最近のトラックバック

カテゴリー

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

御所湖で繁殖するカンムリカイツブリの3番(つがい)6羽が飛来

御所湖の全面解氷が3月25日だったが(例年15日前後)、それを待っていたかのように「カンムリカイツブリ3番(つがい)6羽」が飛来してました。2016年5月に「カンムリカイツブリの岩手県繁殖初記録があり、昨年(2017年)も、立派にヒナを巣立ちさせたので、今年(2018年)も「繁殖成功」すれば、3年連続となりますね~。

先ずは静かに「巣立ちするのを待つスタンス」で観察を続けます。

野鳥の繁殖観察では「抱卵中」が一番神経を使わないと「失敗」するんじゃないかと・・・(失敗させた事がないのでわかりません)

最初の1年目を成功すれば、連続して「同じ場所で繁殖」してくれますね~。

私が最初の1年目で観察した野鳥の観察記録は・・・。(カンムリカイツブリ2年連続、今年も期待。ササゴイ9年連続。チョウゲンボウ4年連続。ミサゴ12年連続更新中、今年も繁殖しました。ハヤブサは昨年成功、来月(4月)観察に行ってきます)

※ 写真をクリックすると、大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3214blog01

3214blog02

3214blog03

3214blog04

3214blog05

3214blog06

3214blog07

3214blog08

3214blog09

3214blog10

3214blog11

▲ 2018年3月28日 カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

御所湖湖畔にまだ雪が残ってます。御所湖で撮影したカンムリカイツブリとわかるように、環境を入れて撮影してみました。2000年以降、晴天でも「綺麗な青空」はめったに見る事が出来なくなりました。

3214blog21

3214blog22

3214blog23

3214blog24

3214blog25

3214blog26

3214blog27

3214blog28

3214blog29

3214blog30

▲ 2018年3月28日 カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

2016年以降、御所湖では「カンムリカイツブリ繁殖」が連続して行われてます。

ゼブラ模様のヒナが誕生するまで、「カメラ圧(撮影は控える)」をかけないように、十分注意して観察を続けま~~~す。

※ 御所湖での撮影は「車内撮影を基本」にしてます。野鳥には一番優しい撮り方かと・・・。

  4月中は満水なので、(田植えが始まると水位が6mほど下がる)一番撮影がしやすいですが・・・ゼブラ模様のヒナは物理的に撮る事は出来ません。

雫石水田で黒丸ガラス(コクマルガラス暗色型)3羽

雫石水田でマガンの観察をしていたが・・・、ミヤマガラスの群れも入り、なんとなく双眼鏡で見てたら、「ハト大のカラスのシルエット」が・・・・。

もしかして「黒丸(クロマル)が混ざってるかも」と言うことで、真剣にミヤマガラスの群れを見る事にしました~。

予想が的中。

コクマルガラス暗色型3羽が混ざってましたね。

3213blog04

3213blog05

▲ 2018年3月21日  コクマルガラスとミヤマガラスとマガン  雫石水田

コクマルガラスは、盛岡市近郊、花巻市近郊での観察例はあるが「雫石水田」での観察は初めてです。

5年ほど前からミヤマガラスの小群(100羽)を、3月中旬過ぎから観察するようになったので、ミヤマガラスの渡りのルートが出来たのかも知れません。いつかは「コクマルガラス」も見れると思っていたのですが、「写真撮影出来たのでコクマルガラスを記録」として残す事ができま~す。

3213blog01

3213blog02

▲ 2018年3月21日  コクマルガラスとミヤマガラス  雫石水田

バックの山は「秋田駒ヶ岳」です。電線にミヤマガラスの小群とコクマルガラス(一番右)1羽が電線にパーチ(止まる)してます。

記録写真として、「環境を入れて撮影する」事にしてます。これで「雫石水田での撮影」だと言うことが一目瞭然です。

3213blog06

3213blog07

3213blog08

3213blog09

▲ 2018年3月21日 コクマルガラス暗色型  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石川沿いの樹木にパーチ(止まる)した所を撮影しました。シルエットですが、ミヤマガラスに比べ、大きさの違いで「コクマルガラス」と言うことが、直ぐわかりました~。

3213blog10

▲ 2018年3月21日  コクマルガラス暗色型  雫石水田(岩手県雫石町)

淡色型なら(白丸ガラス又はパンダガラス)よかったのですが・・・、シギチ屋としては暗色型を見つけ出す方が喜びが大きいかな。(注意してないと見過ごしてしまうから)シギチ観察をしている感じで~す。

3213blog11

3213blog12

3213blog13

3213blog14

▲ 2018年3月21日  コクマルガラス  雫石水田(岩手県雫石町)

こんなにカラスを撮る事はないのですが、コクマルガラスなので少しばかり真面目に撮影しました~。(笑)

矢巾水田にマガン50羽

今日は天気に誘われ、矢巾水田に出かけて来た。2日前の15日には、「マガン200羽」の群れが入っていたので、今日は矢巾水田を埋め尽くすマガンを期待したが、50羽ほどの群れだったので期待外れに終わってしまいました。

3210blog00a

3210blog00b

3210blog00c

▲ 2018年3月17日  コハクチョウとマガン  矢巾水田(岩手県矢巾町)

マガンは小さく、水田と同色なので、コハクチョウの白色だけが目立ちます。

ハクチョウだけなら飛ぶこともないのですが・・・、警戒心の強いマガンがいるので、車も入れない感じだったので撮影はあきらめました。

昔、この場所に「アネハヅルが飛来」した時に、農道に車で入り大変な目にあったトラウマがあります。脱輪してロードサービスを頼みました。(2011年7月10日)

3210blog01

3210blog02

3210blog03

3210blog04

▲ 2018年3月15日  マガン  矢巾水田(岩手県矢巾町)

マガン200羽が入りました。

この場所は「オグロシギ夏羽(4羽)」が入った水田です。(2007年5月8日)

私はシギチ屋なので・・・、あと1ヶ月もすれば、夏羽のシギチが渡ってきますね。待ちきれないな~。

八郎潟で見るオジロワシは・・・。

オジロワシと言えば、「魚ハンター」のイメージですが、八郎潟のオジロワシは、ガンカモも魚も狙う「二刀流のオジロワシ」でした。

タゲリとケリを撮影中に、ヒシクイとマガンが急に飛び立ったので、「何だろう?可笑しいな」と思ったら、オジロワシ2羽が水田に飛来してきました。(タゲリとケリも逃げ出しました)

※ 「写真」をクリック」すると、大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3211blog01_2

3211blog02_2

3211blog03_2

3211blog04_3

3211blog05_3

3211blog06_2

▲ 2018年3月13日 オジロワシ  八郎潟(秋田県大潟村)

「水田にオジロワシ」なので変な感じですが・・・・、八郎潟でなければ撮れない画像かな?と思ってます。4枚目の画像は、バックに「ヒシクイが逃げ出すところ」もしっかり入りました~。

シギチ屋の私としては、「タゲリと絡むオジロワシ」の方が嬉しいのですが~~~。

3211blog21_2

3211blog22_2

3211blog23_2

3211blog24_2

3211blog25_2

3211blog26_2

3211blog27_2

3211blog28_2

3211blog29_4

3211blog30_2

3211blog31_2

▲ 2018年3月13日 オジロワシ  八郎潟(秋田県大潟村)

水田に2羽のオジロワシが中々飛び立たないので(飛翔写真を撮りたかった)、仕方なく水路の方に回ったら、氷上に1羽のオジロワシが・・・。近くの釣り人には無反応なのですが、車内撮影してたのに、望遠レンズ(600ミリ)には、しっかり反応してくれました~。

※ 昔、望遠鏡とデジタルカメラをセットして撮影する道具を作り、八郎潟でテスト撮影した画像があるので、貼ってみます。

3211blog00a_2

3211blog00b_2

3211blog00c

3211blog00d

3211blog00e

▲ 2001年2月下旬  オジロワシ  八郎潟(秋田県大潟村)

ハンティングして所を見たわけではないのでわかりませんが・・・、オジロワシ幼鳥が自分でハンティングした獲物ではないような気がします。

昔御所湖で見た同じようなのを見たことがあります。

御所湖が凍るとキツネが氷上を歩き、ハクチョウを襲い食べるのですが、キツネは全部食べるわけでなく、途中でキツネが食べるのを止めるとオジロワシが現れ、次にトビが現れ、その次がハシブトガラスの群れが・・・。

そして最後にまたキツネが現れ、ハクチョウの嘴、骨、翼を丸ごと全部食べました。

氷上には何も残らなったですね。

タゲリを見れてハッピー!

3月13日は秋田市に用事があったので真直ぐ帰るのも芸がないので、午後から「八郎潟」に寄って来た。シギチの時は男鹿水道の南側から入るが、ガンの時は八郎潟町役場の東側から入ることにしている。いつも役場近くの水田に「万の数のガン」や「千の数のミヤマガラス」などが迎えてくれるので、「八郎潟は東北では一番の探鳥地(伊豆沼より好きです)」だと個人的に思ってます。

3209blog01

▲ 2018年3月13日 タゲリ   八郎潟(秋田県大潟村)

3209blog00

▲ 2018年3月13日 ケリ   八郎潟(秋田県大潟村)

盛岡近郊に住んでると中々タゲリを見る機会に恵まれません。(冬季は水田が根雪になるので)が・・・、久しぶりに「八郎潟でタゲリとケリ」を同時に見ることができました。

ケリは岩手でも繁殖しているので普通に見る事ができますが、タゲリは中々見る機会に恵まれません。見れただけでも嬉しくなりますね。

3209blog02

▲ 2004年10月29日  タゲリ第1回冬羽   伊豆沼(宮城県栗原市)

第1回冬羽なので綺麗ではないが、「写真を撮れただけで嬉しい」くなりました~。

3209blog04

3209blog05

3209blog07

3209blog08

▲ 2011年1月18日  タゲリ    蕪栗沼(宮城県栗原市)

晴天と雪に恵まれ(雪があった方が好きです)ラッキーでした。

タゲリは順光で見ると、とてもきれいですよね。

2018年、盛岡のササゴイ集団繁殖地は・・・大変な事になってました。

昨年(2017年)まで、9年連続「ササゴイの集団繁殖」を観察してきたが・・・、今年(2018年)は「集団繁殖地の崩壊」になりそうです。と言うのは、「宅地造成の工事」が行われており、付近の水路沿いの樹木は綺麗に「伐採」されてました。

数年前から、小規模な宅地造成(10棟)が行われており、いずれは「ササゴイの集団繁殖地」にも宅地造成が来るかとは思っていたのですが・・・、現実になってしまいましたね~。

ササゴイは行き場を失うでしょうが、野鳥ですから「しっかり別な場所に集団繁殖地」を築くでしょう。「キュー、キュウー♪」の鳴き声をたよりに、また見つけ出すしかないですね。

3208blog01a

3208blog01b

▲ 2018年3月12日  盛岡のササゴイ集団繁殖地  (岩手県盛岡市)

3208blog01c

3208blog01d

盛岡のササゴイ集団繁殖地です。

道路がないので、人は近寄れないし、脇には必ず水路があるので(なぜかササゴイは水路脇の樹木に巣を集団で作ります。)糞が大量に落下しても、水に流すためでしょうか。

3208blog00_2

3208blog02

3208blog03

3208blog04

3208blog05

3208blog06

Img_1709_720x480

ササゴイは鳴き声が独特なので、「キュウー、キュウー♪」と言う鳴き声が聞こえれば、近くに営巣場所があります。(警戒の鳴き声だと思われる)

直接巣には入らないので、ある程度の方向を確認し、「葉っぱについた白い糞の痕跡」を見つければしめたものです。

頭上に必ず巣があります。

※ カラスの古巣を使う事もありますが、ペアは一日で「簡単な巣」を直ぐ作ってしまいます。それと~、集団と言っても、1(ワン)ペアごとに、1週間から10日のずれで渡って来るので、40日位の時間差で繁殖しますね。

花巻水田でマガン100羽

例年に比べてガン・ハクチョウの北帰行が20日間位遅れている(御所湖は95%の結氷。雫石水田は50㎝の積雪)ので、花巻水田(花巻市。積雪0~5㎝)に出かけて「ガン・ハクチョウの案配」を見て来た。

ハクチョウ(オオハクとコハク)は1000+。ガンはマガン100+。それと~ミヤマガラス200羽の群れが花巻水田で休憩してましたね~。

※ 「写真」をクリックすると大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3207blog00a

3207blog00b

▲ 2018年3月10日  マガンとハクチョウ  花巻水田(岩手県花巻市)

花巻水田はガン類の重要な中継地で、毎年北帰行途中に「休憩の為にガン類の群れが滞在する」ので、「運がよければ珍ガンとの遭遇を期待」してるので、BWには外せないフィールドですね。

3207blog00c

3207blog01a

3207blog01b

3207blog01c

3207blog01d

3207blog01e

3207blog01f

3207blog02a_2

3207blog02b

3207blog02c

3207blog02d

3207blog02e

3207blog02f

3207blog02g

3207blog02h

3207blog02i

3207blog03a

3207blog03b

3207blog03c

3207blog03d

3207blog04a

3207blog05a

3207blog05b

3207blog05c

3207blog05d

3207blog06a

3207blog07a

3207blog07b

3207blog07c

3207blog08a

3207blog09

3207blog10b

3207blog11

3207blog12

3207blog13

3207blog14

3207blog15

▲ 2018年3月10日  マガン  花巻水田(岩手県花巻市)

「伊豆沼(宮城県)」や「八郎潟(秋田県)」に出かければ、万の数のマガンを見る事ができますが、盛岡近郊ではガン類が越冬できる場所もないので、渡りの時期に観察するしかありません。

普段だったら「マガンを撮影」する事もないのだが、田んぼに氷が張ってたので撮影する事にしました。(足が泥で汚れないので綺麗に撮影できるから)

雪も少しばかり残っていたので、雰囲気も申し分なかったですね~。

風景の中のコクガン撮影を楽しむ

最近は600ミリの望遠レンズは重いので、広角ズーム(24-105)で「風景の中のコクガン撮影」を楽しんでます。手持ちでもOKなので楽でいいですね。大きく撮るのはあまり好きでないので、小さく、小さく群れで撮るのが一番好きかな。

※ 写真をクリックすると、大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3206blog01a

3206blog01b

3206blog01c

3206blog02a

3206blog02b

3206blog03a

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

日の出前から時間にして30分位でしょうか。あっと言うまに明るくなります。

3206blog04a

3206blog04b

3206blog04c

3206blog04d

3206blog05a

3206blog04b_2

3206blog05c

3206blog05d

3206blog06a_2

3206blog06b

3206blog07a

3206blog07b

3206blog07c

3206blog08a

3206blog08b

3206blog08c

3206blog09a

3206blog09b

3206blog09c

3206blog09d

3206blog10a

3206blog10b

3206blog10c

3206blog11a

3206blog11b

3206blog11c

3206blog11d

3206blog11e

3206blog12a

3206blog12b

3206blog12c

3206blog13a

3206blog14a

3206blog14b

3206blog15a

3206blog15b

3206blog15c

3206blog16a

3206blog16b

3206blog17a

▲ 2018年2月下旬   コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

コクガンの群れを見ると・・・、ついパチリと撮りたくなりま~す。

沢山コクガンの写真を撮ってるはずなのに・・・、「群れているコクガン」を見るとつい撮影している自分が・・・、ほんと、あきれてしまいます。

毎年、毎年同じような写真を・・・・・自己嫌悪ですね。

3205blog01a

3205blog01b

3205blog01c

3205blog01d

▲ 2018年2月下旬  コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

3205blog02a

3205blog02b

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

3205blog03a

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

3205blog04a

3205blog04b

3205blog04c

3205blog04d_2

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

3205blog04a_2

3205blog04b_2

3205blog05a_2

3205blog05b

3205blog05c

3205blog05d

3205blog05e

▲ 2018「年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

たいした写真じゃない、俗に言う「B級コクガン写真」ですが・・・・。大きく撮る事より、小さく群れで撮るのが好きなもんで。「種市海岸のコクガンの群れの雰囲気」だけでも見ていただければ・・・。

B級写真ですみません。

飛んでるコクガンを見るのが一番楽しいで~~~す。

毎年、毎年飽きもせず「コクガン観察」に出かけているが(30年弱)、一番楽しいのは「飛翔しているコクガン撮影」ですね。やっぱ「野鳥は飛んでこそ野鳥」ですから・・・。

3204blog01a

3204blog01b

3204blog01c

3204blog01d

3204blog01e

▲ 2018年2月下旬  コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

サーファーが良く来る場所でしたが、2011年3月11日以降から、「一人のサーファー」も見る事がなくなりました。2010年12月に「高さ16Mの津波防潮堤の完成」で、海が見えなくなった(以前は車からこの景色が見れました)のが要因だと思います。

この津波防潮堤のお陰で「洋野町は311大震災で死者ゼロ」でした。

3204blog02a

3204blog02b

3204blog02c_2

▲ 2018年2月下旬   コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog03a

3204blog03b

3204blog03c

3204blog03d

3204blog03e

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog04a

3204blog04b

▲ 2018年2月下旬  コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog05a

3204blog05b

▲ 2018年2月下旬  コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog06a

3204blog06b

▲ 2018年2月下旬   コクガン   種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog07a

3204blog07b

3204blog07c

3204blog07d

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

3204blog08a

3204blog08b

▲ 2018年2月下旬  コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

今では「普通種コクガン」ですが、1990~1995年頃までは、「岩手県内ではコクガンは珍鳥ではないが見れれば嬉しい野鳥」でした。わざわざ陸奥湾(青森県)や南三陸(宮城県)に出かけて観察してましたね~。

そんな思いをして見たコクガンなので・・・、「普通種コクガン」ですが、なぜか今でも夢中になってコクガンを見てますは。

まんねりした感もあるが、ライフワークのコクガン観察に・・・。

冬季オリンピッも終わったので、やっと「まんねりした感もあるライフワークのコクガン観察」に出かけて来た。毎度の事だが、内陸に住んでると・・・、無性に「海のガンとか海ガモ」をどうしても見たくなる時があります。そんな時は、真夜中に車を走らせてしまってます。(携帯電話のお陰で、何処でも仕事ができます)

3202blog01

日の出15分位前になると、家族単位(5~10羽)で沖合から海岸に飛んできます。

3202blog02

日の出直前になると数も増えてくるので「コクガン見たい病」も治りますね。

3202blog03

3202blog04

3202blog05

▲ 2018年2月下旬   コクガン    種市海岸(岩手県洋野町)

今年は(2018年)は珍しく砂浜に雪が積もってました。

シギチ屋の私は「潮見表」をいつも意識してる(最近はネットで調べてる)ので、潮の案配を調べて、防潮堤まで海水が打ち寄せるる日に出かけるようにしてます(コクガンを近くで見れる。砂浜に入る事はしません。防潮堤の上から見てます。)

3202blog00b

▲ 2018年2月下旬   コクガン    種市海岸(岩手県洋野町)

大きな船をバックに撮れるのが「種市海岸」のいいとこですね。湾ではないので、大型のフェリーとか貨物船が行きかってます。

いつかは、海上自衛隊の「いずも」(ヘリコプター空母)とコクガンを撮りたいと・・・、密かに狙ってまます。

3202blog00a

▲ 2018年2月下旬  コクガンとマガモとワシカモメ  種市海岸

コクガンは小さいガンと言うことが一目でわかりますね。それと・・・ワシカモメが大型カモメと言うことも・・・。

珍しく「種市海岸の砂浜」に積雪がありました。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ