最近のトラックバック

カテゴリー

« 白マル、黒マルを久しぶりに見た~! | トップページ | 盛岡de撮る「雪上のコクマルガラス」 »

ミヤマガラスと・・・白マル

今日も、通勤途中で200羽ほどのミヤマガラスに遭遇したので、15分ほど車を止め、双眼鏡で見る事にした。アバウトに200±とフィールドノートに記入してもいいのだが、今日はカンターを手に持ってカウントしてみました。数は192羽でした~。だいたいあってるもんですね~。

2035blog01

▲ 2016年2月5日 ミヤマガラス 大宮水田(盛岡市)

丁度光線のいい方向にいたミヤマガラスをパチリと1枚です。別な方向の群れには・・・

2035blog02

2035blog03_2

▲ 2016年2月5日 ミヤマガラスと・・・白マルです。 大宮水田(盛岡市)

3日前に、「大宮水田」から南に500mほどの「下飯岡水田」でコクマルガラスを観察しましたが、4羽のコクマルの群れ(ミヤマは300)と1羽のコクマル(ミヤマは200)の二つのミヤマガラスの群れだったので、その内の200の群れだと思います。

今シーズンは暖冬なので、もう少しずつ北に移動してるのでしょうか?

2035blog04

2035blog05_2

2035blog06_2

2035blog07_2

2035blog08_2

2035blog09_2

▲ 2016年2月5日 「ミヤマガラス」 大宮水田(盛岡市)

2000年以降、盛岡周辺ではミヤマガラスは普通に観察できますが、私のミヤマガラスを初めて見たのは「1996年5月6日の飛島(酒田市)の1羽」でした。当時は「冬の九州にツル観察のついでに見る、ミヤマガラスとカササギ」と言う感覚でしたね~。

雪上のミヤマガラスは九州では撮れないと思うので、「盛岡ならではのミヤマガラス」との思いで、今日は撮影してみました。毎年、ミヤマガラスは見てるのですが、写真を撮ったのは、ほんと久ぶりで~す。

« 白マル、黒マルを久しぶりに見た~! | トップページ | 盛岡de撮る「雪上のコクマルガラス」 »

【野鳥】 ミヤマガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマガラスと・・・白マル:

« 白マル、黒マルを久しぶりに見た~! | トップページ | 盛岡de撮る「雪上のコクマルガラス」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ