最近のトラックバック

カテゴリー

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019-20は「大暖冬の予感」が・・・。

気象学者でもない私が「2019-20が大暖冬の予感」と言っても、説得力がありません。が・・・12月中旬に降った初雪10センチが「水分を一杯含んだ重い雪」だったのが「大暖冬の根拠」です。(例年12月の初雪から、サラサラの粉雪しか降りません。重い雪は3月下旬だけ)

過去に盛岡が「大暖冬になった年(1998-99)」を思いだします。

雫石には20センチの積雪があっても、盛岡は積雪ゼロで、初雪が1月下旬で、積もっても2日以内に全部消えました。500M×500Mの狭い範囲に(盛岡南公園球技場)「コミミズク20±が越冬」しました。(最終越冬個体は5月上旬まで飛び回ってました)

当時岩手県内のコミミズク越冬地は「花巻空港東側芝生と滑走路」で、今と違ってターミナルビルと管制塔は4号線の西側だったので、東側はとても静かで、車もこない場所だったので、「コミミズク(最大3羽)」や「ノスリ(5羽)」の採餌場所でした。空港なので、どんなに雪が降っても除雪がしっかりしているので、滑走路のへりは緑の芝生が冬でも見れました。

「1998-99の盛岡南公園のコミミズク」は、1月中旬に初めて見たのですが、雪国の盛岡で越冬するとは思わず(大暖冬になるとは思わなかった)ただの通過個体くらいに考えてました~。

5107blog01a

▲ 1999年1月17日  コミミズク  盛岡南球技場(サッカー場)/盛岡市永井地区

16日の夜に、鳥友のOさんから電話があった。1月15日まで、Oさんと函館市近くの「砂崎岬のシロハヤブサ」と「アラナミキンクロ♂」に遠征探鳥に出かけていたので、てっきりシロハヤブサの話かと思っていたが・・・。

Oさん 「今日仕事で盛岡南球技場に出かけたら、昼だったがコミミ1羽飛んでいた」

ヨツヤ 「花巻空港じゃなくて、盛岡南公園ね。会社から5分だから明日確かめてくるね」

※当時は「携帯電話」を持ってなかったので、「野鳥情報交換は夜8時過ぎが暗黙のルールになってました」

1月17日の昼休みに「盛岡南球技場」に出かけたら、私の目に飛び込んだきたコミミズクが5羽で、ビックラポン!でした。早速夜に

ヨツヤ 「今日、午後から夕方まで南公園にいたが、コミミの楽園でしたよ~。」「車も1台も入ってこないし、コミミ撮り放題だったよ」

    「第一発見者のOさん次第だけど、コミミ情報はどうしょうかね。Oさんが決めて」

Oさん 「ヨツヤさんにまかせるよ~」

ヨツヤ 「盛岡でコミミは見れないから(Oさんとは花巻空港は別だが、コミミ狙いで八戸市や蕪栗沼に遠征してました)探鳥会でコミミ情報ながしたら、皆さん喜ぶかもしれない。とりあえずFさんには電話しておきます(ヨツヤ・Oさん・Fさんの3人はシギチ仲間)

ヨツヤ 「土・日・祝日はOさんとオラで、平日はFさんとでフィールド管理すれば、全国からBWや写真家が来ても大丈夫だよね」「冬は一般の人は誰も来ないから、(サッカー場は閉鎖)100人来てもOKだよね」

5107blog01d

5107blog02a

5107blog02b

5107blog02c

5107blog02e

5107blog02f

5107blog02g

5107blog02j

▲ 1999年1月中旬  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

5107blog04f 5107blog04g

▲ 1999年2月21日  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

2月下旬なのに、雪がぜんぜんありません。

ペリットを吐き出しているところをパチリと1枚です。

※「盛岡南公園のコミミズク情報」がどのように流れてるか知るよしもありませんが、県外ナンバーや関東ナンバーの「コミミ狙いの車」をみかけるようになりました。祝日はBWや写真家が50人は来てましたね~。

5107blog04h

5107blog04i

5107blog04c

5107blog04j

5107blog04l

5107blog04m

▲ 1999年2月下旬  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

5107blog03a

5107blog03b

▲ 1999年3月下旬 コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

3月下旬になると、「コミミズクは飽きられたか?」誰も(BW&野鳥写真家)来なくなりました~。5107blog05a

▲ 岩手山を見ているコミミズクです。

5107blog05c

▲ バックの山は「高倉山(雫石スキー場)」です。

5107blog05b

5107blog05d

5107blog05

5107blog05f

▲ 「盛岡南公園のコミミズク」は日中10時~15時が一番飛び回って行動してました。

5107blog06a

5107blog06d

5107blog06f

5107blog06j

5107blog06k

▲ 「旬幕を閉じた」ところか?黄色い虹彩が・・・・

5107blog06m

5107blog06q

5107blog07a

▲ 盛岡南球技場(サッカー場)周辺を飛び回るコミミズクです。

サッカー場2面以外は荒地でした(野球場建設予定地だったが、工事は行われず。荒れ放題で野ネズミが大量発生したと思われる。トータルで20個体は越冬したと思われるが、「一度に10羽のコミミズク観察は毎日のように、普通の出来事」でした。もう3月下旬の「春のドカ雪なので、BWもカメラマンも誰も来ませんでした。朝から日没まで、私一人でした~。

5107blog06h

5107blog06i

5107blog07b

5107blog07c

▲ 1999年3月24日 コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

1月、2月とほとんど雪が積もらなかったのに・・・・、3月下旬の「春のドカ雪」にみまわれました~。

道路(アスファルト道路)が完備してたので、撮影は全部「車内撮影」です。

「ねぐら」の場所もわかっていたので、苦労する事なく撮影する事ができました~。

伊豆沼にアオガンが・・・・。

「伊豆沼にアオガン飛来」の話を聞いても、休日なのに即行動する気力がありません。年明け(2020年)は宮城県仙台泉区周辺での仕事が1か月ほど予定にあるので、時間が空けば伊豆沼周辺の田んぼを見てみようと・・・。たぶん空振りで終わってしまうのでしょうね。10万羽のマガンの中から「1羽アオガン」を見つけ出す眼力はありません。(ハクガンなら何とか見つけれるだろけど・・・)鳥運まかせですね。

5106blog03

5106blog04

「日本の野鳥650種 写真*真木広造」(平凡社)と「日本と北東アジアの野鳥 榛葉忠雄」(生態科学出版)の最新写真図鑑を見てみたが「アオガン」の記載はありません。もっとも新しい国内の写真図鑑に無いと言うことは、「第一発見者の論文発表(観察記録)」が待たれますね。

5106blog02a 5106blog02b

「WATERBIRDS OF ASIA英語版(日本野鳥の会)」

自分で30年位前に購入(2800円)した図鑑だが、ほとんど開くこともなかったが・・・、今回図鑑を開いてみたら、下手な字でメモを書いていた。何でだろうと考えてみたら、「ガン類でもっとも美しいガン」とメモ書きがあるので、「ヒメハジロ」(世界でもっとも美しいカモ)のつながりで図鑑を見たのだろう。何となく思いだしました。

メモ書きは・・・(英語がまったくダメだが、好きな野鳥の事になると、なんとか理解しようと頑張ります)

「赤い胸のガン」「全長61センチ」「西シベリア北部で繁殖し、冬は黒海、カスピ海、ペルシャ湾に越冬の為渡る」

5106blog01a

30年位前に購入した「WATERFOWL」と20年位前に購入した「BIRD」です。

5106blog01b

「WATERFOWL」は地球上(世界の)のガンカモ類すべてが記載されているので、図鑑の中なら「世界のガンカモはすべてイラスト(絵)で見ることができる」し英語が堪能なら内容も理解できるでしょう。私は無理なので、地図とイラストを楽しんでます。

5106blog01

「BIRD」はヨーロッパとシベリアの野鳥図鑑なので、「アオガン」は記載されてました。

イラスト(絵)が綺麗なのと、飛翔図鑑や行動風景(アオガンの群れ)など、図鑑を見てるだけで楽しくなります。海外の数ある図鑑のなかでは「一番開く機会が多い」で~す。」

「野鳥展 2019」に作品6点出品しました。

「日本野鳥の会もりおか 野鳥展 2019」に6点の作品を出品しました。30年も野鳥写真を撮影しているのに、一度も個展を開いた事がなく、「プリント印刷」を25年ぶりにしてみました。家のハードデスク内には「野鳥写真のカットが10万カット」はあると思うが・・・、あまりのもの数の多さに、写真整理が追い付かず、2017年、2018年、2019年に撮影した野鳥写真は6TBの外ずけハードデスク3個に入れぱなしにしてます。昔撮影した「ポジフィルム2万カット」もあるので、来年は「野鳥写真は休業し、写真整理に没頭」したいですね。

※ 写真をクリックすると、大きなサイズ(1000X666)で見る事ができます。

5105blog01

▲ 2000年1月15日 オオマシコ    撮影場所:岩手県

※富士フイルム RDPⅡ(ポジフィルム)をスキャンして、TIF画像→JPG画像に変換しました。

この頃はまだ「ポジフィルム」で撮影してました。

この写真は日本野鳥の会の「野鳥」に貸し出し、1カット4万円の謝礼をいだきました。(前年の野鳥の会カレンダー・プロアマオープン参加にコクガンが入選し、作者紹介でオオマシコを貸し出しました。野鳥の会カレンダーは翌年からアマチア限定になり、そしてデジタルデータが主流になったので、ポジフィルム専門の私は「野鳥の会カレンダー応募は卒業」しました。プロアマオープンのレベルの高い「野鳥の会カレンダー」だったので、最終バスに間にあいました~。翌年からのアマチア限定応募には魅力を感じませんでした~。

日本野鳥の会もりおかの「野鳥展 2019」では、撮影年月日、撮影場所を書いてない私の「オオマシコ」が、「最低の野鳥写真と酷評された」ので、あえて「オオマシコ写真」にいきさつを書いてみました。

5105blog02

▲ ハチクマ

「新緑のブナにハチクマ」を意識して撮影してみました。10年近くもハチクマの撮影はしてますが、ブナの小枝にパーチ(止まる)しているのはこの年だけで、「二度と撮れない1枚」になりました~。ブナの木肌はどんな野鳥でも絵になります。

5105blog03

▲ アオバト雄

ブナ樹林帯にはアオバトが似合いますね。アオバトのブルーの嘴は、晴天の順光では撮れない(つぶれて)ので、日影ができる小枝パーチ(止まる)してくれるのを30年かけて待ちました。「30年に一度のシャッターチャンス」で何とか撮る事ができました。個人的には年も年なので(30年間待てない)二度と撮ることはないでしょう。

5105blog04

▲ ノスリ

計算ずくで撮影できた1枚です。

最初、草むらに蛇を見つけ、「蛇を撮影しよう」と望遠レンズを構えていたら、「ノスリが急降下」してきて、蛇がとぐろを巻いてジャンプした瞬間をパチリと1枚(1秒間に10枚の連射)。運よく撮影できました~。たぶん二度と撮れない写真ですね。

5105blog5

▲ ヤマドリ雄

暗い林道なのですが、1カ所木漏れ日が当たる部分があり、赤く輝くヤマドリ雄に敬意をいだき、パチリと1枚撮影しました。通りなれた林道ですが、「写真は光線のコントロール」をいつも頭に入れてたことで、撮影する事ができました~。

5105blog06

▲ カンムリカイツブリの親子   御所湖(雫石町)

「岩手県初記録の繁殖成功のカンムリカイツブリ親子(御所湖・雫石町)」です。

カンムリカイツブリの繁殖は隣県(青森・秋田・宮城)での観察記録があるので、「いつかは岩手県内での繁殖成功記録」をと考えていたので、雛連れを見た時は興奮しました。

2016年の初記録から4年連続で「カンムリカイツブリが御所湖で繁殖成功」してます。

最初の1年目を繁殖成功すれば、野鳥はかなりの確率で「連続繁殖」してくれますね。

 

 

日本野鳥の会もりおか 40周年記念 講演&野鳥展

12月に入り、仕事をフル回転しながら毎日を過ごしていたが・・・、「日本野鳥の会もりおか 40周年記念」と言うことで、なんとか休みを取り「講演&野鳥展&懇親会」に参加してきた。会場では15年ぶりに「鳥友のOさん」と会い、楽しく会話出来たのが一番の収穫になりました。以前は毎週のように「あちこちに遠征探鳥」をしていたが、ご家族が出来たので「自由人の私」が遠慮して、一人で探鳥に出かけるようになりました。

5104blog01

▲ 2019年12月9日  岩手県教育会館(盛岡市)

5104blog03

▲ 2019年12月9日 「記念講演会」講師 安西 英明 氏(日本野鳥の会・本部)13:30~15:00

5104blog02

▲ 2019年12月4~9日 日本野鳥の会もりおか 野鳥展 2019

会員の皆様の野鳥写真100枚ほどの展示がありました。

「額装とプリント印刷は自己負担」と言うことだったので、額装も持ってないので遠慮してたのですが・・・・、「6枚の額装が野鳥の会もりおか」で無料で貸し出すと言う誘いに、「ノスリ」他を出品してみました。(結局、ノスリ、オオマシコ、ハチクマ、アオバト、ヤマドリ、カンムリカイツブリの6枚出品)

あとから野鳥展担当のT幹事から聞いた話では、来場者の何人かが「オオマシコ」「ハチクマ」「アオバト」の撮影場所が書いてないから、「最低の野鳥写真」。野鳥写真は撮影場所が書いて無いから価値が無いとのことだったらしい。

世の中には「多種多様の考えがある」ので、まあ仕方がないですね。「何処で撮ったの?」と聞く人はけっこういるのも事実です。「自分の情報は出すことなく、他人の情報は欲しい」と・・・。(笑)

私は自分の撮影ポイントはきっちり管理しているので、オオマシコであれ、ハチクマであれ、アオバトであれ、30年間いつも一人でゆっくりブラインドに入って撮影してます。

5104blog11

▲ 「日本野鳥の会もりおか」の40周年記念誌です(会員全員に配布)

内容は「会の40年の歩み」とか「岩手県産鳥類リスト」とかです。

私も「岩手県初記録のデータ」を持ってるので、ぺっこ(少し)だけ協力しました~。

※写真提供依頼もあったので5枚ほど提供しました。

5104blog12a 5104blog12b

▲ 2001年1月12日 アカハジロ  御所湖(雫石町) ※岩手県初記録

5104blog13a

5104blog13b

▲ 2005年12月4日 ソデグロヅル  御所湖(雫石町) ※岩手県初記録

5104blog14a

5104blog14b

▲ 2008年9月2日  オオハシシギ  見前水田(盛岡市)

※ まさか8月夏羽を見れるとは思わなかった。当地では「冬のシギ」です。

5104blog15a 5104blog15b

▲ 2007年1月12日  イヌワシ  北上高地(岩手県)

「野鳥の会もりおか」には猛禽屋さんが沢山いるのに、「何でシギチ屋の私がイヌワシ」と疑問に思ったが・・・、きっと諸事情があるんでしょうね。猛禽屋さんには笑われてしまうかも知れません。私は「頼まれたので、仕方なくイヌワシの写真」を提供しただけです。

5104blog16a

5104blog16b

▲ 2009年5月18日  アカアシチョウゲンボウ  東北農試・牧草地(盛岡市) ※岩手県初記録

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ