最近のトラックバック

カテゴリー

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

アオバト大好き~!!

岩礁(海)のアオバトはさえぎる物が無いので360度の視界で撮影できるし、ブラインドも必要ありません。三脚の足を伸ばし、大砲(600ミリ)をセットして複数のカメラマン(10人でも20人でも)がいても「必ず撮影出来る」が・・・、ブナ林(森)のアオバトは、障害物だらけで、人間の姿を見せたらまず撮影出来ない(ブラインドが必需品)ので、夜間のブラインド入りが絶対条件(熊さんの出没におびえながら)なので、「アオバトの撮影は半端ないって!」と言えます。「アオバトの撮影には飽きがこない」で~す。

最近は「ブナの木肌(太いブナ)を意識しての撮影」が多いで~す。誰も撮ってないと思われる構図で撮りたいといつも思ってるが、「太いブナにアオバト」が好きですね。

3263blog0000a

3263blog0000b

▲ アオバト成鳥♀

細いブナの小枝にアオバトは、海岸で撮るアオバト撮影地の反対側には森林(樹木帯が必ずある)があるので、この構図のアオバトは沢山あると思う。

と言うことで「太いブナの前ボケ」で撮ってみました。

ブナの木肌は他の樹木と違うので、「直ぐブナとわかる」のがいいですね。

3263blog0001

3263blog0002

3263blog0003

3263blog0004

3263blog0005

3263blog0006

3263blog0007

3263blog0008

3263blog0009

▲ アオバト成鳥♂

木肌の美しい太いブナにアオバトの写真を撮りたくて、「20年通いつめて撮影出来たカット」です。

特にアオバトの下尾筒(かびとう)が好きなので、見えた時はシャッターを押しぱなしですね。

1枚の構図を撮るのに20年の時間をかけれるのが「ハイアマチアの特権」ですか。

3263blog01

3263blog02

3263blog03

3263blog04

3263blog05

3263blog06

3263blog07

3263blog08

3263blog09

3263blog10

3263blog11

3263blog12

▲ 2018年8月13日  アオバト成鳥♂     ※繁殖地・情報非公開

とにかく「太いブナの木肌が大好き」です。(ブナの木肌だけはブナと直ぐわかるから)

近くに「ダケカンバ」の巨木もあるが、垂直に太く、横枝は細いのであまり魅力は感じません。(ダケカンバの木肌も好きです)

ブナの太枝にアオバトのパーチ(止まる)は簡単に撮れるが、飛出しは「30年で初めての撮影」で~す。飛び出してくれてありがとう。ラッキーでした。

3263blog21

3263blog22

3263blog23

3263blog24

3263blog25

▲ 2018年8月15日 アオバト成鳥♂      ※繁殖地・情報非公開

「野鳥写真の不思議」で、30年で初めて撮った「飛出し撮影」が、一度撮ってしまうと「いとも簡単に撮れます」ね。ほんと不思議ですね。

(中々見れなっかった「ライファーの鳥」が、次から簡単に出会うのと同じですね)

3263blog31

3263blog32

3263blog33

3263blog34

3263blog35

3263blog36

3263blog37

3263blog38

3263blog39

3263blog40

3263blog41

3263blog42

3263blog43

3263blog44

3263blog45

3263blog46

3263blog47

3263blog49

3263blog51

▲ アオバト成鳥♀

ブラインド撮影しているので(気配を消している)アオバトが「羽ずくろい」をしてくれました。

アオバトは私のライフワークの鳥で~~す。

「日本で一番アオバトを撮ってる男」と自負してま~~~す。

井の中の蛙と言う声が・・・聞こえてきました~。

アオバトは森の中で番(つがい)で見たいよね。

毎年、8月中旬直ぎから、ペアでの行動が多くみられるようになるので「アオバトのペア撮影」がもって来いの季節になります。おそらく、「シーズン2回目の繁殖行動」に入るじゃないかなと・・・。

いずれにしても「アオバトは羽模様」で雌雄がわかるのがいいですね。

3262blog01_3

3262blog02

3262blog03

3262blog04

▲ 2018年8月15日  アオバト♂(右)と♀(左)  ※繁殖地・情報非公開

時間の経過とともに、濃い霧が晴れてきて「アオバトの綺麗な羽模様」が見えてきます。

ブナの独特な木肌と茶色の実(2018年は不作か)が、よりいっそうアオバトを引き立ててくれますね。30年も同じような「アオバトの風景」をみているが、まだ飽きる事はありません。(海のアオバトは3年位で飽きました)

が・・・。

アオバトをブラインドの中から見てるが、ブナ林の主(熊さん)が突然現れて・・・。(30年見てるが初めての事です。確実に熊さんは増えていると思う。個人的な感覚です)

3262blog11

3262blog12

3262blog14

▲ 2018年8月15日    ツキノワグマ        ※情報非公開

行政(役場)や警察には通報しません。

広葉樹林帯にツキノワグマが生息しているのは「あたりまえ」ですから・・・。

事故があっても、熊さんの生息域に出かけてアオバトをみている私の自己責任です。

アオバトの撮影中に・・・「主(熊さん)が出た~!」

いつものように深夜に家を出て、4時にはブラインド入りし、撮影準備をしてアオバトが現れるのを待っていた。

3261blog00

▲ 2018年8月15日 アオバト♂      ※繁殖地・情報非公開

午前5時、濃い霧がかかりアオバトが見えたり見えなかったりしていたが、なんとか1枚だけ撮影する事ができました。

仕方がないのでブラインドで1時間ほど休憩してしたが・・・ブラインドの後ろの方で「カサッ!」と音がしたので・・・。

確信はないのだが、「山菜採りも終了し、誰も山には入っていないはず????」

何となく嫌な気配を感じて・・・

3261blog01

3261blog02

▲ 2018年8月15日  午前6時過ぎ・・・。

山の斜面から「熊さんの顔が・・・」。(距離は10M弱)

「親子連れだったら大変だな」

「声を指せば、熊さんがびっくりして攻撃されるな」

「まてよ、ブラインドに入っているので、人間がいる事に気がつかないはずだ」

「スズメバチが嫌なので、ジュースとかコーラは持たず水だけだし。風呂で髪も洗ってないので匂いは無いはずだし・・・無臭状態。ブラインドに入ってればなんとかなるはず・・・」

が・・・最悪の事を考えてブラインドから出で静かに立ち去ろうか。しかし距離が近すぎるな。

※過去に30Mまでの距離で遭遇した事があるが、「背中を見せないで、熊さんの顔を見ながらゆっくり立ち去って、事なきを得たことがある。絶対走らない」

3261blog03

3261blog04

3261blog05

3261blog06

3261blog07

3261blog08

▲ 2018年8月15日  ツキノワグマ  ※  24-105ミリズームで撮影

至近距離(10M弱)だったのっで「想像以上の迫力だった」が・・・

カメラを持っていると「ほとんど冷静」

シャッターを押してると「撮影に夢中になってる」状態でした。

「写真マタギだった」と変に納得している自分がいました。

3261blog08

3261blog09

3261blog11

3261blog12

3261blog13

3261blog14

3261blog15

3261blog16

3261blog17

▲ 2018年8月15日  ツキノワグマ

行動からして、地中の餌を探しているみたいだった。

カメラのシャッター音にも反応せず、「餌探しに夢中」で逃げる気配は無かった。

3261blog20

3261blog21

3261blog22

3261blog23

3261blog24

3261blog25

3261blog26

▲ 2018年8月15日  ツキノワグマ

反転したが、やはり「樹木の堺めを移動」していました。

熊さんを至近距離(10M弱)で撮影する事は二度と無いと思いますが・・・「二度と会いたく無い」ですね。

50MはなれていればOKで~~す。

アオバト幼鳥♂に遭遇する

毎年の事だが・・・「8月はアオバトの幼鳥を見る」ことにしている。私が見ているアオバトの繁殖地は、一番早くて7月中旬頃で遅いのは10月中旬に見た(観察・写真有り)こともあるが、10月のは「2回目の繁殖個体じゃないか」と考えてます。

5年位前の話だが、ブナ林内で「小枝を敷き詰めた鳥の巣」をみつけて、「小躍りする位喜んだ」が、数時間後に巣に入ったのは「ハシブトガラス」で、「赤い口を開けたヒナ」を見て、がっかりしました。(ハシボソガラスの巣だった)g

その後、「アオバトがカラスをモビング(攻撃)するのを毎年のように観察してる」ので、今は「カラスにアオバトの営巣場所を見つけてもらいましょう」と考えを変えた。自分の足では、「熊さんも怖いし、不可能に近いし、遭難したら大変」なんです。

奥山でのハシボソガラスの繁殖は「アオバトのヒナを餌に・・・」もあるかなと・・・。

3260blog00

▲ 2018年8月13日   アオバト幼鳥♂     ※繁殖地・情報非公開

野鳥写真は、ほとんどが「開放で撮影(F4)」しているのだが、「F8まで絞り込んで」撮影してみました。

アオバト幼鳥は、嘴と羽模様から「巣立ち1ヵ月ほど」たってると思われます。まったくの個人的な話ですが、「30年アオバトを見てる」と言うことで・・・・。

井の中の蛙と言われそうですが、「日本で一番アオバトを撮ってる男」と自負してま~~す。(笑)

3260blog01

3260blog02

3260blog03

3260blog04

3260blog05

3260blog06

3260blog07

3260blog08

▲ 2018年8月13日 アオバト幼鳥♂

3260blog21

3260blog25

3260blog26

▲ 2018年8月13日   アオバト成鳥の♂と♀

個人的な好みですが・・・・

アオバトは大きく撮るより、小さく撮る事の方が好きです。

3250blog0001

3250blog0004

3250blog0006

3250blog07

▲ アオバト成鳥♂

アオバトを大きく撮ると、インパクトはありますが・・・「3日も見ると飽きる」のが私です。が・・・、現実は、「大きく撮るほど支持される」ですよね~。

だから、私の野鳥写真は支持されません。

「写真コンテストの応募」しないようにしてま~~~す。

無性にアオバトを撮りたいな

自宅の部屋で4日連続アオバトの鳴き声を聞いたら、「無性にアオバトを撮りたい衝動」にかられ、深夜2時に家を出た。(朝4時には夜が明けるので、3時30分前にはブラインド入りしなければならない)ブラインドに入る所をアオバトに見られれば警戒心をあたえ、撮影が困難になるのと「熊さんの行動時間帯」なのでとても神経を使います。イヌワシとかハチクマの撮影でも夜明け前に出かける事はないので、個人的には「アオバトの撮影」が一番大変ですね。

3258blog00_2

3258blog01_5


3258blog02_2

3258blog03

3258blog05

3258blog06

▲ 2018年8月3日    アオバト♂           ※繁殖地/非公開

アオバトの顔に枝の影が・・・・。

突然強風が吹き、影が取れた瞬間は思わず「ラッキー!」と声が出てしまいました。

大きく撮る事は自分の本位ではないが、ブナ林の隙間から撮るのでどうしようもないです。

※ 新しいブログも初めて見ました  

【岩手の野鳥と自然】 ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate2/

【雫石フォトマタギ・四ッ家孝司のギャラリー部屋】  ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate3/

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ