« 大きくなった「御所湖のカンムリカイツブリ幼鳥」 | トップページ | 御所湖は50年に一度の大雨が・・・。 »

雫石川春木場橋上流に「カワウ駆除」の罠(トラップ)が・・・。

30年間(不定期ですが)観察を続けている雫石川(竜川)春木場橋上流に「カワウ駆除」のテグス罠(トラップ)が設置されてました。雫石漁業組合の告知版によれば平成29年5月20日~7月2日までとなっておりました。

看板には連絡先の電話番号が記載されてなかったので、「雫石町農林課」にメールを入れておきました。

1 過去10年間の雫石川でのカワウの観察羽数と駆除羽数の資料をいただきたい。

2 「カワウの駆除」をするということは、他の野鳥の観察データを検討してとの事だと思うので「野鳥目録」か「観察データ」の資料をいただきたい。

3 テグス罠では「カワウ以外の他の野鳥が落鳥することが考えられる。

4 カワウだけに絞って駆除するなら、鉄砲でなければ、他の野鳥を巻き添えにする。

5 カワウから魚場を守るのであれば、「釣り人」か「監視人のパトロール」で十分追い払いができる。

たぶん「雫石町農林」課では、岩手県農林課の「第12次鳥獣保護管理事業計画書(平成29~平成34年の5年間)を良く理解できていないのでは・・・。

【イ】 有害鳥獣捕獲の対象鳥獣以外の鳥獣の繁殖に支障がある期間は、出来る限り避けることにする。

【ロ】 捕獲区域の周辺住民等関係者への事前周知を徹底させるなど、適切に対応する。

※回覧板等での事前周知もなければ、ヤマセミ、カワセミ、コチドリ、カンムリカイツブリ、ミサゴ、ハヤブサが繁殖してるので、「カワウの駆除」は避けなければなりませんね。いずれの繁殖種は、岩手県レッドデータ2014年3月版の掲載種でもあります。

雫石川・春木場橋上流での「カワウのテグス罠の駆除」は問題ありです。

3113blog001_2

3113blog002_2

▲ 2017年6月29日  雫石川(竜川)・春木場橋上流のカワウ罠(トラップ)

テグスなので、少し離れれば何も無いかのように、「テグス糸」は見えません。これではカワウ以外の他の野鳥(ヤマセミ、カワセミ、ミサゴ、ハヤブサ)も罠の餌食になることが想定できますね。

カワウを駆除するのならば、カワウにだけ駆除する直接的な(鉄砲など)行動をとらなければなりませんよね。カワウを漁場からの追い出しだけに限定するのなら、「監視人のパトロール」が効果的でしょう。御所湖周辺では、毎日「雫石漁業組合の車」を見かけます。

3113blog01_2

▲ 2017年6月29日  カワウ7羽、ミサゴ2羽、アオサギ1羽  御所湖

10羽にもみたないカワウを駆除するなんて・・・、信じられません。

「雫石町農林課」も「雫石川漁業組合」もカワウ→魚を食べる→害鳥→駆除して当然の発想でしょうかね~。

3113blog02_2

▲ 2017年6月24日 カワウ13羽   御所湖(岩手県雫石町)

3113blog03_2

▲ 2017年4月24日 カワウ12羽   御所湖(岩手県雫石町)

3113blog04_2

3113blog05_2

3113blog06_2

3113blog07_2

3113blog08_2

3113blog09_2

▲ 2017年3月19日 カワウ1羽  御所湖(岩手県雫石町)

御所湖の雪解けとともにカワウが見れるようになります。

3113blog10_2

3113blog11_2

3113blog12_2

3113blog13_2

釣り人には憎たらしい野鳥ですが、BWはどんな鳥でも好きなんですね~。

カワウは上空を高く飛ぶので、雫石川のテグス罠では駆除できないじゃないかな?

それより他の野鳥が「テグス罠の餌食」になったら大変です。

テグス罠はプールみたいな孵化場でなければ効果なしじゃないかな。

3113blog14_2

3113blog15_2

▲ カンムリカイツブリも繁殖してます   

3113blog16_2

3113blog17_2

3113blog18_2

▲ ヤマセミも繁殖してます。

3113blog19_2

3113blog20_2

3113blog21_2

3113blog22

3113blog23

▲ カワセミも繁殖してます。

3113blog24

3113blog25

3113blog26

▲ コチドリも繁殖してます。

※個人的な感覚ではカワウが500羽ほどの大群ならば「駆除」もしかたがないが、過去10年で最大羽数が30羽なのだから「駆除の対象外」でもいいじゃないかな~と。

いずれ、他の野鳥も巻き込む「テグス罠」には賛成できませんね。反対で~~~す。

|

« 大きくなった「御所湖のカンムリカイツブリ幼鳥」 | トップページ | 御所湖は50年に一度の大雨が・・・。 »

【野鳥】 カワウ」カテゴリの記事

コメント

個人的記録ですが、昨年11月10日に御所湖で97羽のカワウを観察しています。やはりじわじわ増えている様子です。漁協が焦るのも分かります。
また、このテグス罠はカワウを駆除する為のものではなく、放流した稚魚を守るためのものだと思われます。カワウ専門家によると、テグス罠に触れたカワウは「見えないけど何かある、怖い」と感じ、しばらく近寄らなくなるそうです。
カワウは日の出前から日没後まで行動します。監視パトロールをするにしても相当な労力が必要になります。また、カワウは学習能力が高いためカカシなどは無意味ですし、パトロールが来ない時間なども覚えてしまうそうです。
カワウが増えた!銃で駆除しよう!という考えより、時期・場所(この時期、この場所だけは勘弁して欲しいポイント)を限定してテグス罠を張る方が、野鳥のことを考えた対策にも思えます。
私もBWとしてデクス罠には嫌悪感がありますが、雫石漁協や県の方々もカワウには非常に頭を悩ませているはずです。人と野鳥が共存するための1つの方法として、様子を見てみるのもアリかな、と思います。もちろん、毎日見回りをして、他の野鳥への被害が認められた場合は即刻中止すべきです。

投稿: | 2017年7月 2日 (日) 11時48分

○○さん、こんにちは。

>個人的記録ですが、昨年11月10日に御所湖で97羽のカワウを観察しています。

御所湖周辺で30番が繁殖し、平均2羽をかえしたとすれば30+60=90羽のカワウになります。また北で繁殖したカワウが越冬の為に南下途中に立ち寄ったかも知れません。

「カワウ駆除」をするなら、確かな観察データ(月別の)が必要だと思いますし、駆除した羽数もデータ公開されなければなりませんよね。

今回「カワウのテグス罠設置場所」は、水深30センチ、巨石ゴロゴロのカワウが餌を捕らない場所で、簡単に川を歩いて「テグス罠を設置できる」から、安易に考えての行動だと思います。

潜水して餌を捕るカワウを本気で駆除するなら、御所湖でなければなりません。でも・・・「岩手県初記録のカンムリカイツブリが繁殖」してますし、ボートやカヌー遊びもいるわけで、「テグス罠の設置」には無理があります。

地域住民に周知なく、野鳥の会にも相談なく「カワウの駆除」には無理があるわけで・・・。まして30年私が観察してる「フィールド」に罠を設置するなんて、ダメでしょう。(笑)

投稿: yotsuya | 2017年7月 4日 (火) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111744/65481706

この記事へのトラックバック一覧です: 雫石川春木場橋上流に「カワウ駆除」の罠(トラップ)が・・・。:

« 大きくなった「御所湖のカンムリカイツブリ幼鳥」 | トップページ | 御所湖は50年に一度の大雨が・・・。 »