最近のトラックバック

カテゴリー

« 雫石水田にシジュウカラガン20羽飛来 | トップページ | 2017年は「暖冬の御所湖でオシドリ撮影」 »

2017年1月1日の雫石水田のシジュウカラガンは・・・。

明けましておめでとうございます。

2017年最初の鳥見は・・・「雫石水田のシジュウカラガン」になりました。つい2日前までは「20羽のシジュウカラガン」でしたが、昨日から「1羽だけのシジュウカラガン」になったので、寂しいと言えば寂しいですね。

白鳥とは行動を別にしているので、「1羽のシジュウカラガンを探し出す」には少しばかり苦労しますは。

3015blog00

3015blog02

3015blog03a

3015blog04

3015blog05_2

▲ 2016年12月31日 シジュウカラガン 雫石駅南口水田

31日は午前中は「雫石駅南口水田」にも「雫石黒沢川水田」にもシジュウカラガンは見当たりませんでした。

14時30分過ぎに、御所湖から1羽のガンが飛んできたので双眼鏡で見たら、「シジュウカラガン」でした。たぶん、「群れからはぐれた個体」ではないでしょうか。

シジュウカラガンは群れの仲間意識が強く、なんらかの原因で飛び立っても(車とか野鳥カメラマン圧とか)必ず御所湖を周回して来て、同じ場所に着地します。私は「雫石水田のシジュカラガンの行動様式」を熟知しているので、離れた場所に車を止めて待ってれば、割と簡単に飛翔写真を撮ることができました~。

3015blog10

3015blog11

3015blog12

3015blog09

▲2016年12月30日 シジュウカラガン 雫石駅南口水田

30日の「ねぐら入り(17時過ぎ)」までは、確かに「20羽の群れのシジュウカラガン」でした。

3015blog06

3015blog07

3015blog08

▲2016年12月30日 シジュウカラガン20羽 雫石駅南口水田

3015blog01

▲ 2017年1月1日現在、シジュウカラガンは1羽だけです。

はぐれ個体なので「警戒心が10倍」強いです。

広角レンズで撮影しても、他のガンがいないので(マガンやヒシクイ)シジュウカラガンだけなのが嬉しいですね。「伊豆沼」や「八郎潟」ではこうはいきません。

« 雫石水田にシジュウカラガン20羽飛来 | トップページ | 2017年は「暖冬の御所湖でオシドリ撮影」 »

【野鳥】 シジュウカラガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年1月1日の雫石水田のシジュウカラガンは・・・。:

« 雫石水田にシジュウカラガン20羽飛来 | トップページ | 2017年は「暖冬の御所湖でオシドリ撮影」 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ