最近のトラックバック

カテゴリー

« アオサギの交尾を撮る事ができました~。 | トップページ | 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! »

3月下旬、取り残された「シノリガモのペア」が・・・。

今シーズン(2018年)1回もシノリガモの撮影をしていなかった事を思いだし、「たぶん、もういないじゃないかな~」と諦めの心境で、久慈市小袖海岸から種市海岸までの「シノリガモ探し」に出かけて来た。例年3月中旬までなら「シノリガモとの出会いは99、999%の確率」なのですが・・・、下旬となると大きな群れは見れなくなり、「運がよければ数羽のシノリガモ」に出会う事ができます。

※ 写真をクリックすると、大きなサイズ(720x480)で見る事ができます。

3216blog00

3216blog01

3216blog02

3216blog03

3216blog04

3216blog06

3216blog07

3216blog08

3216blog09

3216blog10

3216blog11

3216blog12

3216blog13

3216blog14

3216blog15

3216blog16

3216blog17

3216blog18

3216blog19

3216blog20

3216blog21

3216blog22

3216blog23

3216blog24

3216blog25

3216blog26

▲ 2018年3月下旬  種市・川尻海岸(岩手県洋野町)

冬シーズン(12月~3月)なら、北三陸(岩手県)の漁港に行けば99、99999%の確率でシノリガモを15M以内で見る・撮ることは簡単にできます。が、シノリガモに似合う環境は「荒海か岩礁」になるわけで・・・・。でも「311後の三陸の海岸」にはどうしても躊躇してしまうので、今は「津波防波堤の内側」から望遠レンズでの撮影しかできません。

広角レンズで環境を入れて撮りたいのはやまやまですが、精神的に「海岸に出る」事はできないですね。車には「救命胴衣」はあるが、それを装着して撮影する事はありません。

600ミリの望遠レンズだとどうしても「つまらない画像」になってしまいます。距離感があるので短いレンズ(広角レンズ)なら、シノリガモが米粒になるので、もっと「つまらない画像」になります。(あくまでも個人的な感想です)

« アオサギの交尾を撮る事ができました~。 | トップページ | 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! »

【野鳥】 シノリガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月下旬、取り残された「シノリガモのペア」が・・・。:

« アオサギの交尾を撮る事ができました~。 | トップページ | 雁(ガン)を見るなら「八郎潟」は最高だよね! »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ