとしか考えられませんが、何があったのでしょうね。営巣場所近くには「河川敷の橋脚にハヤブサの営巣」もありますが・・・、後は「新幹線への衝突」もあるのか?。いずれにしても、自分の目で見たわけではないので、「真実」はわかりません。

5月1日の10時過ぎから「第2回夏羽のチョウゲンボウ♂」が現れ、餌を抱卵中の♀に渡そうとするのですが、午前中は「拒否」されてました。午後は1回だけ♀が外で餌を受け取り、食べてました。

「交尾」は・・・、抱卵中の♀にいきなり飛び乗り「交尾」をするのですが、1日は3回、今日は4回でしたが、(すべて巣の中です)成功しているかどうかはわかりません。♀は抱卵中の卵を守る為か、背中に乗られても厳しく抵抗する事はありませんでした。

1507blog01

1507blog02

1507blog03

1507blog04

1507blog05

1507blog06

▲ 2014年5月2日 「チョウゲンボウ♀と♂(第2回)」 盛岡市

抱卵中の♀の背後から、いきなり背中に乗り「交尾」をはじめました。過去の観察」例では「交尾の主導権は全部♀」だったので、(あまい声で合図したり、尾羽や腰を上げる為に電線や電柱や細い壁などの交尾がしやすい場所を♀が決めてた)、巣の中の平面では「完全な交尾は出来ない」と推測されます。(交尾時間が短いから)

♀は抱卵中の卵を守る体勢を維持してましたね~。交尾後は「転卵」して卵の状態を確認してました。

1507blog10

1507blog11

▲ 2014年5月2日 「チョウゲンボウ♀Adと♂2(第2回)」 盛岡市

午前中の9:00~10:00の1時間の間に5回ネズミを運んできました。1回は♀が受け取り外で食べ、もう1回は♀がネズミを受け取り「貯食場所」に運び(♂も後をついていき貯食場所を確認してました)ました。

3回は「ネズミの受け取りを拒否」し、♂が貯食場所に運んでましたね~。

餌を食べ終わると、「必ず♂が交尾しに来る事を♀は知ってる」ので、「拒否」したのだと思います。

※ 「チョウゲンボウ♂は第2回で繁殖行動が出来る」事に、すこしばかりおどろきました。4年かかって「成鳥」になるのかと思っていたもんで。

1507blog12

▲ 2014年5月2日 「チョウゲンボウ♀」です。

1507blog13

▲ 2014年5月2日 「チョウゲンボウ♂第2回羽」です。

頭部で識別するしかありません。頭が見えない時に「♀」と思ってしまいました。最初、巣の中での交尾を見た時に「頭部が見えなかった」ので、口があんぐり状態で言葉が出てきませんでした。

「そんなバカな!ぜったいありえね~!」と。

「頭部」を見て、ひと安心しました~」(笑)

























抱卵29日めの「盛岡のチョウゲンボウ」に大事件発生!!

昨日は霧雨だったので、チョウゲンボウの観察は朝、夕の短時間に収めたが、今日は「抱卵29日め」なので、「そろそろ孵化するのではないか」と期待しての朝からブラインド入りをしました。

ただ、4月28日の観察では、朝一番にチョウゲンボウの♂を見たきり、その後は♂の姿を見る事はなく・・・、♀もカラス対策に20回近くも巣を飛び出しては戻って抱卵してた(過去の観察例では一日多くても10回以下)ので、「♀はいつになく神経質になってるな~」と思ってました。

1506blog08

▲ 2014年4月28日 「チョウゲンボウ♂」 (盛岡市)

午前9時過ぎに見て以来、「チョウゲンボウ♂」を見てません。一番大切な孵化寸前の頃は「2時間に1回は必ず餌を♀に運び入れてた」のに・・・。「おかしいな~」と思いながらも28日の観察は終了しました。

1506blog01

▲ 2014年5月1日 「チョウゲンボウ♀」 (盛岡市)

朝一番のブラインド入りでは、♀はいつものように産座に座っての抱卵中でした。1時間近くまちましたが、一度も給餌する行動はなかったですね。

1506blog03

1506blog04_24

1506blog07_27

▲ 2014年5月1日 「チョウゲンボウ♀」 (盛岡市)

一瞬の出来事でした。撮影してて、自分の目を疑いましたね~。「なぜ?」「なんで♂が餌を持ってこないんだ???」「チョウゲンボウにヘルパー制度があるの???」

抱卵してた♀が外に飛び出し、もう1羽の♀?も巣に残って抱卵するわけでもなく、直ぐ巣の外の飛び出しましたね~。

頭の中は「ぐるぐる混乱するばかり」でした。

1506blog02

▲ 2014年5月1日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

下の♀が尾羽を上にあげているので、「交尾は成功」です。(♀が交尾を拒否する時は、尾羽を上にあげる事はないです)

「これは何かの間違いだ!」「絶対ありえない話だ!」と強く思いました。

いくら時間がかかっても「真実を追及しよう」と決心しました。

1506blog05

1506blog06

▲ 2014年5月1日 「チョウゲンボウの交尾」 (盛岡市)

今日は巣の中で、「交尾が3回」行われました。(盛岡のチョウゲンボウを4シーズン連続で観察してますが、過去に2011年3月の抱卵前に1回だけ巣のなかで交尾しましたが、それ以降「巣の中での交尾は見たことがありません)

短時間の間に交尾を何回も(多い時で4回)するのは、卵を産む前日か当日でした。(私の個人的な観察記録です)

コアなバードウォッチヤーの皆さんはもうおわかりですね。この画像で答えがでましたね。私も納得です。

※ 今抱卵している卵は、4月28日午前9時に見たチョウゲンボウ♂のです。





« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ