最近のトラックバック

カテゴリー

« 矢巾水田にムナグロ15羽到着 | トップページ | 2年連続、同一場所でカワガラスが繁殖する。 »

16年ぶりに矢巾水田でチュウシャクシギ1羽観察する。

午後から「矢巾水田」をのぞいたら、チュウシャクシギ1羽とムナグロ100±が入っていた。チュウシャクシギは海岸に出かければシギチのシーズンなら普通に見る事ができるが・・・、直線距離で海岸から100キロ内陸に入った矢巾水田では、チュウシャクシギを中々見ることはできません。個人的な観察記録では、16年ぶりの「矢巾水田でチュウシャクシギ」になりました~。

▼ 「写真」をクリックすると、大きなサイズ(1000x776)で見る事ができます。

5079blog01

▲ 2019年5月7日 矢巾水田の風景  (岩手県矢巾町)

この1枚の田んぼの中に、チュウシャクシギ1羽とムナグロ100±が入ってます。

5079blog00

▲ 2003年5月19日 チュウシャクシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

16年前に矢巾水田で撮影したチュウシャクシギです。

シギチシーズンに海岸に出かければ普通に見れるチュウシャクシギですが、内陸中央部にある矢巾水田では中々観察できませんでした。(個人的な観察記録です)

5079blog11

5079blog12

5079blog13

5079blog16

▲ 2019年5月7日  チュウシャクシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

チュウシャクシギを撮影して喜んでいるなんて・・・、海岸部に住んでるBWには理解されないでしょうね。

矢巾水田では16年ぶりの再会なんです。ご理解くださいませ。

5079blog22

▲ 2019年5月7日 ムナグロ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

今日は100±羽が入ってました。

飽きもせず「矢巾水田のシギチ観察」を続けるのは、かすかな望みとして、「エリマキシギ夏羽との再会」ができると信じてるからで~~す。

 

« 矢巾水田にムナグロ15羽到着 | トップページ | 2年連続、同一場所でカワガラスが繁殖する。 »

【野鳥】 チュウシャクシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢巾水田にムナグロ15羽到着 | トップページ | 2年連続、同一場所でカワガラスが繁殖する。 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ