最近のトラックバック

カテゴリー

« 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 | トップページ | 何となく「オシドリ」を撮ってる自分が恥ずかしいな~。 »

雪上にノビタキ夏羽をパチリと一枚!

毎年の事だが、4月の声を聞くと「夏鳥の案配」が気になって「ポケット(いろんな種類が一度に見れる場所)」に出かけて来た。今年は夏鳥、冬鳥がおり混ざってどれを撮ろうか迷ったが・・・、今後二度と撮れないだろうと思われる「雪上にノビタキ夏羽」を主に撮影してきました。

出現鳥は「カシラダカ夏羽200±」、「マヒワ30±」、「ベニマシコ10+」「ホオジロ10羽」「カワラヒワ30+」と「ノビタキ夏羽10±」でした。(当然、オオタカ、ハイタカの飛来もありました)

※ 「写真」をクリックすると大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3219blog01

▲ 2018年4月10日 ノビタキ夏羽  岩手県雫石町

高原の牧場の雪が解け、大きな水溜まりができます。そこには小鳥や動物(クマやカモシカなど)やオシドリ期待できる「ポケット(蝶屋さんが良くつかう用語です。色んな蝶が狭い場所に沢山集まる場所)ですね。

3219blog00a

3219blog00b

▲ 2018年4月10日 ノビタキ夏羽  岩手県雫石町

バックの白いのは「雪」です。道路の雪は消えましたが、まだ20㎝の積雪がありました。山菜採りも釣り人も誰もいない「自分一人の空間」です。

3219blog01b

3219blog02

3219blog03

3219blog04

3219blog05

3219blog06

3219blog07

3219blog08

3219blog09

3219blog10

3219blog11

3219blog12

3219blog13

▲ 2018年4月10日 ノビタキ  岩手県雫石町

2018年は雪が多く、4月9日に自宅に10㎝の雪が降ったので(人生で4月に雪が降ることもあったが10㎝も積もる事は無かった)もしかして・・・・「ノビタキが飛来してれば撮れるかも」と思い出かけました。

雫石町に「野鳥ポケット」を10か所ほど持っているが、(ノビタキ撮影ポイントは2か所)毎年必ず4月中旬にノビタキの小群が滞在してくれます。

« 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 | トップページ | 何となく「オシドリ」を撮ってる自分が恥ずかしいな~。 »

【野鳥】 ノビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪上にノビタキ夏羽をパチリと一枚!:

« 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 | トップページ | 何となく「オシドリ」を撮ってる自分が恥ずかしいな~。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ