最近のトラックバック

カテゴリー

« 3月下旬、取り残された「シノリガモのペア」が・・・。 | トップページ | 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 »

雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね!

なんだかんだと忙しく、先月撮影してた「八郎潟のシジュウカラガン」の写真整理が出来たので、雰囲気的に合わないが(もう4月でガンはいない)写真を貼り付けます。

雁の探鳥地としては「伊豆沼・蕪栗沼」か「八郎潟」になるわけですが、(自宅からはどちらも同距離)個人的には「八郎潟」の方が「ガンの観察&撮影」はしやすいですね。特に写真派なら八郎潟でしょう。(ガンの情報が無くても、目当てのガンは99%の確率で撮影できます)

2018年3月13日は、仕事の合間での「通りすがりの観察・撮影(12:00~14:00)」だったので、天気を選べなかったので・・・・(下手な写真の言い訳)仕方がなかったですね。

※ 写真をクリックすると大きなサイズ720x480で見る事ができます。

3217blog0001

3217blog0004

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

家も電柱も無い、これが八郎潟の風景です。

シジュウカラガンは八郎潟に出かければ大きな群れ(1000羽)で行動してるので、他のガンと混ざってるのを避け、「シジュウカラガンだけの200羽前後の群れ」を探しだして撮影する事が普通にできます。

3217blog0005

3217blog0006

3217blog0008

3217blog0022

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

シジュウカラガンは他のガンとあまり混ざらないのがいいですね。すべてシジュウカラガンです。

3217blog01a

3217blog01b

3217blog01c

3217blog01d

3217blog01e

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

八郎潟にシジュウカラガンの群れ(2010年以降)が入りだした頃から、この水田では必ず群れを外した事がありません。50羽前後の群れはいつも見れます。

3217blog02a_2

3217blog02b_2

3217blog02c

3217blog02d

3217blog02e

3217blog02f

3217blog02g

3217blog02h

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

3217blog03a

3217blog03b

3217blog03c

3217blog03e

3217blog03f

3217blog04c

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

3217blog05a

3217blog05b

3217blog05c

3217blog05d

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

小さな群れをあちこちで見る事ができます。シジュウカラガンはガン5種では一番警戒心が薄いので撮影はしやすいですね。(10分もあれば十分です)

3217blog0701

3217blog0702

3217blog0703

3217blog0704

3217blog0704_2

3217blog0705_2

3217blog0706

3217blog0801

3217blog0802

3217blog0804

3217blog0901

3217blog0902

3217blog1001

3217blog1002

3217blog1003

3217blog1004

3217blog1005

3217blog1006

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

3217blog0601

3217blog0602

3217blog0603

3217blog0604

3217blog0605

3217blog0606

3217blog0607

3217blog0608

3217blog0609

3217blog0610

3217blog0611

3217blog0612

3217blog0613

3217blog0614

3217blog0615

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

30羽前後の群れが、あちこちから集まってきて、大きな群れを作ります。

3217blog1101

3217blog1102

3217blog1103

3217blog1105

3217blog1106

3217blog1107

3217blog1108

3217blog1109

3217blog1110

3217blog1111

3217blog1112

3217blog1113

3217blog1114

3217blog1115

3217blog1116

3217blog1117

3217blog1118

3217blog1119

3217blog1120

3217blog1121

3217blog1122

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

また集まってきました。

3217blog1301

3217blog1302

3217blog1303

3217blog1304

3217blog1305

3217blog1306

3217blog1307

3217blog1308

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

フレームを外れるほど近くを飛ぶシジュウカラガンを600ミリで撮る事ができました。

3217blog1401

3217blog1402

3217blog1403

3217blog1404

3217blog1405

3217blog1406

3217blog1407

3217blog1408

▲ 2018年3月13日 シジュウカラガン  八郎潟(秋田県大潟村)

飛び出すところを600ミリで撮影できました。

八郎潟に滞在時間は120分。その内、シジュウカラガンの撮影に60分ほど使いました。

短時間で「野鳥写真」を撮るなら、東北地方では八郎潟をお勧めします。100人のカメラマンがいても、広いので隣りあわせになる事はないですね。自由自在にどこでも「野鳥写真撮影」を楽しむ事ができます。

« 3月下旬、取り残された「シノリガモのペア」が・・・。 | トップページ | 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 »

【野鳥】 シジュウカラガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね!:

« 3月下旬、取り残された「シノリガモのペア」が・・・。 | トップページ | 鳥屋だが・・・、「雫石マタギ」のDNAがあるので「ツキノワグマ」を連射しました~。。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ