最近のトラックバック

カテゴリー

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

ブナ林の中の野鳥 「ハチクマ」

今年は(2015年)は、ハチクマ観察がほとんど出来なかった。と言うか、ここ最近の環境の変化で、「ハチクマとの出会いの確率が低く」なっているので、つい時間があってもフィールドに出ない事ほ方が多かったで~す。

1665blog01

1665blog02

▲ 2007年6月8日 上ハチクマ♂ 下ハチクマ♀ 雫石町

「アカショウビン」と「アオバト」狙いで、ブラインドに入っていたのだが・・・、なんか「大型猛禽の気配が?」

「あっ!ハチクマだ!」と言うことで、息をころして様子をうかがってました。(急にレンズをふると、飛び立たれる可能性が大きいから)飛び立つ様子がないので、ゆっくり、ゆっくりレンズをふり、撮影しました。(飛び立たれなかった)

ほんとうは「アカショウビン」(前日アカショウビンの声と姿を見てたので)を撮りたかったが、めったに撮影出来ない「ハチクマ」だったので、大喜びでしたね~。

恥ずかしながら、「ハチクマ」、「アカショウビン」、「アオバト」の観察経験を述べますが・・・。(ブログに観察ポイント地図を貼りつけるのは簡単だが、出かけても見れない、撮影出来ないと苦情をもらうのも嫌なので、貼り付けません。体むき出し(ノーブラ)で撮影できる野鳥ではありません。警戒心はすこぶる高い野鳥です)

「ハチクマ」は飛翔している大型猛禽類を見たら、「尾羽に注意」です。♂は「ウミネコの尾羽みたいに、太い黒帯が直ぐ目に入ります。肉眼でも直ぐわかるので、道路とか林道を走行してて、上空を横切ったら、必ず付近に生息してます。

「アカショウビン」「アオバト」は、まずは特徴のある鳴き声(間違いようがない)を聞いたら、間違いなく付近に生息してます。ただ、繁殖場所を探しだすのは至難の業ですね。肉眼で野外で遭遇しても、写真のような綺麗な印象はないです。むしろ、あの綺麗な姿が「保護色」になってるんですよ~。(10M以内で見なければ、写真のような感じでは見れない)

アオバトの飛翔写真

「海のアオバトの飛翔写真」は、AF(オート)撮影すれば、誰でも簡単に撮影する事ができますが、「森のアオバトの飛翔写真」はマニアル撮影でなければピントが合わず、中々難儀します。まして、ブナ林となると、ブラインドの中からの撮影なので、「飛翔写真」は奇跡的ですね。(広角レンズで絞り込んで撮ればいいじゃん、と指摘されそうですが、米粒みたいで、ゴミだかアオバトだか判らなくなってしまいます)

1664blog04

▲ 2003年8月16日

海岸で撮るアオバトはAF撮影なので、簡単に撮る事ができます。

1664blog02

▲ 2015年9月16日

ブナの豊作年は4年に1回なので、20年で5回のチャンスしかありません。それも「茶色の実が判別」できるのは正味2か月で、来週には紅葉が始まり、何が何だか分からなくなります。

そして、もっと大変なのが、「山桜の満開は3日だが、ブナの紅葉は1日で終わる」ので、ベスト日に撮影できるのは10年に1回かな~。(個人的にはブナ紅葉は20年に1回だけ当たりました。)

1664blog01_4

▲ 2015年9月16日

やっと撮る事ができました。ブナの豊作年は4年に1回ですから・・・。

1664blog06

1664blog05_4

▲ 2015年9月16日

今がブナの実が一番わかりやすいですが・・・、あと1週間もすれば、まだらに紅葉が始まるので、アオバトもブナの実もみんな同じ模様になり、何が何だかわからなくなりますね。

「海のアオバト」に比べ、「森のアオバト」は人気がないですが・・・、「だってブナとアオバトにこだわって30年」。

しょうがないよね。

御所湖でトビを撮ってみました。

朝から久しぶりの気持ちいい青空に、「御所湖のキバナコスモス畑」に出かけてきました。野鳥の楽園だった御所湖も、ここ10年「園地の整備」が進み、昔の御所湖の野鳥を知ってるBWにとっては「冬の時代」になりましたね~。

「キバナコスモス畑」のあった「町場園地」には、立派なビジターセンターと駐車場(200台)が出来ました。「ヤマセミ、カワセミ、コチドリ、イカルチドリ、イソシギ、キジの繁殖場所」が喪失したことになりますね~。

1663blog01

▲ 2015年9月15日 「トビ」 御所湖(雫石町・町場園地)

キバナコスモスと岩手山だけでは物足りないので、「トビ」の出現を待ってました。BWの性(さが)と言うことでしょうか。笑ってしまいますね。

1663blog00

今日撮影した画像ではありませんが、一般の人たちの為に、「トビ」をはっときまます。トビと言うよりは、「とんび」と言った方がわかりやすいかも知れません。BWにまったく興味がない子供のころでも、「とんび」と「スズメ」と「ツバメ」は名前がわかってました。「カラス」が2種類あると知ったのは、BWをはじめてからです。(ハシブトガラスとハシボソガラス)

1663blog02_2

1663blog03_2

▲ 2015年9月15日 「御所湖のキバナコスモス畑」

ちょっと画角を変えて撮ってみました。

個人的な感覚ですが、「雲ひとつない青空」は嫌いなんです。そう言う意味で、今日は良かったで~す。欲を言えば、トビではなくミサゴなら、もっと御所湖らしいのに・・・。

初めて購入した「デジタル一眼の初撮りは海のアオバト」でした。

世の中の写真事情は「デジタルに移行するんじゃないか?」と2000年当時は思っていたが、中々踏みきれずにいた。思い切って「リバーサルフルムを卒業」し、2003年8月上旬に「デジタル一眼」を購入した。初めてフィールドに出て撮影したのが「海のアオバト」でした。

1661blog00

アオバトは私(カメラマン)を意識はするが、漁師さんの事は気にすることはありません。当然ブラインドに入って撮影してるのですが、(撮影距離は50M位)600ミリのレンズは、逃げる(飛び去る)ことはないが、かなり嫌われますね~。アオバトを追いかけまわす事がないので、撮影を許してくれるのだと理解してま~す。

1661blog06

1661blog07

1661blog09

1661blog10_2

1661blog11

1661blog14_4

1661blog15

1661blog16_2

▲ 2003年8月16日  「海のアオバト」

どうしても「青い海とアオバト」が撮りたかったので、ブラインドを出て、高い場所から、ノーブラで撮影しました。ただ、熱くて、熱くて、「熱中症」になるんじゃないかと・・・、がぶがぶスポーツ飲料を飲んでましたね~。

※ 撮影場所を書いてもいいですが、「照ヶ崎海岸(神奈川県大磯町)」のようになっては欲しくないので、(新聞社やコンテスト狙いの一般カメラマンが多数押しかけるのが予想できるので)あえて書きません。

この場所も「自力で探しだした撮影場所」です。

「海水吸引するアオバト」たち

いまでは「アオバト」と言えば「海水吸引」する野鳥と認識されて(毎年のように大手新聞社のカメラマンが照ケ崎海岸で撮影したアオバトを新聞に掲載してる)いるような気がします。ここ10年位前から新聞に写真が掲載されるのだから、野鳥に興味がない人たちも、「アオバト」と言う名前位は頭の片隅にあるのかもしれません。

そう言う私も野鳥にまったく興味がない40年前に、玉川温泉(秋田県)付近の山奥で「緑色の山鳩の大群200±」を毎日のように見てました。(玉川ダム建設の関連で、旅館がないので現地の宿舎に泊まって仕事してた)

1989年からBWを始めたが、40年前に見てた山鳩が「アオバト」だったと直ぐ理解できました。良く河原に降りて水を飲んでたアオバトを探すのは簡単でしたね~。

1660blog02

1660blog03

1660blog04_2

「海水吸引をするアオバト」です。

1660blog01

1660blog05_2

1660blog06_2

1660blog07_2

1660blog08

1660blog09_4

1660blog10

1660blog11_2

1660blog12_3

1660blog13_2

1660blog14_2

1660blog15_2

1660blog16_4

「海のアオバト」は海岸での観察・撮影になるわけで、時として観察・撮影にじゃまする樹や建物がないので、ストレスはありません。とてもすっきり見えるのがいいですね。

順光で見るアオバトは美しすぎます。

海・森のアオバト写真の軍配は・・・。

ブログのカウント数は気にしないのだが(いまだかつて「はげみになるので、ぽちっと拍手お願いします」と強要したことはありません)、シギチの写真の頃は一日に100人位だったが、海のアオバトは500人、森のアオバトは300人の方が、この無名ブログに遊びに来てくれた。

アオバト写真の軍配は「海のアオバト」になりました。今まで、一日200人超えは「鉄道写真」の頃だけだったので(鉄道写真って、自分の想像以上に人気があるんですよね)、急にアオバト写真の500人超えには超びっくりで~す。(自分では「森のアオバト」の方が支持があると思っていたんだけど・・・。)

もしかして・・・、毎日「海のアオバト写真」を貼り付ければ、アオバトのネット検索で100位以内にはいれるかな~?まあ、その為にブログやってるわけでないので、入っても、入らなくても、どうでもいい事で~す。

今まで「森のアオバト中心」にやってきたが、ここ1カ月位は「海のアオバト」の写真を貼り付けるましょうか・・・。でも気まぐれだからな~。(森のアオバトは1万カットは持ってる。海のアオバトは2000カット位かな?)

1659blog01

1659blog02

1659blog03

1659blog04

1659blog05_2

1659blog06_2

1659blog07_2

「海のアオバト」は、星の数ほどネット上にはあるのですが、ほとんどが神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸だと思います。でも私の「海のアオバト」写真は照ケ崎海岸ではありません。

まえにも書きましたが「海のアオバト」写真は、和田剛一プロが写真集で世に知らしめた(1991年)と思うので、私の「写真的価値はゼロ」だと思ってます。ただ、「アオバト撮影が楽しいと思って撮影」してる私のような「アオバト好き」には、写真的価値はどうでもいいよね。

寝ても覚めてもアオバトと・・・気持ちだけで~す。

久しぶりにネットで「アオバト」を検索してみたら・・・、私のブログ(アオバト関連)は100位にも入っていないと言うか、まったく無名な「アオバト」ブログです。なんか「日本で一番アオバトを撮影している男」と大きな事言っていますが・・・、笑ってしまいますよね。日本一無名なアオバト写真家で~す。大笑いしてくださいね。

私の頭の中には「東北の海、森のアオバト撮影地」が10ヶ所ほど入っているのですが、いつでかけても「一人で撮影」です。(ブラインドに入っているので、周りがよく見えてないのかも知れません)だからと言うわけなのか「BWと会話する」ことがないので、ブログの宣伝も、アオバト写真の宣伝もできません。

1658blog01

▲ 2015年9月8日 「アオバト♂の幼羽→第1回羽に以降中」か?

幼羽で、これほど鮮明にに雨覆いにブドウ色が出てる個体はを撮影出来たのは初めてです。なんか嬉しくなりました。ほんと「シギチ屋」ってどうしょうもないよね~。写真の出来より、個体の羽根模様に興奮するんだから。(笑)

1658blog02_2

▲ 2015年9月8日 「アオバト♂・♀」

今年は「ブナの実」の当たり年で~す。茶色の実が美味しそうで~す。

写真的にはどうってことないですが、「ブナの実の当たり年」なもんで、4年に1回しか撮影できないで~す。まるでオリンピックと同じです。

やっぱアオバトは森で見るもんです。海のアオバトは感激が半分です。(まったく個人的感情です)

1658blog04

たぶん、一般の人には、このようなアオバト写真が理解と言うか支持されるんでしょうね。「羽根模様」とか「雄、雌の個体」がどうとか、まったく興味ないですもんね。

9月は観察中心にアオバトを見ようっと。

見前水田のシギチも終わり、9月は双眼鏡片手に「アオバト観察」にシフトしま~す。600ミリを持ってブナ林の中を駆け巡る気力がないので、楽にアオバトを見れる「海のアオバト」観察にしましょうか。(海岸の駐車場に止めて見れるので、ほんと楽ちんです)

※ 海のアオバトでも私が本気撮りしてた頃は「救命胴衣」を装着し、簡易ブラインドに夜明け前から入り、ひたすらアオバトが現れるのを待って撮影してました。天気が良くても、9月は突然の高波が来ることも想定しての撮影なので、左目でアオバト、右目で遠くの白波を見ながらの撮影でした。そんな事をしてたので、今は「双眼鏡での観察」で十分で~す。

1657blog04

1657blog20_2

1657blog21

1657blog22

1657blog05_2

1657blog06

1657blog08_2

1657blog02_2

1657blog09_5

1657blog01_2

1657blog10_2

1657blog11_2

1657blog12

1657blog13_2

1657blog14_2

1657blog15_2

1657blog16_2

1657blog18_2

「荒波のアオバト」は、

和田剛一氏の「シング!シング!バーズ!」山海堂 1991年出版2400円の中にある構図なので、「もの真似はしたくない」といつも強く思ってます。と言うことで、危険を承知でブラインドに入り、望遠レンズで撮影してみました。(和田氏の写真は広角レンズか?)

私の「荒波のアオバト」は、二番煎じなので「写真的な価値はゼロ」ですね。

だから、「ブナ林のアオバト」に夢中になるわけで・・・。

自信を持って、「自分だけの世界(構図)」にどっぷりはまってま~す。

今日の見前水田は・・・(2015年9月7日)

今日の見前水田は、タシギとヒバリシギの2種だけでした。どうやらエリマキシギ、コアオアシシギ、アオアシシギは抜けたみたいですね。長いようで短い「10日間(秋のシギ)」でした~。

■ 2015年9月7日 見前水田(盛岡市) 曇   16:00~16:30 ■

1 ヒバリシギ   1羽

2 タシギ      2羽

1656blog01

1656blog02

今日は双眼鏡での観察だけにしたので、写真は過去に見前水田で撮影したタシギで~す。

「水張り休耕田」に補助金が出てた頃は、シギチのピークは2回ほどあったのですが、今は補助金がないので、大豆とか蕎麦を植えてるので、「水張り休耕田」は激減してますね。稲刈り前は田んぼの水を抜き、乾かさなければ農作業が出来ないですよね。(ぬかるんでると農業機械が入れないから)

今、「見前水田」「矢巾水田」があるのは、税金投入の補助整備をしているので、「30年は農地のまま使わなければならない(途中で住宅地などに変更する場合いは補助金を全額返還)」状態なので、シギチ好きとしては助かってます。「矢巾水田」は5年ほど前に、大きな補助整備をしてたので、後25年は確実に住宅地になりません。

今日の見前水田で・・・「声よし、姿よしのアオアシシギ」を撮る。

シギチ好きの私は、「チョーチョーチョー♪」と言うアオアシシギの鳴き声がたまらなく好きです。遠くからでも良く聞こえるので、「アオアシが入ってる」と容易に想像ができます。

今日も、最初は「声はすれども姿が見えず」状態でしたが、一瞬私の目の前に出てきてくれました。そう言う意味ではラッキーでしたね。

1653blog01

▲ 2015年9月5日 コアオアシシギ、アオアシシギ、エリマキシギ 見前水田(盛岡市)

1653blog02

1653blog03

1653blog04_2

1653blog05_2

1653blog06

1653blog07_2

▲ 2015年9月5日 アオアシシギ 見前水田(盛岡市)

ほんの一瞬だったが、近くまで寄って来てくれましたた。(撮影距離15M)

狭い休耕田に(幅5M、長さ30M)大きなアオアシシギが入るのは珍しいですよね。南側の一反(300坪)にアオアシシギが良く入ります。サギとかカルガモが沢山いるので、そちらの方が、安心感があるのでしょう。

■ 2015年9月5日 見前水田(盛岡市) 晴  10:30~11:30 ■

1 エリマキシギ    1羽

2 コアオシシギ    1羽

3 アオアシシギ    2羽

4 タシギ        3羽

今日の見前水田は「クサシギ祭り」(2015年9月4日)

普通種のクサシギですが、シギチの仲間では一番位に警戒心が強いんですよね。(盛岡近郊だけかも知れませんが)中々開けた場所に出てこず、いつも草むらに隠れている状態で、撮影は難儀します。

今日の見前水田には5羽のクサシギが入ってました。途中、ハヤブサが現れ、クサシギとタシギが四方八方に飛び去りました。(ハヤブサの狙いをはぐらかす知恵かも知れません)

1652blog01

▲ 2015年9月4日 クサシギ 見前水田(盛岡市)

奥の2羽と、手前のぼやけてるのもクサシギです。今日は、南側、北側の水田にわかれて入ってました。

1652blog02

▲ 2015年9月4日 クサシギ 見前水田(盛岡市)

北側の水田は警戒心が強く、中々近寄ってくれませんでした。ただ、観察しやすい開けた場所に出てくれたので満足です。

1652blog03

▲ 2015年9月4日 クサシギ 見前水田(盛岡市)

ピッ!と警戒音を発した後、直ぐ飛び立ちました。「どうしたんだろう」と思っていたら、原因は「ハヤブサの飛来」でした。

1652blog04_2

1652blog05_2

1652blog06_2

1652blog07_2

▲ 2015年 9月4日 クサシギ 見前水田(盛岡市)

南側の水田は、わりと近かったですね。撮影距離は20M位でしょうか。

1652blog08

1652blog09_2

2015年9月4日 クサシギ 見前水田(盛岡市)

こちらは撮影距離は15M位でしょうか。これ以上近くに来ることはなかったです。

■ 2015年9月4日 見前水田(盛岡市) 晴 11:30~13:00 ■

1 エリマキシギ     1羽

2 コアオアシシギ    1羽

3 アオアシシギ     3羽

4 クサシギ        5羽

5 タシギ         4羽

6 タカブシギ       2羽

7 ヒバリシギ       1羽

◎ ハヤブサ       1羽         

今日の見前水田は・・・(2015年9月3日)

今日から「観察中心」と言うことで、30分で切り上げた。写真も記録写真でいいので(とりあえず見た野鳥をデジタルデータで残したいので)ちゃっちゃと済ませ、後は双眼鏡でBWを堪能できまし~。

ここ1週間の見前水田では、Fさんとしか会話してません。面識の無いBWは15台位は、入れ替わり立ち替わり「見前水田」に来てましたが、最近の傾向で「つながらないBW」がはやりみたいですね。挨拶も会話もなく、「すっ~と来て、すっといなくなる」のが今時のBWなんでしょうか?

サギを撮影する車も3台くらいは来てましたね~。

1651blog00

▲ 2015年9月3日 チュウサギ  見前水田(盛岡市)

見前水田でシギチ以外の野鳥を撮影する事はほとんどないのですが、近くに寄ってきたので、識別用に(口角が眼のどこまできてるか確認する意味で)パチリと1枚撮影しました。ダイサギとチュウサギの識別に大いに助かりますね~。

■ 2015年9月3日 見前水田(盛岡市) 曇り 16:00~16:30 ■

1 エリマキシギ    1羽

2 コアオアシシギ   1羽

3 タカブシギ      2羽

4 ヒバリシギ      1羽

5 タシギ         2羽

※ 今日は朝から晴れだったので、予想通り、シギチが半分は抜けたみたいですね。いつも2羽だったエリマキシギもコアオアシシギも1羽だけでした。

1651blog01

▲ 2015年9月3日 エリマキシギ 見前水田(盛岡市)

1651blog02

▲ 2015年9月3日 コアオシシギ 見前水田(盛岡市)

1651blog03

▲ 2015年9月3日 タカブシギ 見前水田(盛岡市)

1651blog04

▲ 2015年9月3日 ヒバリシギ 見前水田(盛岡市)

1651blog05_3

▲ 2015年9月3日 タシギ 見前水田(盛岡市)

はっきりした事はわかりませんが、昨日(9月2日)がシギチのピークだったような気がしますね~。この後晴天が続けば、水田が干しあがり、シギチも立ち寄らなくなります。

「貴婦人コアオアシシギ」見前水田に出現(2015年9月1日)

シギチ好きにも、それ以外のBWにも、人気の通称「貴婦人ことコアオアオシシギ2羽」が「見前水田」に入りました。珍シギと言うわけではないが、ほんとコアオアシシギは、「美しすぎるシギ」の代表選手ですよね~。

個人的な観察記録ですが、見前水田でのコアオアシシギの記録は

1998年 9月 7日 1羽 ※(ライファーでした。凄く興奮した)

2004年 8月24日 2羽

2008年 8月27日 1羽

2009年 8月29日 1羽

2012年 8月25日 1羽

2013年 9月 3日 4羽 ※(紫波町・長岡水田)

1649blof00

▲ 2015年9月1日 コアオシシギ 見前水田(盛岡市)北側

■ 2015年9月1日 見前水田(盛岡市) 曇り 12:00~13:00 ■

1 エリマキシギ     2羽

2 コアオシシギ     2羽

3 タカブシギ       7羽

4 ヒバリシギ       2羽

5 トウネン        4羽

1649blog01

1649blog02_2

1649blog03_2

1649blog06_2

1649blog05_2

1649blog08_2

▲ 2015年9月1日 コアオアシシギ  見前水田(盛岡市)

9月1日は曇りで、水の色がでませんでした。過去のコアオアシシギの観察日も「晴天」がなく、いまいちぱっとした写真を持っておりません。と言うことで、今日(9月2日)は雨でしたが、別名「晴れ男」と良く言われてるので、自分を信じて出かけてきました。

■ 2015年9月2日 見前水田(盛岡市) 雨→曇→雨→晴れ(3分)→雨 9:30~15:30 ■

1 エリマキシギ     2羽

2 アオアシシギ    1羽

3 コアオアシシギ   2羽

4 タカブシギ      7羽

5 ヒバリシギ      2羽

6 トウネン        4羽

7 クサシギ       1羽

8 タシギ         1羽

1650blog01

1650blog02_2

1650blog03_3

1650blog04_3

1650blog05_2

1650blog06

▲ 2015年9月2日 コアオアシシギ 見前水田(盛岡市)

朝から雨だったので、「抜けることはないだろう」と、コアオシシギ一本にしぼって出かけて来た。(シギチでは晴天なら夜の内に抜けることがよくある)期待通りコアオシシギはいたのだが・・・、午前中は雨で、車の窓の開けれず、ただただ一瞬の「青空」待ちになりました。

たぶん、他のシギなら頑張る事もないのだが、なにせ「貴婦人コアオアシシギ」なもんで、どうしても「綺麗に撮ってやりたい」と・・・。もう「野鳥写真」は卒業と思っていたのですが、美しすぎるコアオアシなので頑張ってみました。(晴れる保証がないのに、3時間も待った)

野鳥写真は腕が落ちる一方なので、明日から「観察中心」に戻りま~す。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ