最近のトラックバック

カテゴリー

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

清田房子さん(97歳)に捧げる野鳥写真

野鳥の会の大先輩であり、初めての探鳥会で「声をかけてくれた」鳥友の清田房子さん(97歳)の訃報のメールがあり、今日は一日ブルーです。

私は子供の頃からの野鳥好きではなく、スズメとカラスしかわからない「超初心者」が、初めての公開探鳥会に参加した時に「探鳥の楽しさ」や「雫石の故・越前谷さんを紹介」してくれた恩人であり鳥友でした。親子ほどの年の差があるのに、「年齢、性別、職業、野鳥の知識に関係なく」対等のお付き合いしてくれました。こんな趣味の世界があるなんて衝撃でしたね~。私の性格として「熱しやすく冷めやすい」ので、どんな趣味でも「3年位で卒業」してきたのに「野鳥」だけはいまだに続いてます。(30年以上です)

最初から野鳥写真を撮ってたわけではなく、「観察中心のスケッチ派(フィールドノートに絵をかき、自分だけのフィールドマークを記入する)」だったので、公開探鳥会は「2年間一度も休む事なく参加」(積極的に遠征探鳥会にも参加)したが、それだけでは飽き足らす、越前谷さんや清田さんに声をかけて、東北4県の探鳥地(岩手・青森・秋田・宮城)を駆け回ってました。

何でも直ぐ熱中する私だったので、1年後には「10年も20年も鳥見をしてる人みたいです」とか「1年で150種超えしたの~」「図鑑の鳥500種全部覚えているよね~(365日フィールドに出かけて、図鑑を持ち歩かいな主義でスケッチしたのを家で図鑑と照らし合わせる事を毎日してた)」と、びっくりされるやら、「こんな鳥奇知外は初めてです」と言われましたね~。

清田さんからは、「男性は40代、50代になると責任ある立場での仕事に追われるから、若い時に思いっきり鳥見をしなさい。鳥を見たくても、仕事で見れなくなるから」とアドバイスをされたのを昨日のように思いだしました。

「1年に一度、5月の公開探鳥会はパンと牛乳が支給される」ので、2011年の年に「しばらくぶりで公開探鳥会」に参加し、探鳥会終了後に清田さんを「休耕田のシギチ観察」と「チョウゲンボウ観察」に誘いだしました。(90歳を超えているので、探鳥の誘いは控えてました)それが「清田房子さんとの最後の探鳥」なりましたね~。

合掌

 

※「写真」をクリックすると大きなサイズ1000x667ピクセルで見る事ができます。

5099blog01a

5099blog02a

5099blog03a

5099blog04a

▲ 2011年5月中旬  チョウゲンボウ  盛岡市

たてまえでは「営巣場所は人に聞かない、教えない」と言ってますが(どんなに親しい鳥友でも「営巣場所を一度も鳥友に聞いた事はありません)本音は「信頼できる鳥友はブラインドに誘う事もあります」。どんな事があっても「井戸を掘った人を大切にする」が私の人生訓なのです。清田さんは大先輩であり、「野鳥の会のイロハ」を教えてくれました。

5099blog01b

▲ 2006年12月下旬  オナガ   盛岡市

清田さんから、「昔は(1980年代)「オナガを見る為に、一関市まで出かけて見たものよ」と教えてもらった事を思いだしました。

2019年「盛岡・見前水田のソギチ事情」

今日は「エリマキシギ」を期待しながら、「見目水田(盛岡市)」に出かけて来た。例年ならシギチシーズンは朝・夕に毎日立ち寄る事が出来るのだが・・・・、今シーズン(2019年)は、諸事情があってようやく3回目のシギチ観察に・・・・。あまりにも出が悪いので、車中で昼寝をしていたら、鳥友のFさんに起こされました~。(笑)

一通り「シギチ情報交換」をしたら、「エリマキシギは9月1~3日に(2泊3日の滞在)に観察出来た」との事でした~。

1998年9月7日に見前水田で「エリマキシギ」を初めて見てからの観察記録として「21年連続のエリマキシギ飛来(見前水田)」と言う事になりますね。

2019年の見前水田(盛岡市)のシギチは

9月1~3日(Fさんの観察記録として)

1 エリマキシギ 1羽

2 クサシギ   1羽

3 タカブシギ  1羽

4 タシギ    1羽

9月3日夕かた(ヨツヤの観察記録)

・ タカブシギ  1羽

9月4日午前中(ヨツヤの観察記録)

5 ヒバリシギ  1羽

9月8日午前中(ヨツヤの観察記録)

・ タシギ    5羽

例年10~15種は期待できる「見前水田のシギチ」は・・・「たったの5種」か~~~。

5098blog01

5098blog02

5098blog03

▲ 2019年9月4日  ヒバリシギ   見前水田(盛岡市)

小型オバシギの仲間は「足が黄色」だと、「お~、少し真面目に見よう」と・・・・(オジロトウネン、ヒバリシギ、アメリカヒバリシギなど)

そして、ヒバリシギだと「背中のV字模様」にどうしても目が行ってしまいます(ヒバリシギははっきりしたV字模様。アメヒはもやもやしたV字がわからない)

知識としては「アメリカヒバリシギが出ても大丈夫」なんだけどな~。(足指の長さとかエサを取る時にも首を伸ばす伸ばさないの違いがある)

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ