最近のトラックバック

カテゴリー

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

五十嵐敏明さんに捧ぐ

2015年7月1日深夜に、「五十嵐敏明さんの訃報」のメールがあり、かなり動揺した。私の「パソコンのお師匠さん」であり、鳥友であり、私の野鳥写真のファンでもあったイガさんが天に召されました。私より若いだけに、とても辛いものがあります。

仙台から東京に転勤したので、フィールドで合うのは「伊豆沼」か、「5月連休の飛島」だけだったが、盛岡のフィールドや、私のパソコン指導だけに仙台から来てくれた事を昨日のように思いだします。正直言って、イガさんとの出会いがなければ、「ホームページ」や「パソコン」は無縁の生活だったと思います。

4日の夜、「イガさんと歩いたオオマシコ街道」に出かけてきました。

「魂はホタルになって天の登る」と・・・・。

1645blog11

1645blog12

1645blog13

▲ 2015年7月4日 オオマシコ街道(盛岡市)

生まれて初めて「ホタルの写真」を撮ってみました。カメラのシャッターを5分位開けての撮影なので、(画像では環境が見えますが、実際は真っ暗です)その間、イガさんの事を思いだし、合掌してました。

1645blog01

▲ 1999年11月7日 「コキアシシギ」 蕪栗沼(宮城県)

珍鳥情報は突然やってきます。イガさんから「蕪栗沼にコキアシシギが入ってます」との連絡が6日の夜にあった。当時はまだ携帯電話が普及してなくて、20時以降の電話は、ほとんどが「野鳥情報の電話」でした。

1645blog02_2

1645blog03_2

▲ 1999年12月29日 「オオマシコ♂」 盛岡市

イガさんと並んで一緒に撮影したオオマシコです。当時のオオマシコは珍鳥ではないが、BWには人気の「赤い鳥」でした。

「珍鳥情報には珍鳥情報で返す」が私のモットーなので、珍鳥でなかったので、少しばかり心苦しかったのですが・・・、「オオマシコを見に盛岡に来ませんか?」と強引に誘い、同行して撮影しました。

1645blog04

1645blog05_2

1645blog06_2

▲ 2005年5月5日 「セヅロサバクヒタキ」  飛島(山形県)

イガさんから携帯に「今、フェリーの中だけど、海岸にセグロサバクヒタキが出たらしい。携帯は二の畑ピークでしか繋がらないから、○○さんが電波の通じるピークに走って来て、電話をもらったとの事」だった。

私も、この機会を逃したら、海外に出かけなければ「セグロサバクヒタキは見れない」と思い、走って海岸に急行しました。

1645blog07

1645blog08_2

▲ 2008年10月23日 「ハクガン」 伊豆沼(宮城県)

「昔珍鳥、今は普通種のハクガン」ですが、イガさんから電話をもらって伊豆沼にハクガンを見に出かけました。よく「ガンのグランドスラム」とか言って(マガン、ヒシクイ、カリガネ、シジュカラガン)、一日の観察中に4種見れれば「グランドスラム達成」とか言っていたので、「ハクガン」は、少し珍鳥あつかいだったかも知れません。

五十嵐敏明さんのご冥福を祈ります。 

合掌

出張のついでに「羽黒山神社に寄り道」

羽黒山神社近くに出張があったので、真っ直ぐ帰ってくるのも芸がないから「五重塔」と「石畳参道」を歩いて来た。「羽黒山神社」と言えば、アカショウビンの観察ポイントだが、今の自分は、600ミリを持って「石畳参道を登る体力(90分の登り)」はありません。双眼鏡とコンパクトデジカメひとつで十分満足ですね~。

2000年代初めの頃は、「アカショウビン目当てで羽黒山神社」を歩いても、「野鳥カメラマン」に出会う事はなかったが・・・、2010年代からは「アカショウビンカメラマン」を見かけるようになり、自然と足が遠のきました。(野鳥の話をしても、話があわなく、ホトトギスの声もわからない、小鳥もわからない、興味があるのはアカショウビンとカワセミだけ(カワセミ系)と言う人たちです。

1644blog01

1644blog02_2

1644blog03_2

1644blog06_2

1644blog05_2

1644blog07

Img_2877sil4_5

▲ 2015年6月30日 羽黒山神社(山形県)

今までだったら、「五重塔」とか「石畳参道」は撮る事がなかったが・・・、今は双眼鏡とコンパクトデジカメしか持ち歩かないので、「野鳥(アカショウビン)」は撮る事がありません。アカショウビンじたい、「キョロロロロ~♪」の声は聞いても、姿を見ることが中々出来ない、手ごわい野鳥ではある事は確かです。

マイフィールドでも、「アオバト」や「ハチクマ」を観察時に、しょちゅうアカショビンの声を聞いているのですが、姿は「矢のように飛び去る個体」しか見ることはできないです。

1644blog10

1644blog09_2

▲ 「アカショウビン」  十二湖(青森県)で撮影

アカショウビンはこんな鳥です。

私は熱くなる事はないのですが、昔、「奥胎内(新潟県)」でアカショウビンが見れるというので出かけたのですが、200人位のカメラマンが右往左往している姿を見て、30分もいないで、「羽黒山神社」に場所かえしたのを思いだしました。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ