« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

久しぶりの休みに・・・アオバト写真整理

9月、10月、11月と本業の仕事が忙しく、BWをする暇も、ブログに書き込む気力もなく、一日家の中に閉じこもってた。フィールドに出なくても、未整理の野鳥写真(机の中に忘れてたMOデータやHDに入れっぱなしの写真データ)が沢山さんあるので時間を持て余す事はないで~す。

「自称アオバト屋」が撮った「アオバト写真」を見てやってくださ~い。

3011blog00

写真コンテストとか野鳥カレンダーに応募する気はないが、季節感を意識して撮影してみました~。この1枚を撮影するのに「25年の時間」が必要でした。だって花の咲くタイミングは3日間しかないし(開花して3日もたてば枯れてしまう)、必ずアオバトが枝に止まってくれる保障がないし・・・、(渡ってきて1週間位はペアで行動します)ペアでの行動に感謝ですね。

3011blog02

青空を意識して撮影しました。ただ雄のワインレッドの羽色が晴天では上手く出ません。森の中の暗い場所ならいいのですが・・・、そうすれば胸のレモン色が出ないし・・・、ほんと難しいで~す。

3011blog01

アオバトは猛禽類(ハヤブサ、オオタカ、ノスリ)にいつも狙われているので、カモフラージュできる場所で待っていれば、必ず止まってくれます。猛禽類の目から見ても、アオバトがいるのかどうかわからないのでは?森のアオバトでは、猛禽類がアオバトをキャッチした事を見たことがありません。アオバトにとって一番の天敵は「カラス」ですね。

春先にカラスをモビング(攻撃)するアオバトを何度か観察してます。(カラスはアオバトの卵か雛狙いです)私は、「カラスにアオバトの巣を見つけてもらう」と決めてま~す。

3011blog05

3011blog07

曇りの方がアオバトの色はでますね。

まだまだ「未整理のアオバト写真」があるが、もう飽きてきました~(笑)

海、森併せて10か所は撮影ポイントを持ってるので、(海のアオバトでも救命胴衣を装着してブラインドに入ります)困る事はありませんが、照ケ崎(神奈川県大磯町)のように「ノーブラ撮影(ブラインド無し)」はしません。いつもブラインドに入ります。カメラ圧をかけたくないもんで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »