最近のトラックバック

カテゴリー

« 御所湖でトビを撮ってみました。 | トップページ | ブナ林の中の野鳥 「ハチクマ」 »

アオバトの飛翔写真

「海のアオバトの飛翔写真」は、AF(オート)撮影すれば、誰でも簡単に撮影する事ができますが、「森のアオバトの飛翔写真」はマニアル撮影でなければピントが合わず、中々難儀します。まして、ブナ林となると、ブラインドの中からの撮影なので、「飛翔写真」は奇跡的ですね。(広角レンズで絞り込んで撮ればいいじゃん、と指摘されそうですが、米粒みたいで、ゴミだかアオバトだか判らなくなってしまいます)

1664blog04

▲ 2003年8月16日

海岸で撮るアオバトはAF撮影なので、簡単に撮る事ができます。

1664blog02

▲ 2015年9月16日

ブナの豊作年は4年に1回なので、20年で5回のチャンスしかありません。それも「茶色の実が判別」できるのは正味2か月で、来週には紅葉が始まり、何が何だか分からなくなります。

そして、もっと大変なのが、「山桜の満開は3日だが、ブナの紅葉は1日で終わる」ので、ベスト日に撮影できるのは10年に1回かな~。(個人的にはブナ紅葉は20年に1回だけ当たりました。)

1664blog01_4

▲ 2015年9月16日

やっと撮る事ができました。ブナの豊作年は4年に1回ですから・・・。

1664blog06

1664blog05_4

▲ 2015年9月16日

今がブナの実が一番わかりやすいですが・・・、あと1週間もすれば、まだらに紅葉が始まるので、アオバトもブナの実もみんな同じ模様になり、何が何だかわからなくなりますね。

「海のアオバト」に比べ、「森のアオバト」は人気がないですが・・・、「だってブナとアオバトにこだわって30年」。

しょうがないよね。

« 御所湖でトビを撮ってみました。 | トップページ | ブナ林の中の野鳥 「ハチクマ」 »

【野鳥】 アオバト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオバトの飛翔写真:

« 御所湖でトビを撮ってみました。 | トップページ | ブナ林の中の野鳥 「ハチクマ」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ