最近のトラックバック

カテゴリー

« 未来に残したい「森のアオバト」 | トップページ | 矢巾水田で見たムナグロに装着してたのは「ジオロケーター」だった。 »

7月のブナ林でアオバト観察

「一に観察、二に観察、三、四がなくて五に観察」が私の野鳥観察のスタイルなので、じっとブナ林内でブラインドに入って「アオバトを待つ事」はさほど苦にはなりません。が・・・、今年は「熊さんの当たり年」なので言い気分はしませんね~。

でも・・・、やっぱ「アオバトの魅力」には勝てないので、(今シーズン10回目かな)出かけてきました。多い年で80回、少ない年で20回ほどですから、「アオバト狂い」もここまでくれば「日本で一番アオバトを見てる男」と大ボラを吹いても許してもらえるでしょう。(笑)

1534blog01

1534blog02

1534blog04

1534blog05

1534blog06

私の撮影スタイルとして、「でっかく撮る事は好みでない」ので、距離間を持って(50Mは離れてます)「ほどよい間(ま)」が好きなんです。羽模様をじっくり見たい時は「60倍のプロミナ(望遠鏡)」でじっくり、はっきり見る事にしてますは。

「望遠レンズは忘れても、双眼鏡は忘れるな!」が初心者の頃から心がけている事なので、「見れるだけで嬉しい」で~す。














« 未来に残したい「森のアオバト」 | トップページ | 矢巾水田で見たムナグロに装着してたのは「ジオロケーター」だった。 »

【野鳥】 アオバト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月のブナ林でアオバト観察:

« 未来に残したい「森のアオバト」 | トップページ | 矢巾水田で見たムナグロに装着してたのは「ジオロケーター」だった。 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ