最近のトラックバック

カテゴリー

« 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! | トップページ | 雪上にノビタキ夏羽をパチリと一枚! »

鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。

「シギチ観察」にはまだ早いので、林道の雪解けをまって奥山に出かけて来た。狙いは特に無いが、大型猛禽類や赤い冬鳥を少しばかり期待してポケット(いろんな野鳥が集まる場所)に到着したが・・・。

3218blog001

▲ 2018年4月10日   たぶんツキノワグマの足跡   岩手県雫石町

この踏み後は30分前に通過した時はなかったのにあると言うことは・・・、「冬眠あけのクマが活動してる」と判断しました。そんなもんで「クマの通り道」を車内で待つ事にした。(昨年、夜明け前にアオバト観察のおり、林道を走行中二度クマと衝突しそうになった)

※ 私は「熊さんの庭に鳥を見にでかけている」ので、警察・役場には通報しません。山菜採りの人には600ミリを手に持ち、カメラマンと言う事をアピールして熊を見たと教えます。

3218blog002

3218blog003

3218blog004

▲ 2018年4月10日 ツキノワグマの足跡  岩手県雫石町

足跡の大きさがわかるように「CDケース」と「自分の手」を出して撮影して見ました。爪跡がはっきり、くっきりついています。30分以内での撮影だからだと思います。

来シーズンは「アニマルトレッキング」をはじめましょうかね~?

※ 「雫石マタギ」は藩政時代から熊の狩猟は単独行動でする。(熊の冬眠穴に出かけて仕留める。集団での狩りはしません。自分の子供にも冬眠穴は教えない掟をまもり、他のマタギの縄張りに入る時は事前に連絡する。会話はマタギ言葉なので、役人も家族にも熊情報は洩れない)


私は「鳥屋」だが、「雫石マタギ」のDNAがあるのかも知れません。

▼ 「写真」をクリックすると大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3218blog01

3218blog02

3218blog03

3218blog04

3218blog05

3218blog06

3218blog07

3218blog08

3218blog09

3218blog10

3218blog11

3218blog12

3218blog13

3218blog14

3218blog15

3218blog16

3218blog17

3218blog18

3218blog19

3218blog20

3218blog21

3218blog22

3218blog23

3218blog24

3218blog25

3218blog26

3218blog27

3218blog28_2

3218blog29

3218blog30

3218blog31

3218blog32

3218blog33

3218blog34

3218blog35

3218blog36

3218blog37

3218blog372

3218blog38

3218blog39

3218blog40

3218blog41

3218blog42

3218blog43

3218blog44

3218blog45

3218blog46

3218blog47

3218blog48

3218blog49

3218blog50

3218blog52

3218blog53

3218blog54

3218blog55

3218blog56

3218blog57

3218blog58

3218blog59

3218blog60

3218blog61

3218blog62

3218blog63

3218blog64

3218blog65

3218blog66

3218blog67

3218blog68

3218blog69

3218blog70

3218blog72

3218blog73

3218blog74

▲ 2018年4月10日 ツキノワグマ  岩手県雫石町

熊さんとの撮影距離は100M。時間にして20秒くらいですか。

雪上でも「熊さんの走り」は早いです。

最初、笹薮で黒い物が動いたので、双眼鏡で確かめたら「ツキノワグマ」でした。そこから、熊に警戒されないようにシャッターを切ったのですが、後ずさりして逃げ出しまた~。すぐに笹やぶにもどらなかったのでラッキーですね。

中々、「雪上にツキノワグマ」ってあるようで無いですから・・・。

« 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! | トップページ | 雪上にノビタキ夏羽をパチリと一枚! »

【動物】 ツキノワグマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! | トップページ | 雪上にノビタキ夏羽をパチリと一枚! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ