最近のトラックバック

カテゴリー

« 1年ぶりに再会した「変形嘴のクロガモ」 | トップページ | 春はまだか~。メジロを待ってるんだけどね。 »

【復刻】 クロガモ観察記

普通に観察できる海ガモと言えば、クロガモ、シノリガモですが(北三陸での観察で)、時にはびっくりするほどの大群に遭遇する時もあります。

クロガモ目当てで探鳥に出かける事はないが・・・、1999年1月に「クロガモの群れにアラナミキンクロ♂1羽が混ざってる」との野鳥情報に、喜び勇んで出かけたのですが、あまりにもクロガモの大群に、アラキンはあきらめるしかなかったですね~。

3066blog01

3066blog02

3066blog03

▲ 1999年1月16日 クロガモ(3000±)  百石海岸(八戸市)

クロガモの群れのなかに「アラナミキンクロ♂」がいるとのことだったが、外洋なので、プロミナ60倍(望遠鏡)で丹念に探しだしたのだが・・・「鳥酔い」してしまい、あきらめるしかありませんでしたね~。

2年前、シロハヤブサで有名な砂崎岬(北海道函館市近郊)で、アラナミキンクロをプロミナ60倍で観察していたので、ライファーでないので、粘りが続きませんでした~。

クロガモは良く鳴く海ガモなので、「ピュ~ピュ~♪」の大合唱に、鳥友(4人で出かけました)との話も聞こえずらくなるほどでした。この数(3000羽)のクロガモに出会う事はないだろうと当時思いましたが、その通りでした。今シーズン(2017年)は、100羽のクロガモが最大ですね。

« 1年ぶりに再会した「変形嘴のクロガモ」 | トップページ | 春はまだか~。メジロを待ってるんだけどね。 »

【野鳥】 クロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【復刻】 クロガモ観察記:

« 1年ぶりに再会した「変形嘴のクロガモ」 | トップページ | 春はまだか~。メジロを待ってるんだけどね。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ