最近のトラックバック

カテゴリー

« GWは「盛岡のチョウゲンボウ」を集中観察 | トップページ | 今日の「矢巾水田」にムナグロの群れ(200±)が入ってました »

今日の「矢巾水田」

春のシギチシーズンと言うことで、(今シーズン5回目)出かけてきたが、やっとムナグロとキアシシギを見ることが出来た。数は両手で足りる位の少数だったので、はっきり言って消化不良です。

「矢巾水田」は「岩手医大の新キャンパスと移転埋め立て」で、環境が激減したので、最近はまったく期待できないですね。10年位前だったら、「500±のムナグロ」や「200±のキアシシギ」などなどで、大群のシギチ観察を楽しむことができたのに・・・。

春のシギチで一番の思いでは「エリマキシギの完全な夏羽(2007年5月20日)」を見たことですか~。そうそう、その年は「オグロシギの完全な夏羽5羽の滞在(2007年5月8日)」もありましたね~。

■ 2014年5月9日 「矢巾水田」(岩手県矢巾町) 曇り 15:30~

1 キアシシギ  6羽

2 ムナグロ   3羽

1511blog01

1511blog02_2

1511blog03_8

1511blog04_18

▲ 2014年5月9日 「ムナグロ」3羽でした。 (矢巾水田)

矢巾水田をぐるっと一回りして見たが・・・、「ムナグロ3羽」に笑ってしまいました。はっきり言って内陸部の淡水系シギチは「盛岡近郊の水田」を嫌ってるんでしょうね。

まったく個人的な思いですが、関東に立ち寄るシギチは「200キロ単位の移動で北上するかな?」と思っていたのですが・・・・。(関東周辺→仙台周辺→盛岡周辺→三沢周辺→北海道)

もう盛岡近郊はパスされたかな???

1511blog05_2

▲ 2014年5月9日 「キアシシギ」6羽でした。 (矢巾町)

例年なら、「連休明け1カ月は、寄り道して、朝・夕の通勤ルート」にしてたんですが・・・。この数なので、「あと1週間で終わりにしようか」となりますね~。モチベーションが上がりません。




« GWは「盛岡のチョウゲンボウ」を集中観察 | トップページ | 今日の「矢巾水田」にムナグロの群れ(200±)が入ってました »

【野鳥】 ムナグロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「矢巾水田」:

« GWは「盛岡のチョウゲンボウ」を集中観察 | トップページ | 今日の「矢巾水田」にムナグロの群れ(200±)が入ってました »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ