最近のトラックバック

カテゴリー

« 2018年9月 | トップページ

「雫石水田のカリガネ写真」を少しだけ・・・。

「カリガネ写真」をブログに貼り付けたら、予想外に「繰り返し見てくれる人」が多いのに気をよくし、自分で「お気に入りのカリガネ写真」をぺっこ(少し)だけ、出しおしみなく貼り付けま~~す。

伊豆沼に出かければカリガネは見れるけど、警戒心が強く、中々30M以内で観察できないのに不満でしたが、雫石水田では私一人なので、警戒心を解き、カリガネの方から近寄ってくれるので、「肉眼で金色のアイリングを見る」ことができました~。

3283blog25

記録写真として1枚もあればいいので、「でっかく撮ることは好きではない」で~す。

3290blog01

日没ちかくに「あか岩手山」を意識して撮ってみました。

雫石水田は伊豆沼と違って他のガンが居なかったので、「カリガネ9羽」と自信もって言えます。

3290blog02

白い岩手山は大好きで~す。水田に米粒大の黒いゴミが「カリガネ」です。

3290blog03

3290blog04_2

3290blog05

岩手山とか建物(住宅)があるので、「雫石水田」と言うことが一目瞭然ですね。

環境を入れて撮りたいので「100-400ズーム」で撮ってみました。600の開放だとバックがぼけるので、岩手山がわからなくなります。

3290blog06

3290blog07

3290blog08

600望遠開放だと、どうしてもバックがぼけてしまいます。

その代わり、画面を飛び出すような勢いの「飛翔写真」を撮ることができます。

3290blog11

うっすらと積もった雪が、カリガネを見えやすくしてくれます。こう言う写真が私は大好きで~す。

3290blog12

雪上にカリガネの群。雫石水田だから撮れました~。(伊豆沼はあまり雪が積もらないもんで)

3290blog13

撮影中、カリガネと目があいました~。

3290blog21

3290blog22

3290blog23

3290blog24

カリガネが群れ(9羽)で飛翔してくれるので、撮ってても気持ちがいいです。(1羽、2羽じゃつまらない)

3290blog31

3290blog32

雫石水田はいろんな環境があるので(新幹線も走ってます)撮ってて飽きることはないですね。

3290blog33

3290blog34

3290blog35

宮沢賢治が愛した「七ツ森」をバックに撮って見ました。

この大きさで撮ると、飛翔写真でも「カリガネ」と識別できま~す。

3290blog41

3290blog42

3290blog51

1羽を大きく撮るよりも、群れで小さく撮る方が私は好きです。

雁は(カリガネ)は「群れで撮ってこその雁」ですよね。

3290blog52

シャッタースピードを遅くして、「羽のブレブレ感」を意識して撮影してみました。

「顔にピントがきて羽はブレる」狙い通りの構図で撮影できました~。大満足です。

▲ 2007年11月23~28日  カリガネ9羽  雫石水田(岩手県雫石町)

**********************************************************************

昔は「真面目に野鳥写真」を撮ってたな~。

今は「野鳥写真」の腕が落ちてるのを自覚してま~~す。

11月25日の雫石水田は・・・岩手山に新雪が綺麗だった

家に閉じこもっては何も見れないので、「赤いのの案配(オオマシコ)」と「白いの・・・・(ハクガン)」目当てに小岩井農場・岩手山麓と雫石水田に出かけて来た。

当然の事だがオオマシコには早く(例年12月15日以降から)、雫石水田のガンは「マガン幼鳥2羽」だけでした。

3283blog01a

3283blog01b

3283blog01c

▲ 2018年11月25日  白鳥(コハク)とマガン幼鳥  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田の白鳥は餌つけされていないので、自然な状態で観察できます。

白鳥カメラマンは10名ほど来ていたが、御所湖と雫石駅裏の水田での撮影なので、私のお気に入りの「御所湖・黒沢川周辺」には誰も来ません。(カメラマンが多く入れば、白鳥やマガンはこちらに避難する) 

もうマガンは撮らないと決めていたが、あまりにも近くに寄ってくるので(15M以内に接近)コハクチョウとマガンを数カット撮りました~。

伊豆沼や八郎潟ではマガンを広角ズームで撮影は難しいもんで・・・。

3283blog02a

3283blog03a_2

3283blog04a

3283blog05a

▲ 2018年11月25日  マガン幼鳥   雫石水田(岩手県雫石町)

3283blog06a

▲ 2018年11月25日  白鳥(オオハク)とマガン幼鳥  雫石水田(岩手県雫石町)

伊豆沼や八郎潟でマガンを撮ってると笑われるかも知れませんが、「雫石水田」(岩手県)なので600ミリの望遠レンズで撮ってみました~。

3283blog21

▲ 2007年11月25日  カリガネ9羽   雫石水田(岩手県雫石町)

11年前の2007年11月25日は「カリガネ9羽」が滞在してくれました~。

3283blog22

3283blog23

3283blog24

3283blog25

3283blog26

3283blog27

▲ 2007年11月25日  カリガネ幼鳥と成鳥  雫石水田(岩手県雫石町)

当時、地元の「○○タイムス」に「雫石水田にマガン9羽」と写真付きでニュースが流れ、(私ではありません。私はカリガネ9羽を一人静かに撮影してました。新聞に情報を出す事はありません)翌日から追っかけ野鳥カメラマン沢山現れたお陰で「飛翔写真」を沢山撮ることができました。が・・・11月29日には雫石水田からカリガネ9羽は姿を消しました。

※カリガネ9羽をマガン9羽と誤認してくれたので(白鳥屋さんはマガンに見えたのでしょうね)大騒動にならなくて助かりました。

11月25日は新聞にはまだ情報は流れていなかったので、「一人静かに15M以内」で、じっくりカリガネ9羽を撮影できました~。確か、11月27日の朝刊だったと思う。

雫石水田の11月23日は・・・カリガネを飽きるほど撮影した記念日

日課になってる「雫石水田」を見てきたが・・・・ハクチョウ(オオハクとコハク)が300羽+とマガン2羽が滞在してました。

雫石水田は2000年以降ガン5種(マガン・ヒシクイ・シジュウカラガン・カリガネ・ハクガン)のどれかが、毎年のように根雪になる前まで(12月下旬)滞在してくれるのだが、なんと言っても見れて嬉しいのは「カリガネ」です。

最近の傾向として、伊豆沼か八郎潟に出かければ「昔珍ガンだったシジュウカラガンは1000羽の数だし、ハクガンは200羽の数で観察できる」ので、ありがたみが薄れてます。(空振り無に必ず見れる)

その点カリガネは・・・、捜し出す事に苦労するし、見れてもガン類の警戒心が強いので、まず撮影出来ません。(個人的な感想です)

11月23日は「雫石水田でカリガネを飽きるほど撮影した記念日」でした~。

3281blog01

3281blog02

3281blog03

3281blog04

3281blog05

3281blog05b

▲ 2007年11月23日  カリガネ    雫石水田(岩手県雫石町)

雪上のカリガネは・・・・、「唯一無二のカリガネ写真」になるだとうと思いながらシャッターを切ってました。まして30M以内の撮影距離なので、大満足でした~。

3281blog11

3281blog12

3281blog13

3281blog13b

3281blog14

3281blog15

3281blog16

3281blog17_2

▲ 2007年11月23日  カリガネ  雫石水田(岩手県雫石町)

飛翔写真も大満足できました~。

3281blog21

3281blog22

3281blog23

3281blog24

▲ 2007年11月23日  カリガネ   雫石水田(岩手県雫石町)

休日の雫石水田は「白鳥屋さん(カメラマン)」が10人ほど集まってハクチョウの飛翔写真を撮ってますが、雁(カリガネ)を追いかけているのは私一人なので、変人扱いされま~す。(笑)

唯一無二のカリガネ写真(雪上で撮る)になる事はわかっていたので、久ぶりに「本気撮り」しました~。

3281blog31

3281blog32

3281blog33

3281blog34

3281blog35

3281blog36

3281blog37

3281blog39

3281blog40

3281blog40b

3281blog51

3281blog52

3281blog53

3281blog54

3281blog55

3281blog60

▲ 200711月23日  カリガネ  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田の積雪は・・・午前中ですべて溶けてしまいました~。豪雪地帯と言っても、まだ11月下旬ですからね。

「雪上のカリガネ」は・・・撮れて嬉しかったな~。

今年(2018年)も記録として「ミヤマガラス」を撮影して見た。

今年(2018年)も、10月中旬から雫石・盛岡・花巻近郊でミヤマガラスを見て来たが(10月は毎日6時頃出勤してたので、夜明け後に御所湖ダムを通過して盛岡方向に飛ぶガンやミヤマガラスを何度も見てた)・・・。

沢山撮影しているミヤマガラスなのだが、「岩手」と言う看板倉庫の建物近くの電柱にパーチ(止まる)してたので、撮影地名を入れて撮るいい機会と思い、「ミヤマガラスだが撮影してみました」

当然「白マル、黒マル(コクマルガラス)を探した」が、混ざってなかったですね~。

3280blog01

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス   花巻水田(岩手県花巻市)

2000年以降(2000年前は、岩手県ではミヤマガラスは珍鳥あつかいでした)盛岡市~花巻市間の水田にミヤマガラスの群(100羽~2000羽)が毎年入るようになりました。いつも電線に群れでパーチ(止まる)しているので、直ぐ見つかりますね。

3280blog02

3280blog03

3280blog04

3280blog05

3280blog06

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス   花巻水田(岩手県花巻市)

「岩手県」で撮影しているのが一目瞭然ですね。

3280blog11

3280blog12

3280blog13

3280blog14

3280blog16

3280blog21

3280blog22

3280blog23_2

3280blog24

3280blog25

3280blog26

3280blog27

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス  花巻水田(岩手県花巻市)

カラスは真っ黒なので、キャッチライト(眼に光)を入れて撮らなければならないので、少しばかり苦労します。

それと・・・、一般人(散歩人)が来た時はレンズを仕まわなければなりませんん。「カラスを撮ってる変人あつかい」されるのが嫌なので・・・。

まず、カラスを撮影する人っていないですよね。

3280blog31

3280blog32

3280blog33

3280blog34

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス  花巻水田(岩手県花巻市)


直ぐ近くが「花巻空港」なので、飛行機の音に反応して、「まれに飛び立つ」事もあります。

今シーズン(2018年)は、白マル、黒マルが混ざってない限り、ミヤマガラスは撮影しません。

「変人あつかい」されたくないもんで・・・(笑)

2018年の「アオバトと紅葉」は・・・、最悪だった。

東北の秋は、「錦秋の森」と相場が決まっているのですが、2018年は過去10年では最悪の出来でした~。(あくまでも個人的な感覚です)

モミジも赤くなれない、ブナも黄色になれないで「茶色に枯れて落葉する」ので、写真的には最悪、アオバト観察は最高(葉っぱが枯れて、すごく見やすい)でした~。

3273blog09

3273blog10

3273blog10b

3273blog11

3273blog12

3273blog13

3273blog01_2

3273blog02

Img_0520_720x480

Img_0582_720x480

3273blog32

3273blog34

3273blog37

3273blog39

Img_0333_720x480

Img_0399_720x480

3273blog38

▲ 2018年10月下旬    アオバトと紅葉  

2018年は・・・熱い夏だったし、10月に入っても「ぜんぜん寒くならない」ので、広葉樹林の色付きは最悪でしたね~。岩手山にも雪が降らないし・・・(例年10月は山頂に2、3回の積雪がある)どうなってるのでしょうか。

雫石水田にマガン3羽

万の数が見れる、「伊豆沼(宮城県)」や「八郎潟(秋田県)」なら「3羽のマガン」に見向きもしないのだが・・・、「雫石水田(岩手県)」なので、記録写真として撮影して見ました。

盆過ぎから本業(仕事)が忙しく、思ったように鳥見ができなかったが、やっと落ち着いて来たので、なんとかブログを更新する気になりました~。

3277blog00

▲ 2018年11月10日  マガンとハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田のマガンはハクチョウと行動を共にしているので、農道からの車内撮影なら飛び立つことはありません。ハクチョウと同じ位の警戒心の薄さです。15M前後で撮影出来るので「伊豆沼」では撮れない「フレームからはみ出す大きさ」で撮影できます。

※ 車から降りて、白鳥に近寄るカメラマンも何人か見ましたが、警戒して飛び立ちました~。

3277blog01

3277blog02

3277blog03

3277blog04

3277blog05

3277blog06

3277blog09

▲ 2018年11月10日  マガン3羽  雫石水田(岩手県雫石町)

警戒心なく、普通に15M前後の距離で撮影できます。

ほとんどのカメラマンは「白鳥目当て」なので、「マガン撮影」は私一人で~す。

3277blog10

3277blog20

▲ 2018年10月28日   雫石水田の風景(岩手県雫石町)

「オオハクチョウ」と「コハクチョウ」と「マガン」が混じってます。

毎日のように午前6時頃出勤してましたが、雫石川から御所湖方向に飛ぶ20羽前後のガンの飛翔群を何度か見たので、(夜明け前後)秋田県八郎潟から雫石水田を通過して伊豆沼に向かうガンの小群でしょうね。

3277blog11

3277blog12

3277blog13

3277blog14

3277blog15

3277blog16

3277blog17

3277blog21

3277blog22

3277blog23

3277blog24

▲ 2018年10月28日  マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

たぶん・・・、マガンを撮影するなんて・・・、「雫石水田」だから撮影しました~。

3277blog30

3277blog31

3277blog32

3277blog33

3277blog34

3277blog35

▲ 2018年11月1日  マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

« 2018年9月 | トップページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ