最近のトラックバック

カテゴリー

« 2016年の「養蜂場に飛来するハチクマ」は当り年かも??? | トップページ | 週末は・・・お決まりのハチクマ観察に。 »

山階鳥類研究所から、「標識鳥回収記録」の報告書が届きました

昨年(2015年)、5月17日に種市海岸に出かけた時に、「青フラッグ#131のキョウジョシギ」を観察したので、山階鳥類研究所に報告しました。1年たって、公式の「標識鳥回収記録」のデータが届きました。

2093blog01

「キョウジョシギ」のステッカーと共に、「標識回収記録」が入ってました。

放鳥 2014年5月17日 宮城県亘理町鳥の海

回収 2015年5月17日 岩手県洋野町種市海岸

放鳥者 〇谷  さん

回収者 四ッ家孝司

移動距離 274km  経過時間 1年0ヶ月 (365日)

※ 〇谷さんとは何度かフィールドで(蒲生海岸や石巻埋立地)お会いした事があります。ほんと、奇遇ですね。縁を感じましたね~。

丁度1年後ですから、ほんと不思議です。

2093blog02

2093blog03

2093blog04

2093blog05

▲ 2015年5月17日 キョウジョシギ(青131番) 種市海岸(洋野町)

この日は、午前中に「オオメダイチドリ」を観察(0泊2時間)し、午後3時過ぎからキュウジョシギが入りだし、ピーク(16:30)時は100±のキョウジョシギで、種市海岸が占領されました。

私はフィールドノートに羽数を記入するクセがついています。そんなもんで、端からはじまで双眼鏡で見る関係で、フラッグが付いてる個体は、直ぐ目に入りますね~。後は、行動パターンを読んで、先回りして座ってると、キョウジョシギが勝手に近寄って来てくれます。「大きく撮ろうと追いかけまわせば、集団で飛ばれて撮影も観察も出来なくなる」と思う。

« 2016年の「養蜂場に飛来するハチクマ」は当り年かも??? | トップページ | 週末は・・・お決まりのハチクマ観察に。 »

【野鳥】 キョウジョシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山階鳥類研究所から、「標識鳥回収記録」の報告書が届きました:

« 2016年の「養蜂場に飛来するハチクマ」は当り年かも??? | トップページ | 週末は・・・お決まりのハチクマ観察に。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ