最近のトラックバック

カテゴリー

« 五十嵐敏明さんに捧ぐ | トップページ | 「エリマキシギ御一行さま」見前水田にご到着(2015年8月28日) »

2015年 秋のシギチが気になって・・・「見前水田」に

ほんとうに久ぶりに、秋のシギチが気になって「見前水田(盛岡市)」に出かけて来た。例年、8月30~9月5日頃に「シギチのピーク」が来るので、まずはシギチの按配を確認したと言うことです。

個人的に、秋のシギチ観察は「エリマキシギを見れるまで毎日水田をのぞく」のが20年弱の日課になってま~す。

1646blog01

▲ 2015年8月25日 「見前水田(盛岡市)」

盛岡周辺のシギチ好きでしたら、「見前水田」と言えば直ぐわかると思いますが・・・、一度も来たことがなく、場所がはっきりわからないと言う人の為に、観察ポイントの場所を説明します。

盛岡南高校と新幹線高架橋(東北本線の貨物ターミナルがある)の間にある「水張休耕田」の中にシギチが入ります。農道は幅6Mのアスファルト舗装になってるので、水張り水田側に縦列駐車して、「車内からの観察」がベストですね。

シギチ観察の車が止まっていても、遠慮なく縦列駐車してシギチ観察をして下さい。遠慮はいりません。

8月25日は、シギチは観察できませんでした。

カルガモ20±とバン3羽だけでした。

1646blog02

▲ 1998年9月7日 エリマキシギ 「見前水田(盛岡市)」 銀塩(フジRDPⅡ)

今は「普通種エリマキシギ」ですが、1998年当時は、盛岡では「珍鳥エリマキシギ」でしたね~。凄く興奮して撮影したのを今でも覚えてます。(この写真のエリマキシギが私のライファーです)

まだ携帯電話の無い時代だったので、公衆電話に行き、鳥友のOさんに電話しました。午後から休みを取って「エリマキをゲット!」したので、二人で祝杯をあげました。

1646blog03_2

▲ 1999年9月5日 エリマキシギ 「見前水田(盛岡市)」 銀塩(フジRDPⅡ)

1999年は4羽で飛来してくれました。

1646blog04_2

▲ 2000年9月    エリマキシギ 「見前水田(盛岡市)」 銀塩(フジRDPⅡ)

2000年は6羽で飛来してくれました。

1646blog05_2

▲ 2001年9月   エリマキシギ 「見前水田(盛岡市) 銀塩(フジRDPⅡ)

2001年、この年は警戒心が薄く、直ぐ近くまで寄ってくれましたね~。

1646blog06

▲ 2002年9月   エリマキシギ 「見前水田(盛岡市) 銀塩(フジRDPⅡ)

2002年は、水の無い所が好きみたいで、乾いた水田に入りました。この年で5年連続の「エリマキシギ」の観察になりました。その後2014年までは、エリマキシギは連続観察してます。今年も(2015年)観察のタイミングが合うことを願ってま~~~~す。

« 五十嵐敏明さんに捧ぐ | トップページ | 「エリマキシギ御一行さま」見前水田にご到着(2015年8月28日) »

【野鳥】 エリマキシギ」カテゴリの記事

コメント

yotsuya さん、今晩は。ご沙汰しております。bori です。

ハー、エリマキシギが集団で来ていた時代もあったんですね。参考になります。

さて、今年のシギチはどうなるでしょうか。楽しみです。
私も23日に見前水田に行ってみましたが、シギチは皆無でした。

ところで今年は、来週あたり休暇を取り、三沢、小川原湖あたりまで足を伸ばしてシギチを見てきたいと考えています。

三沢、小川原湖付近でシギチの観察ポイント、差し支えなければ教えていただけませんでしょうか。

やはり実物を観察しないと、特にシギチの識別は難しいですね。

boriさん、今晩は。

>エリマキシギが集団で来ていた時代もあったんですね

エリマキシギは集団と言うほどでもないですが、むしろ、単独の方が珍しいですね。2羽以上の複数がほとんどで~す。

>三沢、小川原湖付近でシギチの観察ポイント、差し支えなければ教えていただけませんでしょうか。

「六ヶ所湖沼群」には大分出かけていませんが(10年以上)私が三沢周辺でのシギチは海岸に出てみてました。一川目~六川目と南から北に向かって河口をのぞきながら北上してました。今は六所村は原燃の関係でにぎやかですが、尾鮫沼河口の尾鮫橋の上流、下流で私はシギチを見てました。岩手県では見れない「アカアシシギ」とかです。当たればシギチの数と種類は半端じゃないです。(10種以上の500±です)

休耕田は三沢空港周辺で見てました。(年によって違うので、探し出すしかありません)淡水系のエリマキを始め、「アメリカウズラシギ」なども見たことありま~す。

他県なので事情はよくわかりませんが、何度か出かけても「シギチ屋さん」にあった事はありませんでした。と言うことで、シギチでの出会いは「運」まかせでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 秋のシギチが気になって・・・「見前水田」に:

« 五十嵐敏明さんに捧ぐ | トップページ | 「エリマキシギ御一行さま」見前水田にご到着(2015年8月28日) »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ