最近のトラックバック

カテゴリー

« 声はすれでも姿が見えず・・・、手強い相手にギブアップ! | トップページ | 御所湖のカンムリカイツブリ・・・、なんとDペアはヒナ5羽だった。 »

4年連続、カンムリカイツブリが御所湖で繁殖成功!

乗りかかった船ではないけれど・・・、御所湖のカンムリカイツブリの繁殖が気になっていたのですが・・・・。

2016年6月に御所湖(岩手県雫石町)で「岩手県初記録のカンムリカイツブリ繁殖成功」してから、今年(2019年)で「4年連続の繁殖成功」してくれました。今年は4月下旬に、4番(つがい)の縄張りを確認してましたが、3番(つがい)がヒナ連れで御所湖を泳いでいました。残りの1番(つがい)は、「繁殖場所をしっかりガード」してます。(1週間以内でヒナ連れで現れてくれるでしょう)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x667)サイズで見る事ができます。

5087blog01a

5087blog01b

5087blog01c

▲ 2019年6月10日AM カンムリカイツブリ Aペア   御所湖(岩手県雫石町)

ヒナが大きく、巣立ちして1週間は過ぎてると思われます。(ヒナの潜水時間でわかります。巣立ち直後のヒナは潜れないか、潜っても2秒位。1週間後には10秒は潜る事ができます)推定巣立ち日は6月3日か?。

5087blog02a

5087blog02b

5087blog02c

▲ 2019年6月10日AM カンムリカイツブリ  Bペア  御所湖(岩手県雫石町)

親の背中に乗りながらの移動なので、巣立ち直後かと思われます。まだ、潜水行動ができません。

5087blog03

5087blog04

5087blog05

5087blog06

5087blog07

5087blog08

▲ 2019年6月13日  カンムリカイツブリ  Cペア  御所湖(岩手県雫石町)

親がヒナだけにしている時間帯があったんで、巣立ち日は推定で6月1日頃でしょうか?

A,B、Cペアとも、「ヒナ分け」(ヒナが飛べるようになるまで、雄、雌でヒナを分けて育てる。ヒナわけした後では自分の子供でも追出し行動をする。ヒナ4羽の時は2対2。ヒナ3羽の時は2対1です)をしていないので、巣立ち後2週間以内である事は確かです。

巣立ち後2週間を過ぎれば「ヒナ分け」をして、潜水、餌取りなどをスパルタ教育します。

御所湖では「ヒナわけ」をすると、ヒナ連れのカンムリカイツブリが中央部に集まり、ぐじゃぐじゃとなるので、どのペアかわかりずらくなりますね~。ヒナの大きさでわかる時もありますが・・・。

« 声はすれでも姿が見えず・・・、手強い相手にギブアップ! | トップページ | 御所湖のカンムリカイツブリ・・・、なんとDペアはヒナ5羽だった。 »

【野鳥】 カンムリカイツブリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声はすれでも姿が見えず・・・、手強い相手にギブアップ! | トップページ | 御所湖のカンムリカイツブリ・・・、なんとDペアはヒナ5羽だった。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ