最近のトラックバック

カテゴリー

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

雪に負けない「雫石水田のマガン20羽」

「雫石水田」でなければ、こんなにも「マガン」を撮る事もないのだが、いずれ根雪になれば、餌が採れなくなるので、南下(伊豆沼)するのをわかっているから、「雫石水田に滞在中」だけでも一生懸命撮る事にしてます。

そんなわけで、「伊豆沼」でもない、「八郎潟」でもない、マガンのいる雫石の風景を意識して撮影してみました~。

3158blog01

3158blog02

3158blog03

3158blog04_2

3158blog05

3158blog06

▲ 2017年11月26日 マガン   「雫石水田」(岩手県雫石町)

写真をクリックすると大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。新幹線の電柱に黄色い看板がついてますが、「雫石」と書いてあります。

ハクチョウと違いマガンは警戒心が強いので、中望遠(100-400ズーム)で撮ってみました。環境を入れて撮りたい時はありがたいですね。

遊びで「鉄道写真」も撮っていたので、秋田新幹線の運行ダイヤは頭に入っているので、「マガンと秋田新幹線こまち号」の撮影には困りません。日曜日は、「ハクチョウと新幹線狙いのカメラマン」が多数押しかけるので、マガンが飛び回るので、あわせて「マガンの飛翔」も撮る事ができました~。

3158blog07

3158blog08

3158blog09

3158blog10

3158blog11

▲ 2017年11月26日 マガン  「雫石水田」(岩手県雫石町)

600ミリの望遠レンズだと、環境が入らないので「他県で撮ったマガンと同じような構図」になってしまいますが、雫石は積雪地帯なので(盛岡は積雪0㎝で地肌が見える)「雪上のマガン」を撮る事ができます。11月下旬で、この積雪30㎝は初めてです。例年なら1月上旬ですか~。

大雪のなか、まだ「雫石水田にマガンが滞在中」

まだ11月なのに、今朝は20㎝の積雪には驚きました。こんな時は「マガン以外のガンを期待」して、雫石水田に・・・。

でも、「マガン20羽だけ」でした~。

3157blog01

3157blog02

3157blog03

3157blog04

3157blog05

3157blog06

▲ 2017年11月25日 マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

「雫石水田のマガン観察記録」の為、バックに秋田新幹線E6こまち号を入れて撮って見ました~。

水田が白一色になったので、ハクチョウはわかりずらいですが、逆にマガンはわかりやすくなりました。

今日は、あいにくの小雪交じりの天気だったので、イメージ通りには撮影できなかったので、早々に切り上げました~。今年は週末ごとに「悪天候」のような気がします。


雫石水田にマガン20羽

「八郎潟や伊豆沼」に出かければ、マガンは万の数を見れるので、写真を撮る事もしないのだが、「雫石水田にマガン20羽」となれば話は別で、マガンでも、つい撮影してしまいます。

過去10年観察記録では、「八郎潟から伊豆沼に横断するガンカモ・ハクチョウの渡りのルート」になっているので、ガン5種(マガン・ヒシクイ・シジュウカラガン・カリガネ・ハクガン)を見ています。丁度、悪天候の時に、休憩に「雫石水田に立ち寄る」のでぃようね。

数は20羽前後と少ないが、(2016年のシジュウカラガン20羽は、新聞に写真を載せた人がいて、毎日5台前後のカメラマンが追いかけまわしていた。)新聞に情報を提供しない限り、ハクチョウ屋さんは来ても、野鳥カメラマンは来ないので、ゆっくり撮影できます。

カリガネ8羽の時は(私が第一発見者です。新聞に情報は提供しませんでした)ブログにしか情報公開しなかったので、野鳥カメラマンは誰もこなかったですね。某ローカル紙がカリガネ8羽をマガン8羽と誤報してくれたお陰です。

3155blog01_2

▲ 2017年11月21日  マガンとハクチョウの雫石水田の風景

3155blog02

3155blog03

3155blog04

3155blog05

3155blog07

3155blog08

3155blog09_2

▲ 2017年11月21日  マガン20羽    雫石水田(岩手県雫石町)

マガン撮影は私だけ。他2台はあきらかに「ハクチョウ屋さん」で、マガンに気がつかずハクチョウばかり追いかけていた。が・・・マガンを飛ばされました~。

しょうがないので、別の撮影ポイントに車を移動して待っていたら・・・、予想通り、またマガンを飛ばしてくれました~。

マガンを撮影する様子も見られず、ハクチョウばかり狙っていたから、「マガンはカモにしか見えない」のでしょうね。マガンにはまったく興味なしと言うことでしょう。

3155blog10

3155blog11

3155blog12

3155blog13

3155blog14

▲ 2017年11月21日  マガン20羽    雫石水田(岩手県雫石町)

恥ずかしながら、マガンを撮影してみました~。

積雪時に「八郎潟や伊豆沼」に出かけないので、「雪上にマガン」は雫石水田で撮る事にしてま~す。

ガンを追いかけるカメラマンはいないので、いつもじっくり撮影することができます。

「ガンのいる雫石水田を独り占めできるなんて・・・、皆さんに悪いですね。だから、ブログにすばやく情報を公開してま~~す。

今日も「オオマシコ」を・・・、6日連続か~。

「オオマシコ」はわりと人気のある野鳥だと思うので、沢山の野鳥カメラマンが撮影していると思います。が・・・、私はいつも一人で撮影している関係で、カメラマンにもバードウオッチャーにも会うことがないので、「どれほどの人気種」なのかはわかりません。

最近は「何のために野鳥写真を撮ってるだろう?」と・・・。

写真展は開かないし(一度も開いた事がない)、コンテストには興味がないし、ブログに写真を公開するだけなら、ほんの数枚あれば足りてしまうんだよね。

3142blog01

3142blog02

20年前の写真ですが、デジスコではありません。

600ミリの望遠レンズしか持ってなかったので、オオマシコが近寄ってくてば「どうしても大きく撮るしかなかった」(今は必ず広角レンズを持参してる)失敗写真です。あとずさりして、撮ればいいのだけれど、「一度決めたら石のように動かない」撮影スタイルなので・・・。

オオマシコを追いかけまわして嫌われたら「二度と萩の実を食べに飛来しない」事が用意に想定できるので、「石のように動かない」が正解だと思ってます。

「大きい画像はインパクトがあるけど、3日も見れば飽きる」と思ってま~す。「風景の中のオオマシコ」の方が、断然好きで~~~す。

5日連続のオオマシコ画像・・・・

流石に五日連続の「オオマシコ画像」となると、飽きてきました~。タマ(過去に撮影した写真)はいくらでも持ってるのだが・・・・。銀塩(リバーサルフィルム)写真をスキャナーで取り込み、TIF画像からJPG画像に変換し、ブログ用に圧縮しなければならないので、「とても面倒くさい」ですよね~。 

先を考えれば、フィルムで300カット、デジタル撮影(2004年以降)で5000カット(フィルム代を気にしないでバンバン撮っていたから)はあるな~。面倒くさい、面倒くさい。

3145blog01

3145blog02

3145blog03

3145blog04

個人的には「B級写真」(オオマシコがいたから、何も構図を考えず、大きく撮影しただけ)なので、今までHPやブログに写真を公開してきませんでした。こんな同じような構図の写真が300カットもあります。銀塩(フィルム)なので、それなりにじっくり時間を使い撮影したつもりでしたが、「雪上にオオマシ」コは、どれも同じようになってしまいますね。

一日一枚の写真整理をすると思ったが・・・

「一日一枚の写真整理をする」と決めたのだが・・・、まだ2日目と言うのに「苦痛」になってきました。「三日坊主」と言う言葉もあるが、ほんとなさけないですね。

3136blog01

▲ 1995年1月7日 オオマシコ     雫石町

今だったら、「600ミリの望遠では撮らないよな~」と思いつつ、少しばかりの反省をしながら写真整理をしました。

たぶん・・・、今だったら100ミリ前後の画角で撮ると思うな~。

ではでは・・・・。

明日も、気力があれば「オオマシコの写真整理」しましょうか・・・。

冬は・・・「赤い鳥」が似合うよね

「アオバト観察」は30年弱続いているが、それと同じ位「赤いオオマシコ」も30年弱の時間がたちます。毎年、根雪になる前に5か所ほどのオオマシコポイントを巡回するのですが、外気温がマイナスにならないと中々見る事はできません。

まったく個人的な話になりますが、デジタルはRAWとJPGの同時撮影。リバーサルはTIFFとJPGの同時現像をしてますが、外付けハードデスクがなんぼあってもたりなくなるので(3GBを20個ほど持ってる。A保存10個(30GB)とB保存10個(30GB)に同時保存)写真整理をして、空き容量を増やす事にします。新しいハードデスクを購入すれば簡単なんだけど・・・・。

最近の「写真の腕の劣化」は「写真整理をしない(撮りっぱなし)」からだと思う。

今日からは「一日一枚」、写真を整理することにしま~す。

3115blog01

▲ 1995年1月7日  オオマシコ♂   雫石町

富士フィルム・プロビア(RDPⅡ)で撮影し、1万円のスキャナーでJPGに現像しました。

外気温が日中でもマイナス10度位の中での撮影になるので、一に防寒対策、二に防寒対策がオオマシコ撮影のポイントになりますね。

オオマシコは人間を見ても怖がらない(足音には敏感)ので、ゆっくり近寄り、座って待ってれば、オオマシコの方から寄ってきます。個人的な経験値では、冬の小鳥では、オオマシコが一番撮影しやすいですね。ベニマシコは警戒心が強く、オオマシコより10倍難しいかな。

オオマシコは小群で行動する(20羽前後)野鳥ですが、年によっては200羽ほどの大群で行動する群れに遭遇した事がありますね。

晩秋のアオバトと・・・、紅葉撮影を楽しむ毎日

晩秋は「一番アオバトが見やすい(落葉で枝がスカスカになる)」ので、毎日がアオバ観察をしているのだが・・・・、空振りの時もあるので、そうう言う時は「紅葉撮影」を楽しむ事にしてます。

少しは「風景写真」を勉強すればいいのだが、我流で適当に撮っているのでさっぱり上達しません。が・・・紅葉撮影も自分で撮影ポイントを探がすので、(観光パンフ以外)いつも一人、気のすむまで撮影する事ができま~す。

3131blog01

3131blog02

3131blog03

3131blog04

3131blog05

3131blog06

▲ 2017年10月 アオバト

3131blog11

3131blog12

3131blog13

3131blog14

3131blog21

3131blog22

3131blog23

3131blog31

3131blog32

3131blog33

3131blog34

3131blog35

▲ 雫石の紅葉          (雫石町)

観光パンフや「雫石役場の公式HP」にも載ってないので、他のカメラマンと会う事はありません。どこも自宅から20分ほどで行けるので、わざわざ紅葉撮影に「他の紅葉ポイント」に出かけたいとは思わないですね。

ものすごく山奥に住んでると思われるかも知れませんが、自宅から35分で盛岡駅に、雫石駅なら5分で行けるところに住んでますよ~。

※ 「アオバト」の写真を使わせて下さいとメールをいただく事がありますが、すべてお断りしてます。それと~、「繁殖場所は人に聞かない、教えない」が私のモットーで~す。ご理解下さいませ。

10月は・・・、滝とアオバトに夢中!!

好きなものは何日も食べても飽きないように、「紅葉の滝とアオバト」も飽きがきません。出来れば毎日でも出かけたいのですが(2017年の10月は17日間の出勤)そう言うわけにもいかないのですよね~。

最近は・・・写真撮影ではなく、「デジ一眼動画」での撮影中心で、ただただカメラを固定してバッテリーと記録カードがある限り「動画」を撮ってます。

3130blog00a

3130blog00b

▲ 2017年10月24日  つぼけの滝    (雫石町)

滝名板もないから「無名滝」ですが(地図にも載ってない)、10月に17回出かけても「山菜取り(きのこ)」と何人かと会いましたが、カメラマンとは会う事がなかったですね。林道の真下にあるので車内からも撮影できます。春は「アオバト」と「アカショウビン」が鳴いてくれるし(滝の音で動画に鳴き声が入らない)、「ヤマセミ」、「オシドリ」、「ヤマドリ」も見れるから一日いても飽きがきません。

3130blog03

3130blog04

3130blog05

3130blog06

3130blog07

3130blog08

3130blog09

3130blog10

3130blog11_2

3130blog12

▲ 2017年10月のアオバト

ブナ紅葉で見るアオバトが「本来のアオバト」だと思ってます。海水吸引のアオバトにはどうしても違和感が・・・・と、思ってるのは私だけでしょうか。

アオバトは30年間撮り続けているので、どれだけのカット数があるかも正直把握できていないが、「日本で一番アオバトを見てる(撮影している)男」と自負してま~~~す。(笑)

何でも直ぐ飽きるが、「アオバト」だけは飽きないので、私にとっては「魅力ある野鳥」ですね。

※ 「写真を使わせて下さい」とメールをもらう事がありますが、すべてお断りしてます。それと~「繁殖場所は人に聞かない。教えない」が私のモットーで~~す。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ