« 八郎潟・船越水門でカンムリカイツブリの大群に出会う | トップページ | ムクドリとコムクドリの巣穴をめぐる攻防戦の軍配は・・・ »

【復刻】 水辺の貴婦人セイタカシを岩手で撮る

10年位前の話ですが・・・、セイタカシギはBWの間では「貴婦人セイタカシギ」とか呼ばれて、特別なシギでした。私も「フィルム撮影からデジタル写真」に移行した時期と重なり、フィルム代を気にしなくて、思う存分撮影できるようになったので、「一日1000枚」ほど撮影しました~。

「貴婦人セイタカシギ」の名前をリクペストして、下手な写真は撮れない(美しく綺麗に撮らなければセイタカシギに失礼の気持ちで)と、光線を気にしながら(写真は光のコントロール)撮影したのを昨日のように覚えてます。

今は腕が落ちる一方ですが、真面目に「野鳥写真」を撮ってた頃の「貴婦人セイタカシギ」の写真を貼り付けま~す。見てやって下さいませ。x¥

※写真をクリックすると、大きなサイズ720x480で見る事ができます。

3084blog01

3084blog02

3084blog03

3084blog04

3084blog05

3084blog06

3084blog07

3084blog08

3084blog09

3084blog10

3084blog11

3084blog12

3084blog13

3084blog14

3084blog15

3084blog16

3084blog17

3084blog18

3084blog19

3084blog20

3084blog21_3

3084blog22

3084blog23

3084blog24

3084blog25

3084blog26

3084blog27

3084blog28

3084blog29

3084blog30

▲ 2005年4月18日 セイタカシギ  村崎野水田(北上市)

水深10㎝の休耕田に入ってくれたので、「長いピンクの足」を撮る事ができました。当時も今も同じですが、600ミリと200ミリの望遠レンズで撮りました。

人間を怖がることなく、じっと一か所に座って撮影するのが私のスタイルなので、セイタカシギはどんどん近寄ってくれました。

「貴婦人セイタカシギ」の名前の通り、ほんと美しいですね。

|

« 八郎潟・船越水門でカンムリカイツブリの大群に出会う | トップページ | ムクドリとコムクドリの巣穴をめぐる攻防戦の軍配は・・・ »

【野鳥】 セイタカシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111744/65193548

この記事へのトラックバック一覧です: 【復刻】 水辺の貴婦人セイタカシを岩手で撮る:

« 八郎潟・船越水門でカンムリカイツブリの大群に出会う | トップページ | ムクドリとコムクドリの巣穴をめぐる攻防戦の軍配は・・・ »