最近のトラックバック

カテゴリー

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

「種市海岸でのキョウジョシギ」の今昔・・・。

本当に久ぶりに、正しくは14年ぶりに「種市海岸でキョウジョシギ」を撮って見た。昔の写真と今の写真を比べてみれば、一目瞭然で「腕が落ちてる」のがわかるので、笑って見てやって下さいませ。

1636blog00

▲ 2001年5月19日 「キョウジョシギ」(種市海岸/岩手県)

キャノンEOS-1hs  600f4 フジフィルム・プロビアRDPⅢ

当時はでっかく撮るのは嫌いで、「小さく、小さく撮ることを良し」と心がけてました。順光で、シャープで、でっかく撮るのが支持されてた時代に、私はあまのじゃくだったのでしょう。

今は「環境を入れて撮るのが支持されてる」のですが、逆に「何も考えずでっかく撮ってる自分」がいま~す。

1636blog10

1636blog12

1636blog13_2

1636blog14_3

1636blog16_2

1636blog17_2

▲ 2015年5月17日 「キョウジョシギ」(種市海岸/岩手県)

何も考えず、ただ本能ででっかく撮っただけの写真です。キョウジョシギは100羽はいたので、瞬時に絵コンテを頭に描いて、「芸術写真を撮れる状況」なのに、それをしないのですから、「野鳥写真家」とは言えないですね。ただの「写真好きなおじさん」と言うことで~す。

1636blog01

1636blog03

1636blog02_2

1636blog04_3

1636blog05_2

▲ 2015年5月17日 「キョウジョシギ」(種市海岸/岩手県)

コクガンが越冬する「種市海岸の砂浜」にも、キョウジョシギが入っていたので撮ってみました。あまりにも「普通の構図の写真」で恥ずかしいですが、もう腕が落ちる一方なので怖いもの無ですは。(笑)

1636blog06

1636blog07_2

1636blog08_2

▲ 2015年5月17日 「キョウジョシギ」(種市海岸/岩手県)

2011年3月11日の震災後から、種市海岸の様子が少し変わりました。以前は「赤い丸い石や緑の丸い石」は見る事がなかったのですが、大津波の影響か、海底から「宝石みたいな石」が沢山運ばれてきました。中途半端な大きさの石は見事に消えてなくなりました~。

個人的には砂浜や岩礁よりも、「今の宝石ごろごろの種市海岸」の方が好きですね~。野鳥写真の腕は落ちる一方ですが、宝石が私の腕をカバーしてくれま~す。

ぺっこ(少し)だけ、「野鳥写真」を撮って見る気分になりました~。

じぇじぇじぇ~! 亜麻色の~♪ オオメダイチドリだ~!!

まったくの個人的な観察記録ですが・・・、岩手県内で初めて「オオメダイチドリ(夏羽)」を見る事ができた~。過去に三番瀬(千葉県)で冬羽を見た事があるが(2001年8月19日)、100M先の冬羽の個体だったので、ライファーだったが興奮する事はなかったな~。

今回は勝手知ったる「種市海岸」ですが・・・。

津波防潮堤があるので海岸砂浜に車が入る事はないが、一般市民が海草取りに砂浜を歩き、よく野鳥を飛ばしてしまいます。が・・・、満潮だった為に、海草採りの人が現れず、「誰もいない海」が幸いしましたね~。

私の「野鳥撮影」は、野鳥の動きをよく観察して、ここぞとポイントを決めたら動かず、野鳥が近寄ってくれるのを待つのを良しとしてま~す。

1635blog01

1635blog02

▲ 2015年5月17日 「オオメダイチドリ(夏羽)」 種市海岸(岩手県洋野町)

オオメダイが近寄ってくれるかと期待したのですが・・・、警戒心の強いキアシシギが飛んできて、冷や汗をかきました。ほんとキアシシギって警戒音を出したり、群れで飛び去ったりと・・・、(他のシギもつられて飛び去る)迷惑千万で~す。

日曜日なにの誰もいない種市海岸って、「運がいい」としか言いようがありません。

1635blog03

1635blog04_2

キアシシギを追い越して、私の方に近寄ってくれました。ラッキーとしか言いようがありません。

キアシシギの足は綺麗な黄色ですが、オオメダイの足は淡い緑色って感じでしたね~。頭部の亜麻色は、メダイの濃いオレンジと違い、綺麗と言うか上品な感じですよね~。

1635blog05_2

1635blog06_2

1635blog08_2

1635blog09_2

砂浜に座りこんで撮影してましたが、警戒心が薄いのか10M前後まで近寄ってくれました~。

芸術的な野鳥写真は撮れないと開き直っているので(腕が落ちる一方で~す)記録写真として、何も考えず「出たとこ勝負」で何も考えずでっかく撮るだけですか~。だから、よほどの事がない限り600ミリでの撮影はしません。ただ・・・、オオメダイなら、少々重い思いをしても撮影してしまいました~。

1635blog10

1635blog16

亜麻色の頭部はどうしても撮影したかったで~す。それと~、動きのある画像も1枚は撮っておきたかった。よかった、よかった。

1635blog11

1635blog12_2

1635blog14

1635blog15_2

内陸に住んでる私としては、そうそう海岸に出かけられないので、運がいいとしか言いようがないです。オオメダイは「0泊2時間」で抜けてしまいました~。(飛び去りました)

家の中にいては野鳥は見れないので、基本に忠実に「フィールドの出る」ことを続ければ、いい事がありますね~。だからバードウォッチングが止められないのかも知れません。「一に観察、二に観察、三、四がなくて五に観察」ですか~。「野鳥写真はどうでもいい」と思ってま~す。(芸術写真が撮れないいいわけ)

緑フラッグ付き「トウネン」を観察

2週続けてのシギチ観察を・・・、今度は秋田県の船越海岸に出かけて来た。ここ数年は「盛岡のチョウゲンボウ観察(今年は営巣しなかった)」にあけくれていたので、何処にも出かけられなかった事情もあるが・・・、ほんと久しぶりの「県外シギチ探鳥」になりました~。

どう言うわけか「フラッグ付きのシギチ」に出会うので、自分でもなんか不思議ですね~。

1634blog12

▲ 2015年5月23日  船越海岸(秋田県男鹿市)

手前流木のところに「トウネンの小群」がいました。双眼鏡の観察だけで終わりにしょうと思っていたが、「緑フラッグ付きトウネン」がいたので、今回も重い600ミリを取り出すはめに・・・。つい1週間前に「種市海岸でのフラッグ付きキョウジョシギ」を撮影したので、2週連続での観察になりました~。

1634blog13

1634blog11

▲ 2015年5月23日 船越海岸(秋田県男鹿市)

この中に「緑フラッグ付きトウネン」が混ざってました。

1634blog04

1634blog05_2

1634blog06_3

1634blog07_2

1634blog08_2

1634blog09_2

1634blog10_2

▲ 2015年5月23日 トウネン 船越海岸(男鹿市)

右脚の関節下に緑フラッグ、関節上に黒フラッグ。

左脚にメタルの足環。

山階鳥類研究所のHPで見れば「タイ内湾」での放鳥みたいです。デジタル画像なので、メタルの足環を大きく拡大すれば、「数字とローマ字」がわかるのだが・・・、なんか面倒くさいので、その気になった時に「鳥研にデータを報告」いたしましょうかね~。(私は会員でないので、HPから直接報告できないのでめんどうくさい)

個人的には「放鳥場所」がわかったので良しとするか~。でも・・・、BWの務めだから「ご報告」いたしましょう。

海岸のシギチが見たくなって・・・「種市海岸」に。

秋田に行こうか、宮城に行こうか迷ったが・・・、結局岩手県内にする事にした。たとへ「シギチが空振り」でも「鉄道写真」が撮れるのが嬉しいので、久しぶりに「種市海岸(洋野町)」にシギチ観察に出かけて来た。

いつものように、双眼鏡とブロミナでの観察ですませようとしたのだが・・・・、「青いフラック付きのキョウジョシギ」が目に飛び込んで来たので、車に戻り、重い600ミリを出すはめになりましたね~。

1633blog05

1633blog06

1633blog07

▲ 2015年5月17日 「キョウジョシギ」(種市海岸・洋野町)

左足に青いフラック(№131番)と右足にメタルが付いてました。仕事が忙しいので、鳥研には落ち着いてからの報告とします。(フラック付きのシギチを観察したら、データを報告するのがBWの務めで~す)

この日は、午後からキョウジョシギがあれよあれよと増えました。ちょうど渡りの移動中だったと思います。午前中は30羽ほどでしたが、午後は100羽ほどの群れになってました。

後は、「キアシシギが30羽」、「トウネン10羽」、「コチドリ4羽」、「メダイチドリ4羽」でした。そそう「コクガン2羽」もいましたね~。

1633blog01

1633blog02

1633blog03

▲ 2015年5月17日

日曜日だったので、「団体列車」と「急行列車」が八戸線を走ってました。

今日は「シギチ観察がメインで鉄道はおまけ」でした~。

ブナの森にブラインド設置に・・・。

野鳥写真はどうでもいいのだが、やっぱ「ハチクマ」や「アオバト」をじっくり観察するにはブラインドが必要なので、ブナの森にブラインド設置に出かけて来た。よくも飽きずに30年弱も続けているもんだと、自分自身でも関心してま~す。

1632blog01

1632blog02

1632blog03

目当ての「ハチクマ」も「アオバト」もまだ飛来しておりませんでした。過去25年の観察記録では、5月18日の飛来が一番早かったですね。(夏タカのサシバは4月上旬に飛来してました。御所湖でミサゴも見てます)

1632blog06_2

1632blog05

1632blog04_3

1632blog07_2

1632blog08_2

1632blog09_2

▲ 2015年5月11日

早朝は(午前4時30分頃)はガスがかかってました。こう言う時は「すかっと青空」になるので、「ハチクマ」「アオバト」を期待したのですが、まだ早かったですね。ブナの青葉は、「過去10年で一番の早さ」で色ずいてました。野鳥観察には難儀しますね~。

山桜の満開も期待したのですが、「すでに葉桜」になってました~。

今日も「矢巾水田のムナグロ観察」に出かけてきた。

内陸の矢巾水田も環境が大きく変わり(岩手医科大学の移転工事など)、昔ほどシギチの種類は見る事が出来ないが・・・、2007年5月21日に矢巾水田で見た「エリマキシギ夏羽」が忘れられず、通ってしまいます。

ムナグロしか見れないのがわかっていても、フィールドに出て行きます。(出なければ新たな出会いは無い)

1613blog01

▲ 2015年5月9日 ムナグロ(矢巾水田)

芸術写真は撮れないのをわかっているので、記録写真として「何も考えずパチリと1枚」です。

野鳥写真は大きく撮る事は、とても簡単な事です。よく観察し、移動方向を予測して、ただ待ってればムナグロの方から近寄ってくれます。小鳥とちがって、シギチの仲間はどれも「警戒心が薄い個体」が多いですね~。野鳥撮影では、一番位に簡単かも知れません。

もう、あれこれ考えて撮るのが苦痛なので、これからは「記録写真としてでっかく撮る」写真ばかりでしょうか。あまり600ミリを出す事もありませんが・・・。(レンズが重くて嫌になってきました)

矢巾水田に「ムナグロ200羽ご到着」で~す

連休も終わり、毎年の事だが「春のシギチ」に気になっていたので、「矢巾水田」に出かけて来た。昨年は5月10日ムナグロ200±が飛来したが・・・。今年も按配を見に出かけたら・・・・。

1630blog01

▲ 2015年5月8日  ムナグロ(矢巾水田)

ムナグロ1羽を確認した。

ぜったい「矢巾水田エリア」の何処かに群れが入ってると確信がもてたので、ムナグロの群れを探しだすことにした。

1630blog02

▲ 2015年5月8日 ムナグロ(矢巾水田)

直ぐ近くの水が入った水田に50+のムナグロの群れがいた。

1630blog03_2

▲ 2015年5月8日 ムナグロ(矢巾水田)

代掻き中の水田に200±のムナグロの群れが入っていた。バックは「こずかた高校」です。

野鳥情報は鮮度が一番ですよね。ムナグロに興味がある方は「矢巾水田」に出かけてくださ~い。「矢巾ライスセンター」付近の水田に入ってる事が多いですね。

1630blog04

1630blog05_2

1630blog06_2

1630blog07_2

1630blog08_2

1630blog09_2

1630blog10_2

▲ 2015年5月8日 ムナグロ(矢巾水田)

「野鳥写真」の撮り方を忘れていたが、ほんとに久ぶりに600ミリを取り出して撮影してみた。

いつも同じような構図で、どう撮っていいか判らないで~す。年々腕が落ちる一方なので・・・、原因は直ぐ諦める(ちゃちゃと撮って終わりにする)からでしょうね。

ムナグロはカウンター片手に、双眼鏡でしっかり数をかぞえる方が楽しいですね。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ