最近のトラックバック

カテゴリー

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

台風10号が運んできた鳥は・・・たぶん「コシジロウミツバメ」

いつものように、朝と夕方に「見前水田」に立ち寄るのですが、2016年はシギチが不作で、今朝は「タカブシギ幼鳥1羽」だけだった。

夕方もタカブシギ1羽が忙しく動きまわっていたが、撮影する事もなく「家に帰ろう!」とエンジンをかけたが、なんか休耕田の泥の小山が気になって、双眼鏡で見てみた。ら・・・、泥の小山が動いたような気がして、じっくり見る事にした。

3001blog01

▲ 2016年8月31日 「見前水田の風景」(盛岡市)

50ミリで撮影したので、肉眼でみればこんな感じです。

休耕田の左はじに、「黒いゴミ」みたいに見えた泥の小山が動いたので・・・「あれ!野鳥?」(シギでもない、カルガモでもない事は肉眼でもわかりました)と思い、双眼鏡で見る事にしました。

3001blog02

▲ 2016年8月31日  見前水田(盛岡市)

まだ見た事がない野鳥だ!なんでウミツバメの仲間が内陸の休耕田にいるの?目の錯覚か~。

ジズで「コシジロウミツバメだよね~」。本当だろうか?

海鳥が内陸100キロの休耕田に???

きっと「岩手県初上陸した台風10号のしわざかな~???」

「それしか考えられね~。」

と言うことで「1種ライファーを増やすことができた~~~」

3001blog03

▲ 2016年8月31日 「コシジロウミツバメ」 見前水田(盛岡市)

内陸で見れるなんて、びっくらポンや~。

3001blog04

3001blog05_2

▲ 2016年8月31日 「コシジロウミツバメ」 見前水田(盛岡市)

海鳥は観察する機会がないので、もっとも不得意とするところですが・・・ジズで「コシジロウミツバメ」か「クロコシジロウミツバメ」が頭にうかんできました。

光線の関係もあると思いますが、真っ黒ではない褐色な羽模様と、翼上面の「淡褐色の班が見える」ので「コシジロウミツバメ」としました~。

いつも図鑑は持ち歩いてないが、「ウミツバメの仲間」→腰が白いから「コシジロかクロコシジロ」に違いない→真っ黒ではないから「コシジロウミツバメ」に違いないな~。となりました~。

内陸に住んでる私は「海鳥の識別」が一番苦手で~~す。ほんと、観察する機会が無いですもん。

2016年「見前水田」の口開けは・・・、例年通り「タカブシギ幼鳥」です。

リオ五輪も終わり、普通の生活時間に戻ったので(五輪中は20時睡眠3時起床の毎日)、「見前水田にシギチの按配」を見に出かけて来た。例年通り、第一陣は「タカブシギ幼鳥1羽」でした。これから、少しずつ数を増やし、20羽位にはなると思います。私の目当ては・・・「エリマキシギ」を見るまで、「見前水田通い」が続きま~~~す。

3003blog01
3003blog02
3003blog03
3003blog04
▲ 2016年8月22日 タカブシギ幼鳥 「見前水田」(盛岡市)
秋の内陸休耕田に入るシギチでは、もっとも普通に見れる代表選手です。
秋のシギチはエリマキもですが、幼羽が多いような気がします。
幼鳥だけで渡りをするのですから、「渡りの不思議」ですよね。

御所湖のカンムリカイツブリ幼鳥に「栗色の飾り羽」が・・・

「御所湖のカンムリカイツブリ」も、一時は成鳥、幼鳥あわせて30±いたのが、今は幼鳥1羽だけになりました。早く「観察終了宣言」をしたいのですが・・・、しぶとく1羽だけ残ってま~す。

繁殖初期の頃は「御所湖が全面結氷するまで滞在する」と推測してたのですが、7月中旬の幼鳥3羽の飛翔を見て、「御所湖は繁殖地で、越夏(えっか?)は別の場所(海岸か?)」ですると言うことがわかりました。
「御所湖のカンムリカイツブリ繁殖」の観察日数は約100日を越えているので、かなり克明に「生態」を知る事ができたのが収穫です。
特に面白かったのは、幼鳥が独立する前に「親が小魚を幼鳥の嘴の前に1分ほどみせびらかしてから、水面に浮かべてる。それを直ぐ幼鳥が食べれば「子離れ、親離れの儀式」が成功。その後は幼鳥は自立した行動をとりました。
3002blog001
3002blog002
3002blog003
3002blog004
3002blog005_4
▲ 2016年8月18日 カンムリカイツブリ幼鳥 御所湖(雫石町)
黒い冠羽(かんう)と頸(けい)の周囲にえりまき状に「栗色の飾り羽」が見えます。カンムリカイツブリの繁殖は青森県や琵琶湖では普通に繁殖してるので、「ゼブラ模様の雛」の写真は沢山ネット上に氾濫されてますが、バーダーの私は「飾り羽のある幼鳥」の方が、簡単には見れないと思うので、見れた時はうれしかったですね~。
御所湖のカンムリカイツブリの幼鳥は親から独立して行動、越夏(えっか?)は別な場所なのでするから、いつ見れなく(観察できない)なってもおかしくないですね。
もう直ぐ「内陸休耕田のシギチ」がはじまるので、いつまでも御所湖に滞在されては困るですよ~(笑)
3002blog04
3002blog05
▲ 2016年8月3日 カンムリカイツブリ親子 御所湖(雫石町)
8月3日の時点では「幼鳥に栗色の飾り羽」は見られなかったです。
撮影場所が同じなので、同一固体と推測されます。
3002blog03
▲ 2016年8月18日 カンムリカイツブリ幼鳥 御所湖(雫石町)
あと2ヶ月もすれば「飾り羽」がなくなり、冬羽になると思うので、「飾り羽のあるカンムリカイツブリの幼鳥」は今が(8月)が旬ですよ~。

「日本と北東アジアの野鳥」と言う写真図鑑が発刊されました。

アマゾン川で本を購入した覚えがないのに、今日、宅急便で「野鳥図鑑」が届いた。本の中に「この度は写真図鑑、日本と北東アジアの野鳥の発刊に際しまして、写真をご提供頂き誠にありがとうございます。遅くなりましたが、ようやく完成しましたのでお送りさせていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。」とのレターが入ってました。

3000blog01
3000blog02
▲ 「日本と北東アジアの野鳥/榛葉忠雄著(生態科学出版)4500円+税
2年前だったか、飛島で何度も会っている鳥友から「チャキンチョウの写真を探しています」「ヨツヤさんをご紹介しました」のメールをいただいていた。
そんな縁で「チャキンチョウの写真」を提供しました。(謝礼と発刊図鑑1冊)
掲載されている鳥(写真)は673種で、日本で見られる(離島を含む)野鳥はクリアな写真で全部載ってます。この一冊があれば、日本国内であれば、まず困る事はないと思います。4500円は少々お高いと感じるかも知れませんが、「お値段以上の野鳥図鑑」だと思いま~~~す。
3000blog03
3000blog04
▲ 1995年5月4日 「チャキンチョウ」 飛島(山形県酒田市)
当時はポジフィルムで撮影してました。
安いキャノンのスキャナー(2万円)でデジタル画像にしましたが、なんとかなるもんですね。
ポジフィルムの野鳥写真は1万カットはありますが(部屋の半分を占領されてます)デジタル画像にしてるのは200カットくらいです。すぐ飽きてしまうんですよね。
デジタル写真も・・・、RAW+JPEGで撮影してますが、RAW現像はしてないので(面倒くさい)いつもJPEGだけ利用してます。なんの為にRAWで撮ってるんだろうと・・・、綺麗に仕上がる事は理解してても、「あ~面倒くさい。ブログとHPの写真だからいいっか~」となってしまうんですよね。
これからは・・・「RAW現像」も頭に墨に入れておきま~~~す。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ